縄文杉

ya1.jpg

5時過ぎに宿を出ました。
満点の星空の下、ヘッドランプを頼りに
バス停まで。
屋久杉自然館から、5時40分のバスに乗る予定が
満席で、6時のバスに乗って、
6時40分荒川登山口から歩き始めました。

ya3.jpg

2時間程、トロッコ道を歩きます。

ya2.jpg

往復22キロ。
標高1300メートル。
登り切るが出来るか、不安で不安で、
前日はあまり眠れませんでした。

ys9.jpg

竹皮に包まれた、あさひや弁当おむすびを
朝と、お昼に頂きました。

それから、行動食に、梅干し、黒糖を
時々、湧き水を飲みながら、
2本のスティクをついて歩き続けました。

ya4.jpg

苔もまた美しいです。

ya6.jpg

バスで一緒になった
東京からの女子大生と一緒に歩きました。
木の根の上も歩きます。

ya12.jpg

推定樹齢3000年の、ウイルソン株の切り株の中には、
神様が祀られており、上を見上げると、ハートの形が現れます。
最初は、ここまでで、引き帰ろうかと考えていましたが、
ここまで、歩けたのだから、頑張ろうと
再び、歩き続けました。

ya10.jpg

ウイルソン株を後にして
急な坂道がや木製の階段が続きます。

ya9.jpg

11時40分頃、推定樹齢7200年の縄文杉に到着です。
感無量です。

ya13.jpg

小さなお花の山椿。

ya7.jpg

帰路は、少し余裕も出て、
会話をしながら、楽しみながら歩きました。

ya10.jpg

ゆっくり休憩しながら歩きました。
休憩の時間が長くなると、身体が冷えます。
冷える前に、また歩き出します。

ya14.jpg

偶然、立ち寄った
エメラルドグリーンの安房川。
素晴らしい景色です。

17時40分下山。
11時間、歩きました。
行きは、必死で、自分との戦いでした。

帰りは、お尻が白い、屋久鹿や、黄緑色の鳥に出会ったり、
苔の種類の多さに感動したり、
少し余裕がありましたが、
手摺のない橋の上で写真を撮っていると
フラっとなり、ひやっとしました。

登山口から18時発のバスに乗り、
18時40分発のバスに乗り換え、無事、宿に戻る事が出来ました。

宿の戻ろうと、坂を降りようとしたら、
膝が痛い!下りで、左膝を痛めたようです。

ラベンダーの精油でマッサージすると
翌朝には、痛さが軽減されていました。

また、いつか縄文杉に会いに行こうと思います。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索