トリヴァンドラムへ

tr.jpg

5時50分の列車で移動です。
時間通りに列車は出発、
しかし、到着は1時間近く遅れました。
車内ではヴァダという豆のドーナツ(20ルピー)と
コーヒー(5ルピー)を朝食に頂きました。

tv2.jpg      tv3.jpg

荷物を駅に預けて(1個10ルピー)、両替商を探しますが中々見つからず
お昼ごはんをい頂きます。
マサラドーサという、米粉と豆の粉が原料の生地を発酵させクレープのように焼いた中に
スパイシーな野菜が入っています。
それに辛~いカレーソース、ヨーグルトソースが付きます。
少し、私には辛すぎました・・・
この、インディアン・コーヒーハウス、南インドのチェーン店のようです。
tv4.jpg tv6.jpg
お客様も多く、相席でした。

そして、両替商を見つけ両替を終え、暑いので
リクシャ(3輪タクシー)でプーテン・マリガ宮殿に行こうと交渉。

30ルピーでOKとのことで乗り込むと
違う道を行きますので、こっちじゃないよって
とにかく、駅の方向に向かって貰います。
すると、ドライバーがココだって。
受付に行くと、そこは、伝統音楽学院で、
全然違うところに連れて行かれていました!

事情を話すと、学院の方がリクシャを拾って下さり
目的地まで、確認して頂き
珍しくメーターで行って貰いました。
17ルピーという表示に対して30ルピー払えって言う運転手に
冗談でしょって、20ルピー払って降りました。

藩王国時代の宮殿の博物館、プーテン・マリガ宮殿は
立派なケララ調の建物でした。
調度品も素晴かったのですが、宮殿の中は薄暗くて
照明が無くて、懐中電灯で照らして頂きながら見るのです・・・

外観からパドマナー・パスワーミ寺院を拝見して
布を買って駅に戻ります。
男性用の腰巻、ドティーやサリー用の布が沢山売っています。
tv8.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村





プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索