タージハマルパレスホテル ムンバイ <インドたび 1日目>

<インドたび 1日目>

R0087469.jpg

2010年にムンバイに訪れた時に
次回は、このホテルに泊まろうと決めました。

R0087476.jpg

タージマハルパレスホテルの

R0087279.jpg

パレスウイング。

R0087287.jpg

バトラーがいるので何でもお申し付けくださいと、
グアバのウエルカムドリンクを頂きましたが、
生まれて初めてのバトラーサービス。
何をお願いして良いか分からず・・・

R0087338.jpg

ふかふかの寝具で、
ジャスミンの香りに包まれながら眠りました。

R0087410.jpg

朝食は、インド門の見える
シーラウンジで頂きました。

R0087380.jpg

コンチネンタルブレックファーストで、
ソーセージ、オムレツ等が多いのですが、
インド式朝食、ドーサは、
注文して焼いて頂きました。

R0087397.jpg

インドで頂くエッグベネディクトも
柔らかいイングリッシュマフィンと
ポートドエックの相性が良く
美味しかったです。

R0087305.jpg

ホテルの中は、古美術も美しく展示してあり、
美術館に居るようでした。

R0087334.jpg

クラブラウンジも利用できました。

1歩もホテルから出たくないと程、
どこに居ても心地よい空間でした。

2008年にムンバイ多発テロの舞台になり、
多くの犠牲者が出た、タージマハルホテル。
その様子が描かれた、フランス映画<パレスダウン>を見て
少し、怖い思いもありましたが、
素晴らしい空間に宿泊でき、良い思い出となりました。
テロの後、追悼の意を込めて
テーブルフラワーが黄色でしたが、
今年は、ピンク色に変わっていました。

次回は、パレスウイングの
シーヴュー(インド門の見えるお部屋)に宿泊したいです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索