ロンドンへ Day8

201907010721051d1.jpeg

ルルドからロンドンまで
飛行機で2時間。
ビザが無いから
飛行機に乗れないと言われて、
どうしよう!と思いましたが、
そんな事はないはずと反論して、
ビザスタンプを押し貰い無事ロンドンへ。

ロンドンATMでお金を引き出すと
100ポンドに対して、手数料4000円も取られていて
心が折れました。

ロンドン北部の友人宅に荷物を預けて、
ハンプトンコートの友人宅に伺う途中、
予定してい列車がキャンセルになったと。
駅員に冷たくされ、
どうしよう!と途方に暮れていたら、
優しい駅員さんが、近くの駅を教えてくれ
無事、友人と会う事ができ、

広いお庭でバーベキューを頂きました。

温かい時間を有難うございました。

ルルドに移動 Day7

2019062906575609f.jpeg

ポー城見学。
16世紀、17世紀のゴブラン織りのタペストリーや
有田焼き、セーブル焼き等、興味深い展示でした。

2019062906565477e.jpeg

ガトーピレネーを中央市場で購入。
しっかりとした味わいです。

20190629065618901.jpeg

ヴィーガンレストランにお弁当をお願いしました。

201906290658106bf.jpeg

奇跡を求めて世界中から巡礼者が集める
ルルドに移動。

キャンドル行列に参加しました。

ポーからルルドに行く際、バスが来なく
列車に乗り遅れそうになりましたが、
優しいマダムが駅まで送ってくださいました。

ビアリッツ〜バイヨンヌ〜ポー Day6

20190628063032aa0.jpeg

ビアリッツ最終日は
マルシェで牡蠣を頂きました。
No1 一番大きな牡蠣を12個。
ブルターニュ産です。

新鮮でクリーミーでとても美味しいです。


20190628063516808.jpeg

15分遅れでやってきた
アパルトマンオーナーに鍵を返し
駅に移動。
予定していた新幹線が来ないので、
1時間遅れの新幹線でバイヨンヌに移動しました。

2019062806392340c.jpeg

バイヨンヌ散策。

20190628063158129.jpeg

ランチは、カツオの燻製と
マグロのグリルを頂きました。

20190628063200b2d.jpeg

グランクリュ85パーセントの
ホットチョコレートを頂き、
バイヨンヌ駅に。
駅はエレベーターが無く
大きな荷物を抱えての移動は大変です。

20190628065323df4.jpeg

今日は冷房のある、ベストウエスタンを予約したのですが、
小さな冷風扇で暑い。
38度も気温があるのですよ!


201906280653171d0.jpeg

美術館で海外鑑賞。


20190628063012d04.jpeg


夕食は、2005年からスタートした、
ヴィーガンレストランでムサカを頂きました。

丁寧に作られたムサカは
全ての素材オーガニックで
とても美味しかったです。




ラタフィア8周年記念コンサートのお知らせ 

お陰様で薬院に移り8周年を迎える事ができました。
支えてくださる多くの方々に
心より御礼を申し上げます。

8年前に現在の場所でワインバーを再開しようと決め
6月から工事が始まり、
毎日、現場監督・・・
自然な素材で店を仕上げたくて、
オーガニックのペンキを探し、
ワックスもドイツ製の植物由来のもの
自分で塗りました・・・

8周年を記念して、
ソプラノ歌手松竹さんに歌って頂き、
18年前のラタフィアで1番始めのシェフ・理恵さんに
料理を作って頂きます。


7月14日 日曜日 18時〜
会費:前売券8000円
   当日のお支払い 9000円
   お申し込み頂いた後に、ラタフィアでお支払い頂くか郵便局への振り込みをお願いします 
   
歌:松竹玲奈
  3年間のイタリア留学を経て福岡にてソプラノ歌手として活躍
  
料理:大渕理恵
   久留米・旅レシピROROのオーナーシェフ。
   フランス、イタリアで修行し現在、レストランと料理教室を主宰

ワイン:吉村智美

お茶:山口紗知栄

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

スペインバスクへ

20190627063608549.jpeg

ビアリッツから、エンダイヤへ行き、
ナベットという船で対岸のオンダリビアに渡りました。
10分のクルーズは爽やかな海風がとても気持ち良かったです。

20190627063610aed.jpeg

老舗の籠屋さんでお買い物。

20190627063726402.jpeg

そして、サンセバスチャンのバルホッピング。
今年は、6軒行くことが出来ました。

現代的な、シリミリ。
レストラン料理の、Casa Urata 。

201906270636117e3.jpeg

リゾーニが美味しい、ポルタベリ。
ラ.セパではアサリご飯とムールコロッケを。
チーズケーキの有名な、ラヴィニャ。
そして、バス停近くで、スパニッシュオムレツを頂きました。

