アンスティチュフランセの秋講座のご案内です

R0089497_201707151743205f5.jpg


フランスの基本的な品種を学びながらボジョレーヌーボ、ノエル等のイベントに沿ったワインをご紹介を致します。
五感でワインを感じながらお楽しみください。初心者の方もご参加いただける講座です。

火曜日 19時から20時30分

1・10月10日   フランスワインの基本品種 味わい表現の基礎知識
2・10月24日   フランスワインと世界のワインの比較
3・11月14日   自然派ワインの最新情報
4・11月28日   ボジョレーヌーボ解禁! ガメイとピノノワールの魅力
5・12月19日   ノエルのショコラとワインの相性

1回 5000円
5回 23500円

お申込みはアスティチュフランセ九州にお願いします。
092-712-0904

会場は、アンスティチュ・フランセ九州です。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ボリー村とラヴェンダー博物館

R0089530.jpg

<フランス滞在4日目>
village des bories。
石作りの昔ながらの家を見たくて、
ボリー村に行きました。

離合できるかできない程の細い道を進みます。

R0089508.jpg
 
7世紀から18世紀の石造りの家です。
石のみで作られて、中に入ると涼しいです。

20戸の修復されたボリーがあり、
ワインカーブや、家畜小屋もありました。

R0089515.jpg

入場料6ユーロです。

R0089538.jpg

そして、ラベンダー博物館へ。
ラベンダーとラヴァンジンの違いを知りました。

ラベンダー(lavande fine)は1の枝に1つのお花で
標高の高いところで栽培されます。精油用です。

ラヴァンジン(lavandin)はハイブリットで、
1本の枝に3つの花が付いています。
石鹸や生活雑貨に使われます。

最後に頂いた、オーガニックのラベンダーのお茶が美味しかったです。

R0089551.jpg

アヴィニヨンに戻り、
ひまわり畑や、

R0089573.jpg

アヴィニヨンの橋を眺めながら

R0089556.jpg

タプナードやピッツァ、アンチョビ、
シフォンに切った生ハム、アプリコットのプリン等を頂きました。

R0089585.jpg

ホテルに戻ると雨が降り始めました。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

セナンク修道院 ゴルド

R0089453.jpg

<フランス滞在4日目>
南仏で大好きな場所、ロマネスク建築のセナンク修道院。
1148年に設立されました。

R0089449.jpg

修道院では、ラヴェンダー栽培され精油として売られています。
ラヴェンダー精油とハチミツを購入しました。

R0089436_20170711010830e90.jpg

コルドの町から下る途中です。
この道は、夏になると一方通行になるので
ご注意ください。

R0089456.jpg

お昼ご飯は、コルドの町で頂きました。

R0089461.jpg

前菜に手作りのラヴィオリグラタン、
主菜はサンピエール(的鯛)を、
大渕さんは沢山の野菜とトマトのオイル漬けが贅沢に使われた生ハムサラダ、
山口さんは仔牛のカツレツ、
ゆきこさんは、大きなピッツァ・ロワイヤルを、
皆で楽しく頂きました。

R0089468.jpg

映画の舞台になった広場や、

R0089479.jpg

可愛らしい教会、

R0089484.jpg

美しい眺め、

R0089485.jpg

ロバの為の階段。

有名なハチミツ店で
ラヴェンダーのハチミツを購入しました。

ゆきこさんの説明で短時間で
沢山の事を知りました。

R0089497.jpg

テラスと呼ばれる、
ゴルドを一番美しく眺められるスポットです。
<天空の鷲の巣村>が浮かび上がっています。

次回はコルドに1泊したいです。


★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



ドメーヌペゴーを訪問

R0089432.jpg

<フランス滞在4日目>
9時にホテルを出発して、9時40分にドメーヌペゴーに到着しました。
運転は、友人のゆきこさんがしてくださいました。

R0089431.jpg

シャトーヌフデュパプの古典的な生産者で、
マダムは何度も日本にいらいてます。

トップ・キュヴェのダ・カポは、シャトーヌフデュパップと同じ作り方で、
良いキュベだけを選び、ダ・カポとしてリリースされます。
今までに、1998年,2000年,2003年,2007年、2010年が作られました。
現在、在庫は無いそうです。

