Chateau Poupille M.Phillipe Carrille qui est venu à Fukuoka

cp5.jpg

ボルドー、カスティヨンのシャトー・プピーユオーナー、
フィリップ・カリーユ氏が福岡にいらっしゃいました。

cp6.jpg

ずっとお会いしたかった醸造家です。

プピーユは、ポムロールのペトリュースと
良く比較されます。
ペトリュースを目指して、作り上げたプピーユ。
両者ともメルロー100%。
ペトリュースの垂直試飲の中に入れても
遜色ないという評判が広がり
人気が出てたワインです。

そして、葡萄は、有機栽培。
畑は、GPSで管理されていて、
ボルドー液の使用を最小限に抑えているそうです。

AB(アグリカルチャービオロジック)の認証は、
葡萄だけの決まり、2012年からは、
ヨーロッパ基準のVIN bio に切り替えるそうです。
こちらは、栽培から、醸造までの認定です。

垂直圧搾機により
雑味なない良質なジュースを得て、

システム・オクソ(オクソライン)という、
樽の中で、酸素に触れなくバトナージュ(攪拌作業)の方法を使い、
おりの旨みを取り出し、
タンニンが柔らかいワインに仕上がっています。
6ヶ月間、月2回行われます。

僕のワインを一番飲んでいるのは、
モンペラのチュボー・デスパーニュ。
有名評論家の評価より、彼のの評価に最も大切だと言うことでした。

cp3.jpg

4種類のワインを試飲致しました。

果実味豊かで、
タンニンが柔らかく、
味わいの最後の部分で優しいタンニンを感じるワインです。

タンニンの奥行きは、葡萄を噛んで、
種がカリッと割れるタイミングで、
過熟でなく、未熟でなく、
バランスの良いところで、
長年の感覚で決めているそうです。

cp2.jpg

最後に頂いた、プピーユ・アティピックは、
酸化防止剤が入っていません。
生産された年は、
02 03 04 08 09そして、おそらく2010年も出来るでしょう。
エネルギーを感じるワインでした。

素晴らしいセミナーを有難うございました。

cpp.jpg

★3月23日月曜日は、
屋久島滞在の為、お休みを頂きます

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索