ポルトガルワインの試飲会に

IMG_5917.jpg

ボルドー留学時代に
ポルトガル人の女性がいました。

フィリッパ・パト、
彼女は現在、ポルトガルのダン・バイラーダでワイン作りをしています。

本日の木下インターナショナルの試飲会で、
フィリッパのワインに出会いました。

凝縮感の中にエレガントさのある洗練された味わいでした。 

お父様は有名醸造家のルイス・パト。
時々、福岡にもいらっしゃるんですよ。

IMG_5927.jpg

そして、マデイラからは、
ブランディーズ社の
ワインメーカー、フランシスコ・アルブケルケ氏が
来日されました。

マデイラ島では、今日からブアルの収穫が始まり、
標高800mに植えれている、
セルシシアの収穫は10月に行われます。
標高が100mあがるごとに、気温は1度下がるようです。

マデイラワインに使われる品種は4種類です。
セルシア、ヴェルデーリョ、ボアル、マルヴァジア。
辛口→   →     甘口
標高高い  →      海沿い

マデイラワインは、発酵途中の白ワインに、
97%のヴィニックアルコールを加えます。
ヴィニックアルコールとは、
透明の蒸留酒で、スペインかフランスのものを使います。
7〜8%入れ、アルコール度数17度に酒精強化します。

そして、加熱して、熟成します。

この加熱方法には、2つあり、

1つ目は、
エストゥファという熱による酸化熟成が4ヶ月間、45度の状態で行われ
それから、樽で熟成されます。

もう一つの加熱方法は、
カンテイロ。
太陽熱を利用した加熱熟成です。
こちらは、ヴィンテージマデイラの方法です。

大変勉強になりました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索