R0089397.jpg

シャーヌフデゥパップの畑は
この大きな石に熱が蓄えられ、夜になっても畑の温度が下がりにくいのだそうです。

R0089414.jpg

アメリカ人、フランス人、中国人とインターナショナルな試飲会です。

R0089412_20170711003457bf9.jpg

1・ロゼ 2016
品種は、サンソーです。セニエの美しいサーモンピンクの厚みのあるロゼワインです。

2・シャトーヌフデゥパップ 白 2016
ライム、グレープフルーツ、洋梨、ハーブの香りでクリアで厚みのある味わいです。
クレレット60%、グルナッシュ・ブラン20%、ルーサンヌ10%、ブールブーラン10%

3・コートデュローヌ 2016
茎ごと仕込んでいます。果実味豊かな味わいです。
グルナッシュ60% シラー、ムールベードル、サンソー

4・コートデュローヌ ヴィラージュ 2016
スパイシーさが加わり、余韻に乾いたタンニンが残ります。

5・ヴァンドフランス 2014
メルロが入るため、ヴァンドフラスでのリリースです。
果実味が出て飲みやすいワインです。

6・シャトーヌフデュパップ  2014
ブラックチェリー、カシスリキュール、シナモンの香りを感じます。

7・シャトーヌフデュパップ 2013
少し熟成感がでています。

8・シャトーヌフデュパップ キュベローランス 2012
エレガントな味わいでした。

9・シャトーヌフデュパプ・キュヴェ・ダ・カポ 2010
3日前の息子さんのお誕生日に開けたそうで、特別にと出してくださいました。
ブラックチェリー、スミレ、スパイス香りがあり
エレガントでリッチな味わいです。
憧れのワインを
マダムと一緒に頂く事ができ、なんて幸せなのでしょう!
ダ・カポの裏ラベルには、楽譜がございます。
この音色はネットで聞く事ができるそうです。
「作曲してくれる人も探しているの」とマダムがおっしゃってました。

2015年ヴィンテージが
来年1月にリリースされる予定だそうです。

そして、白のキュベアテンポも
もう少ししたらリリースされるようです。

R0089420.jpg

地下のセラーも見せて頂きました。

R0089421_20170711002608608.jpg

ビオディナミーにも挑戦しているそうです。

R0089427.jpg

有難うございました。


★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

アヴィニヨンの中央市場、レアールのご紹介

R0089388.jpg

<フランス滞在4日目>
アヴィニヨン市民の台所、レアールは
朝から13時までの営業です。

R0089376.jpg

レアールから徒歩5分の家に住んでおりましたので
毎日、ここのパンを食べていました。
大きなパンですが、カット売りもしてくれます。

R0089383.jpg

アヴィニヨンで知り合った
バレリーナの千尋さんに教えてもらって以来、
野菜とフルーツ入り口の八百屋で買うと決めていました。

ちょうど、ブラックチェリーの時期、
南フランスの香りの表現にも使われるブラックチェリー、
肉厚で美味しいんですよ。
沢山食べました🎶

アプリコット、プルーンそして、小さな洋梨・・・
どれも新鮮で美味しかったです。

R0089367.jpg

チーズ屋さんも素晴らしいんです。
本間るみ子さんの本にも出てくるんですよ。
朝食に、ボーフォール・エテ、コンテ、カンタルを買いました。

R0089382.jpg

それから、こちらのタプナードもアヴィニヨンで1番です!
アンショワ(イワシのムース)もオススメです。
オリーブも色々試食して買いました。
パプリカの詰め物、イワシの酢付けは大渕さんから頂きました。

R0089633.jpg

次回はキッチンがあるホテルに滞在して
魚も食べたいです。

新しく、牡蠣専門店や、BIOの店、キヌア等を使ったスーパフードのお店も出来てきました。
スーパーフードのお店で買った、人参ジュース1本3ユーロ!
甘くてとても美味しかったです。

R0089635.jpg

こちらは、BIOの肉を扱うお店です。

あっという間に時間が過ぎ、
ホテルに戻り、急いで朝食を頂き
シャトーヌフドパップに出発です!

アヴィニヨンにいらしたら、
是非、レアールにお立ち寄りくださいね。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索