ムンバイ散策

<インドたび 2日目>

R0087495.jpg

雑誌で見つけたサンダル屋さんを探しに行きました。

タージマハルホテルの裏手を散策。

ありました!

Anupam Chappals

チャパというのは履物のこと。

手作りなので、微妙にサイズが違い、
ピッタリ合うブルーのサンダルを購入しました。

ヒールなしは、400ルピー、
ヒール付きは、600ルピーです。

R0087503 (1)

スタジオムンバイが最初に手掛けたレストランを拝見。

R0087505.jpg

コシュ・デュリ シャサーニュモンラッシェ97がありました。
お隣は、ラトゥールの空瓶。

R0087480.jpg

そして、インド門に。
インド門に入るにはセキュリティーチェックがあります。

インド門をはじめ、
観光地では、30ルピーから100ルピーで
写真を撮ってくれますよ。

何枚か撮って、好きな写真を選べる人や
必要枚数しか撮ってくれない人。
カメラも、コンデジだったり、一眼レフだったり。
私も、何度か利用しました。
おすすめです。

写真を撮ってもらっていると、
ジャスミンのブレスレットを手首に巻かれ、
「お金はいらないから」と・・・
ここは、インド、そんなはずは無いから、
「要らないです」と断るのですが
しっかり、結ばれました・・・
そして、「100ルピー」と。
残念ながら、その半分しか手持ちがなくお渡しすると、
もっと、もっと・・・

次は女の子の物乞いです。
「お金は無いのよ」と言うと
素敵な香りのジャスミンのブレスレットを
ちぎって持っていかれました。

(危険という訳ではないんですよ)

そう、ここは、インドなんです🎶

R0087533.jpg

インドの高額紙幣問題、
500ルピーと1000ルピーが使えなくなり、
ATMの引出額が制限され、
引き出しできないATMや、
長蛇の列のATMの話を聞いておりましたが、
ムンバイでは問題なく4000ルピー引き出せました。
ガードマンが丁寧に、機械の操作方法まで教えてくれましたよ。

その後のゴアでは、1万ルピーまで可能になりました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索