Audiffred  オーディフレッド氏福岡に

R0087371.jpg

アンエイ・オーディフレッド氏が福岡にいらしゃいました。
アンリ氏の手は、厚みがあり、ブドウの色素が付着し
細かい傷がある、ヴィニョロンの手。

14歳から醸造学校に通い、DRC社では
ラターシュとロマネコンティの栽培と醸造を担当されました。

「ロマネコンティの畑の十字架が新しくなったでしょ?
あれは、僕が、畑作業中に、トラクターでぶつけてしまったから。
社長のヴィレーヌさんは、優しい方だから、
怒らなかったけど、悲しい顔をしてた」

DRCとオーディフレットの違いも話して頂きました。

<DRC>             <オーディフレト>  

ビオディナミ            リュットレゾネ
4割除更で6割が茎ごと       除更

*除更の理由は茎の担任が香水には入っているアルコールのように香るのと、
ワインの色を定着させる為です。

マセラシオンはドライアイス    常温のマセラシオン

*コールドマセラシオンは、CO2が出て、
酸化のリスクがあるので、
オーディフレッドはしないそうです。

醸造については、両者とも同じやり方です。
天然酵母で発酵させて、エナメルの発酵タンクを使います。
ピシャジュでなく、ルモンタージュで攪拌させます。

樽は、100%フランソワ     フランソ主体でグリボー等の樽を購入して使用

Observation 観察して、自分の頭で考えて決めるということが、DRC が実践している事です。
例えば、2004年、天候がとても良かったのですが、
何かおかしいと思い、DRCは、半分のブドウのグリンハーベストを行いました。
結果、収穫前に、天候が崩れましたが、
DRCにとっては、素晴らしいヴィンテージとなりました。

伝統を大切にして、
ピノ・ノワール本来のスタイルを表現し、
ナチュラルなワイン造りを目指す、
アンリ・アルフレッド氏、
ワイン一筋の、真面目な生産者でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索