20190627063613eee.jpeg

バス停近くのワインショップ、
20年前に一人旅をしていた頃、
こちらで古いコアントローを買いました。
懐かしの再会です。

20190627070431787.jpeg

ビアリッツの21時。

20190627070428b5c.jpeg

美しい夕日でした。

今日の気温は37度。日差しが強いですよ。










サンジャ・ド・リュズ day4

201906260555166d7.jpeg

朝食は、牡蠣とジュランソンセック
そして、スープ.ド.ポワソンを
サンジャン・ド・リュズの朝市で頂きました。

20190626055517aa7.jpeg

フィガロから取材を受けたという、
マグロ屋さんのマダムのお店で、
ツナの缶詰め購入。

20190626055512395.jpeg

バスクリネンのお店覗いて、

201906260555114c8.jpeg

ゾコモコでランチを頂きました。

日本人のお客様が多いレストランでした。

オーナーのお父様は両親で、
セナガルまで、マグロ漁に出ていました。

サンジャンの大好きなアンティークリネンのお店のマダムのお父様も
漁師で、彼のお父様と同じ船に乗っていたそうです。

隣のテーブルには、ジュランソンのワイン生産者はいらしゃったり、
カウンターにはシード農家の方がいらっしゃったり、ワクワクするような出会いがありました。

前菜は、鱈のサラダ仕立てを、
メインはイカスミリゾットを頂きました。


帰りには、オーナーから、オーガニックのシードbike Aina と
チャコリ、Cosecha2018をお土産にと頂きました。

20190626055513271.jpeg

帰りは新幹線で10分でビアリッツに到着。

ビアリッツ散策。
紫陽花が満開です。







続きを読む

山バスクday3

2019062506572538a.jpeg

今日は山バスクへ。

サンジャン.ド.ピエドポーの
魅力的な朝市を訪れ
沢山買い物をして、

20190625065726c45.jpeg

生ハムで有名なピエールオテイザに行きました。

緑の覆われた狭ってくる山々を走りぬけ、
可愛い豚を拝見して、ランチタイム。

20190625065722309.jpeg

そして、ドメーヌイレチアを訪問。
10ヘクタールの広い大地で、
自然農法で葡萄を育て、
オーガニックワインを作る生産者です。


20190625065724faa.jpeg

最後は唐辛子の村、エスペレットへ。



パリ散策〜ビアリッツへ

201906240658503a6.jpeg

水曜、土曜日に開催される、
ラスパイユのビオマルシェで、
4人分の食材を買いました。

写真は、生のアーモンドです。

2019062406575623a.jpeg

トロカデロからにエッフェル塔は
まさに、鉄のレースにドレス。
美しい!

2019062406575605b.jpeg

トロカデロにある世界一高い水族館といわれる
パリ水族館・アクアリウム。

色彩豊かで美しい展示でした。


20190624065756f10.jpeg

TGVでビアリッツまで3時間半。
この写真の建物が私達の家です。

20190624065756335.jpeg

夜はLes Rosiersでフルコースを頂きました。

2019062407373519e.jpeg

パリに到着

20190623123604240.jpeg

21時半、パリ、モンパルナスに到着しました。

パリのスーパーモノプリは22時まで営業。
そして、無人レジが導入されていました。

今回の宿泊はホテル.ドゥ.ラ.トゥール。
89ユーロという破格の宿に、ドキドキしましたが、
清潔で静かで、常宿にしたいくらい素敵です。

近くには、画家、レオナール藤田が住んでいた建物があり、
現在がホテルとして使われています。写真の建物です。


ラタフィアは7月4日から再開します。




ロンドンの歩きかた 忘備録

★宿を探す

昨日的なビジネスホテル、ザZというホテルに宿泊しようか、
ロンドン大学の寮を利用しようか・・・

色々悩みましたが、

Airbnbで素敵なお部屋を予約。

しかし、最寄駅にエレベーターが無い事が発覚!
どうしよう・・・
タクシー移動かな・・・

と、色々と悩んでいたら、Airbnbからキャンセルの連絡が!!!

それで、友人宅に宿泊させて頂くことにしました。
感謝です!

★交通手段

*飛行機

今回はフランス、ルルドからイギリスに飛びます。
ライアンエアーでチケットを予約。

少し前に80ユーロ(1万円くらい)で買ったチケットが
65ユーロ!!!

