キューバのラム

R0001112.jpg

ラムの誕生は16世紀。
砂糖の副産物として生まれました。
奴隷たちのエネルギーのファイティングスピリッツとして
扱われました。

イギリスでは、1731年から1970年まで
海軍にラムが支給されていたようです。

17世紀、マルティニーク島に
フランスから持ち込まれた
コニャックの蒸留器により
品質が良くなりました。

キューバのラムは
19世紀後半から本格的に始まりました。

キューバラムの最大の特徴は「ロン リヘロ」である。
ラム全書にはこう綴られています。

ロン リヘロとはライトラムのこと。

日本でも有名な
「ハバナクラブ」はキューバNo1のシェアです。
1930年代から作られています。

ヘミングウェイが通った
「ラ・ボデギニータ・デル・メディオ」や
「ラ・フロリディータ」では
カクテルのベースに「ハバナクラブ3年」が
使用されています。

現地の人は、「サンテーロ」をよく使います。
アグアルディエナンテ・ナチュラルという
1回蒸留の力強いお酒で、これはラムとは言わないようです。

キューバの宿で頂いた
サンテーロとハチミツとイエル・ブエナ(キューバミント)で作られた
フローズンダイキリは、忘れられない美味しさでした。

キューバはモヒート発症の地なのです。

そして、キューバ人から
このラムが1番さ!と
教えてもらったのが
サンティアゴ・デ・クーバ。

キューバの東に位置する
音楽に溢れる街の名前です。

R0001129.jpg

キューバ革命までは、「バカルディ醸造所」として
稼働していました。
現在、バカルディはプエルトリコに移動しています。
立派な建築のバカルディー博物館は、
サンディアゴ・デ・クーバの中心地にありますよ。
昔の絵画や、エジプトからのミイラ???等が展示されていました。

味わいは、複雑ですが飲みやすいです。
ラタフィアでもお出ししています。

他にも、「ムラータ」「ロン・アレチャ」
「ロン・クバイ」「レジェンド・オブ・キューバン・ラム」
「ロン・カネイ」「ロン・ビビア」
「ロン・レジェンダリオ」・・・

R0001108.jpg


それから、「カンチャンチャラ」という
ラムとハチミツのカクテルは
丸い陶器に木のマドラー(プロンテーロ)を添えて出されます。
下に沈んだ蜂蜜を混ぜながら頂きます。

キューバの古都・トリニーダで頂いた
「カンチャンチャラ」は
おかわりしたい程の美味しさでした🎶

ラタフィアでも夏頃から
ラムのカクテルをお出ししたいと思っております。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索