シャブリ ドメーヌジャン・コレ

R0081865.jpg

木下インターナショナルの試飲会に伺いました。

ドメーヌ・ジャンコレは、
シャブリにて1792年よりワイン造りを始め
伝統的なワイン造りを残しつつ、
ビオロジー栽培にも挑戦しています。

息子のロマンは、バニュルスやニュージーランドド等で修行を積み
2008年からが醸造長となりました。

R0081864.jpg

シャブリ、ヴィエーユ・ヴィーニュは
1932年に植えられて葡萄から作られます。
古木なので、
Millerandage(ミルランダージュ)結実不良が起き、
葡萄の粒が小さくなり、そのお陰で凝縮した味わいとなるそうです。
1本の木からは、10から15房の収穫です。

シャブリ 1er  レ・フォレ2014は
卵形のベトン(コンクリ)の発酵タンクを使用していますので
他のシャブリに比べると、味わいがシャープな印象を受けました。

3年前の味わいに比べると随分洗練されたという
ご意見がございしたので、
質問しましたら、その頃から
天然酵母を使うようになったから
という答えが返ってきました。

R0081868.jpg

そして、ロワール・メヌトゥー・サロンから、
ポール・アンリ・ペレ氏がいらっしゃいました。

区画の違う2種類のソービニヨンブラン、
3種類のピノ・ノワールを試飲しました。
メヌトゥー・サロン・モローグ・ルージュ・キュール・ド・キュリ2012年は
葡萄を 茎(果梗)をつけたまま、丸ごと樽の中に入れて発酵を行います。

凝縮感があり複雑な味わいでした。

R0081880.jpg

ロワールのドメーヌ・サンニコラからは
ティエリー・ミッション氏がいらっしゃいました。

R0081874.jpg

沢山のマデラワインの試飲もございました。
ティンタネグラの特徴がよく出た
ヴィニョス・バーベイトの
マディラ・リベイロ・レアル・テインタネグラ 1996
熟成感のある味わいの中にマスカットのような
フレッシュな香りを感じました。

★3月13日 (日)12時30分〜
ピッツァとワインを味合う
イル・ソル・レヴァンテでのワイン会です。
6種類程のピッツァが付いて5500円です。
   
★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索