普通、LCCって早く買ったほうが安くなるのでは無いのですか???

60日前から事前チェックインができるので
チェックインをして、
チケットを印刷。←印刷していないと罰金です。


*空港から友人宅のハンプトンコートまで

ロンドン・スタンステッド空港に到着予定。
空港から市内までは、バスで90分、列車だと45分。
スタンステッドエクスプレスのサイトから
事前予約を。早めに予約した方が安いみたいです。

空港から、Tottenham Hale(トッテンナム)まで11ポンド(1686円)。
トッテンナムからグリーンパーク経由でウォータールー駅へ。
ウォータールー駅からハンプトンコートまで約30分。

*ロンドンの地下鉄事情

ロンドンではチューブという地下鉄で移動となるのですが、
大きな荷物を抱えての旅は
駅にエレベーター(リフト)やエスカレーターがあるかを知るのが大切です。
https://tfl.gov.uk/maps/track/tube

↑ロンドンチューブのサイトの地図を大きくするとリフトの有無が確認できます。

地下鉄では、「オイスターカード」という
ニモカやスイカのようなIC系カードを利用します。
こちらは、日本で購入しました。

*ユーロスター

ロンドンのユーストン駅から
パリの北駅まで、約2時間。
ユーロスターで移動。
事前予約で1万円弱・・・
こちらのチケットは日に日に値上がりしています。

コントロールにとても時間がかかるようで
1時間半前には、駅に着くようにしないと・・・
飛行機のようですね。

★ロンドンで体験したいこと

*憧れのコッツウォルズに行く

コッツウォルズに行くには
日本語ガイドのツアーが毎日出てるとの事で「みゅトラベル」で予約しました。
8100円。

*ワインショップ巡り
https://philglas-swiggot.com/?fbclid=IwAR36yBi7uJ13C31W60m8gWKTE1nNQUc14FWZU_0kG1hpbcP9JvwTmJ36xBs


*アフターヌーティ
昨年のイギリス展で頂いた
コンノートプレスホテルのスコーンがとてもおいしかったので
コンノートのアフタヌーンティにしようか、

評判の良い、リッツにしようか、

お洒落なクラリッジスにしようか、

ゼ・メトロポリタンホテル・アフターヌーン・デイライトの
砂糖不使用というのも気になりますが、
残念なが日曜日は休みです。

プチホテル、The Zetter Townhouse Marylebone
の器も素敵・・・Tea is served every day from 12 - 5pm,

と、色々と悩みましたが・・・

伝統ある、「サボイホテル」を予約しました。

プチホテル、The Zetter Townhouse Marylebone
の器も素敵・・・Tea is served every day from 12 - 5pm,


サンドイッチ、スコーン、ケーキ、お茶のセットの
アフターヌーンティーの価格は・・・

60ポンド前後・・・サービス料が加算され
日本円で10000円程・・・

それでも、本場のアフターヌーンティーを経験したいと思うです!

★ロンドンの博物館 美術館
今回は、ロンドンのV&Aミュージアム
でクリスチャンディオール展が開催中とのこと。
しかし、前売りチケットはすでにソールドアウト・・・
当日並んで入ることができたら嬉しいのですが、
どうなることらや・・・

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日からお休みを頂きます

仕事終わりに

20190617223411734.jpeg

薬院のワインバー「レゼルブ」にて
ニュージランド、ワイヘキ島のストーニーリッジラローズの97を頂きました。

オーナーでありワインメーカーのスティーブ ホワイト氏は
ムートン ロートシルトの力強さと、マルゴーのエレガントさを持ち合わせたワインを目指しています。

10年前に、訪問した時、
併設のレストランには、
北九州市出身の日本人シェフがいらしゃいました。

その時頂いた、ワイヘキオイスター・・・
クリーミーでとても美味しい味わいでした。

20190617223402642.jpeg

そして、マルゴーのボイ・ド・カントナック(格付け3級)89。

20190617223408afc.jpeg

ゴッセ ムレジメ 2008
マロラクティック発酵はしていません。

ミッシェル・ノエラ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er レ・ブード 2004も頂きました。

20190617223425614.jpeg

帰りに「アヴリル」に立ち寄りました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます




ケークサレ

201906152039458dd.jpeg

野菜をたっぷり入れて作るケークサレ。

卵1個に
粉を50g
アルミフリーのベーキングパウダー
白ワインとオリーブオイル。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

