ソムリエ協会 熊本 特別例会セミナー 和食とワイン

R0087246.jpg

京都・木乃婦の三代目・高橋拓児氏と、
田崎真也会長がいらして、
和食とワインのセミナーが
熊本の日航ホテルでございました。

茶懐石の向付には、
鯛の昆布締めや、蕪蒸し等を置きます。
向こう側にあるから
向付と呼ぶようになりました。
向付には、良い器を使います。

最初に、炊きたての柔らかい飯、汁、向付がでます。
そして、煮物、焼き物、八寸・・・

茶懐石では、最初にご飯を頂き、
そして、強肴と酒がでてきます。

20年前まで、和食の世界には、
食事と酒を合わせるという概念がなかったそうで、
冷酒1種類、燗酒1種類の酒しかおいてなかったそうです。

R0087252.jpg

ナッツ、スパイス、木、メープル、杉、焼き林檎、ドライフラワー・・・

何の香りの表現か分かりますか?

田崎会長が、
お醤油の香りを取られた時の表現です。

濃口醤油には、ソースの役割があり、
薄口醤油は、スパイス的に使います。

鰹と昆布のお出汁を頂き、
シャンパーニュを頂くと、
お吸い物に、ゆずが加わったような味わいになります。

シャンパーニュは、二酸化炭素で覆われている為、
還元状態での熟成となります。
その為、メイラード反応(アミノ酸と糖の反応)が起きやすく、
モカフレーバーや、ヘーゼルナッツの香りが出てきます。

シャンパーニュとお出汁、シャパーニュと薄口醤油、
良くあいました。

そして、次は、マデイラ10年。
濃口醤油と合わせるとバランスが良いです。
メバル・アカラブ・むつごろうの煮付けと
マデイラが合うそうです。

最後は、イタリア・ヴェネット州の
レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッッラ。

こちらは、八丁味噌との相性が良かったです。

R0087274.jpg

懇親会には、
中本副会長、阿部さん、佐藤さん、森さん、
錚々たるソムリエが東京から
チャリティーの為にいらっしゃいました。

R0087271.jpg

爽やかな、サンセールで乾杯。

高橋氏のお料理も並びました。

R0087249.jpg

熊本地震で汚れたエチケットのワインも並びました。
素晴らしい味わいでした。

R0087277.jpg

田崎会長は、1995年の
ルバイヤードの甲州をサービスされました。

R0087282.jpg

熊本の郷土料理も並びました。

R0087289.jpg

微力ながら、私もワインサービスに入りました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索