コルシカからマルセイユへ

アジャクシオを20時半頃(定刻は19時)に出発。
帰りの船はSNCM社の窓なしの4人部屋でシャワー付き。
57.4ユーロ。行きの半額の価格です。

ギシ、ギシ、ギシ、ドーン・ドーンと
一晩中、不安な音と、知らない方とご一緒ということもあり
中々寝付けないまま朝5時半。

この船は定刻の6時半にマルセイユ港に到着します。
と音楽と共に何度かアナウンスが流れます。

確かに6時半に船は着きましたが
外に出れたのは1時間後。

マルセイユ駅に荷物を預け
街に出ます。
旧港の入り口のアンターブルスッドにランチの
予約をして、ワインショップで今晩のワインを購入。

途中、この地方のお菓子<ナヴェット>。
小麦と砂糖、オレンジの花のエッセンスで作る
素朴なお菓子専門店を発見。
コノフールドナベットというお店は
200年前からあるそうです。
アヴィニヨンへのお土産に購入しました。

アンターブルスッドでは、
グラスワイン込みのお昼のコース47ユーロを頂きました。

前菜は、コリンズグラスに入れられた
ブイヤベースの再構築。
下には、ジャガイモとアイオリソースが詰められ
その上に、アンコウそして、スープドポワソンの
カプチーノ仕立てに、ストローにパルメザンチーズが
巻かれています。上品は味わいのマルセイユ名物のブイヤベースを
頂くことができました。

主菜には、ラスカス(カサゴ)を焼いたものに
フェーブルやグリンピースアンティーチョークが添えられ
生姜風味のソースが添えられた1皿です。

デザートにはヌガーグラッセと
プティフルで砕いたポップコーンと
パッションフルーツの飴を
コーヒーには試験管に入ったプロバンスの蜂蜜が
添えられていました。

どれも、おいしく頂きました。

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3800円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島オーガニック野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください

★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン3種類で5800円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com

ラタフィアのホームページ
http://ratafia-vin.com

ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

fc2ブログ


ブログ内検索