M.YOSHIDAの鴨でお花見を

R0003488.jpg

城南区田島まで
お花見に。

R0003482.jpg

雲ひとつない
青空のもとで
Monsieur YOSHIDA の
炭火で焼かれた、シャラン鴨を頂きました。

IMG_1149.jpg

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

アグリコールラム

ラム酒には3つの作り方があります。

1・トラディッショナル
砂糖を作る時の副産物、糖蜜を原料とします
世界の9割がこの製法です

2・アグリコール
さとうきびジュース100%で作られます
マルティニーク島のラムがこの製法が多いです
日本、ハワイにもアグリコールラムがあります

3・ハイテストモラセル
さとうきびジュースを加熱して凝縮しシロップを原料とするものです
ロンサカパがこの方法で作られています

今回、沖縄を旅したのは
アグリコールラムが欲しかったからです。

大東島はには行けませんでしたが、
那覇で見つけることができました。


大東島で女性によって
作られている
「アグリコールラム コルコル」は
島の良質なさとうきびで作られています。

赤いボトルはモラセス(糖蜜)で作られ
緑のボトルはさとうきびをジュースにして発酵させる
「アグルコールラム」です。

この緑のボトルを購入しました。
是非、ラタフィアでお召し上がりください。

伊江島でも「イエラム・サンタマリア」というラムが
作られています。

ハイテストモラセス製法です。
さとうきびジュースを加熱して
シロップ状に凝縮させ作られます。

先日、お客様にご紹介頂いた
ハワイのラム「コハナ」も
「アグリコールラム」です。
ハワイのお祈りに備える
さとうきびから作られた
濃厚な味わいのラムでした。

ラムの世界、奥深いです。

少しずつ、ラタフィアでもラムをご提供できたらと思っております。



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

福岡で雪が降りました

R0002543.jpg

ハラハラと雪が舞いました。

R0002547.jpg

ここ、珍しく雪が積もりましたが
翌日には溶けて、今日は、14度と
3月下旬のポカポカ陽気でした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索