自然食の料理教室

20190615201848eca.jpeg

東城百合子さんの考え方に基づいた
福岡自然に学ぶ会の
料理教室に伺いました。


20190615210153d9a.jpeg

枝豆ご飯
モズクと豆腐のお吸い物
ほうれん草の胡麻和え
車麩、アスパラガス、カボチャの串カツ
豆乳プリン

201906152018475d9.jpeg

毎月第一土曜日に開催されています。
ご興味のある方は、吉村までご連絡くださいね。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます


太宰府散策

201906152022194a6.jpeg

九州国立博物館で開催中の
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」の展示に行って参りました。

鎌倉彫刻の優美な仏像を拝見しました。

20190615202315d57.jpeg

太宰府天満宮のお庭は
紫陽花と、菖蒲が満開です。

20190615202235a2b.jpeg

気になっていた
古民家カフェ・ミドルで
太宰府ミールスを頂きました。

201906152039439d6.jpeg


そして、お茶室のような佇まいの
大好きな和菓子屋、藤丸に伺いました。

20190615203941760.jpeg

6月のお菓子、水無月を頂きました。

水無月の三角の形は氷を表し、
豆は邪気払いや悪魔祓いの意味があります。

京都では6月30日(夏越祓の日)に食べる風習があるそうです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

スペインワイン・ペスケラグループのセミナーに

20190614002309bd6.jpeg

株式会社ミレジム主催の
ペスケラのテイスティングセミナーに参加しました。

マダムのブラウスは、
ラマンチャの
エル・ビンクロのエチケットと
同じデザインです。

2019061400231493b.jpeg

テンプラニーリョの魅力が詰まった5種類の赤ワインと、
アレイン100%の複雑な味わいの白ワインを試飲しました。

*アレハイレン・クリアンサ 2015
 品種:アレイン 産地:ラ・マンチャ

*コンダード・デ・アサ・クリンサ 2015
 品種:テンプラニーリョ 産地:リベラ・デル・ドゥエロ

*エル・ビングロ・クリアンサ 2013
 品種:テンプラニーリョ 産地:ラ・マンチャ

*デエーサ・ラ・グランハ 2007
 品種:テンプラニーリョ 産地:カステーリャ・イ・レオン

*ティント・ペスケラ・クリアンサ 2016
 品種:テンプラニーリョ 産地:リベラ・デル・デュエロ

*ティント・ペスケラ・レゼルバ 2012
品種:テンプラニーリョ 産地:リベラ・デル・デュエロ

*ティント・ペスケラ・レゼルバ・ミレニアム 2009
品種:テンプラニーリョ 産地:リベラ・デル・デュエロ
→良い年だけ作れて、フレンチオークで熟成
近年では、2012、2015が作られていますが
商品化はされていません。

大変勉強になるセミナーでした。

2019061400232139c.jpeg

帰りに、素敵なエプロンを頂きました。

早速、ラタフィアで使っています。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます



 

アンスティチュフランセのワイン講座

20190612231531358.jpeg

今回は、年々品質が向上している日本ワインと
フランスワインを比較テイスティングして頂きました。


20190612231512ba1.jpeg

講座が終わり、南インド料理・ポラポラ食堂で懇親会をしました。

201906122315184a8.jpeg

ベジミールスに、フィッシュカレーと茄子の炊き込み御飯を
準備いて頂きました。
エリンギの揚げ物も美味しいです!

20190612231539b2c.jpeg

ワインは、インド・バンガロールの
ソービニヨンブランを使った、グローバの白を合わせました。


次回の講座は7月16日火曜日 19時から始まります。
1回の受講から大丈夫でございますので(会費5000円)
お気軽にご参加ください。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます






4年目の梅仕事

2019060921130221a.jpeg

今年はいつもの糸島の自然農のところから5K
わかまつ農園から1Kを
本日、6月9日に購入しましたが
少し早すぎた気もします・・・

青梅も混ざっているので
数日間の追熟。

6月11日、塩漬け完了!

梅干しの上手下手は、
梅選びだなって、
4年目になって分かってきました。

わかまつ農園の梅は、ふっくら美しい。
来年からは、全部、こちらにお願いしよう!

昨年は、沖縄の久高島の塩を使いましたが、
今年は、沖縄に行けず、
福岡で買った、沖縄の「青い海」の塩で漬けます。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

週刊新潮

201906092044239bd.jpeg

昔、取材して頂きました
「週刊新潮」をお客様が持ってきてくださいました。

大切に保存して頂き嬉しいです!

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます




糸島でフィッシュカレーを

201906092058532b4.jpeg

ケララのフィッシュカレー、
「フィッシュ・マッパス」は
トマト、ココナッツの
バランスが良く
鰤も野菜も新鮮!

オーダーを受けてから
丁寧に作られます。

毎日食べたいカレーです。

いつか、スプーンソングのカレーとのマリアージュ会を 
開催したいです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

南インド料理とワインの会

2019060920455101f.jpeg

インド在住のようこさんとの
ジョイント企画で
ワインを選ばせて頂きました。

201906092045552d5.jpeg

1杯目は、
インド カルナータカー州バンガロール地区で作られる
ミシェル・ローラン監修によるインド産ワイン、
グローバーのロゼです。
果実味があり爽やかな味わいでした。

20190609204541cb2.jpeg

パコラとの相性も良いです。

2019060920451943e.jpeg

2杯目は
スペイン、カタルーニャの
パルティーダ・クレウス・ビネッロ ブラ。

2019060920454652f.jpeg

こちらは、プラウという炊き込みご飯と合わせて頂きました。


20190609204545da9.jpeg

沢山のカレー好き、インド好きの方にご参加頂き
楽しい時間を過ごしました。

20190609204536004.jpeg

今回は、サリーを着てのワインサービスでした。

また、開催したいです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます


ケークサレ

201906092044222cf.jpeg

卵1個で作るケークサレを考案中です。

20190609204423023.jpeg

野菜がたっぷり入ったケークサレは
「前菜盛り合わせ」
でお召し上がり頂けます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

ヨシダナギの写真展に

20190601163915830.jpeg

博多大丸で開催中の
ヨシダナギさんの
トークショーへ。

1回の渡航費が300万円もかかるそうです!

そして、1日の撮影時間は
日の出前と日の入り前の各1時間。

逆光で写真を撮る事で、
肌の色が美しく映るそうです。

そして、逆光の写真を
「ライトルーム」という
ソフトで加工して作品として仕上げるそうです。

インドに行った時には、
バナナシで、サドゥー ウオッチィングをして、
84歳のラムさんという長老サドゥーを見つけ
写真を撮りました。
この、サムさんは4歳でサドゥー寺に入れられて
それから、1日1食のベジタリアンの苦行をされてます。
りんごや、くるみは、落ちるまで待って食べるそうです。

インドの話を聞いていると
また、インドに行きたくなりました・・・

2019060116551917a.jpeg

こちらは、牛脂で固めたアフロヘアーが特徴の
アフロ族。

201906011655169cf.jpeg

白目と白い歯の美しさを競い合う
アフリカの少数民族です。

ナギさんにとっての
少数民族は、「ヒーロー」。
「ヒーローの」美しさを伝えたくて
写真を撮り続けているそうです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


スペインの白ワイン

20190601163918188.jpeg

メキシコから
帰ってきたばかりの友人が
ラタフィアに。

一緒に、
スペイン・カタルーニャ地方の
パルティーダ・クレウ・ビネッロ ブランコ VNを頂きました。

品種は、
ガルナッチャ・ブランカ、マカベオ、モスカテル、
ヴィニャテール、ハンセ、チャレロ、パレリャーダ。

ライチや百合の華やかな香りがして
味わいは、レモン青りんごのような
爽やかな美し酸を感じ、厚みがあります。



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

久留米 古民家レストラン Haze

20190531194845f88.jpeg


キャンパスに描かれた
色鮮やかな沢山の野菜。
下には、野菜のブイヨンで炊いた
アマランサスが添えられています。

201905311949242d8.jpeg

ずっと伺いたいと思っていました、
久留米のマクロビオティック・レストラン ハゼに
インド人建築家と、
東京のヴィーガンレストランのオーナーと
伺いしまた。

2019053119492309a.jpeg

野菜だけで、こんなに深い味わいが出せるのですね!
ルッコラとジャガイモのスープです。

201905311949066ed.jpeg

メイン料理は、豆腐とキノコと大豆ミートのズッキキーニ巻き。
フランス料理のようなソースに感動です!

モチモチの玄米とお味噌汁が出ました。

インド人は
器用に、玄米ご飯をお味噌汁に付けて食べていました。


2019053119492904c.jpeg

デザートのフィナンシェは、
アーモンドプードルかヘーゼルナッツプードルが入り
本当に乳製品が入っていないの???と思う仕上がりです。

20190531194931428.jpeg

いつか、平田シェフのお料理教室に通いたいです。

Haze
久留米市山本町豊田1849-1


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索