ジャン・クロード・ボアゼの試飲会

R0002683.jpg

薬院のル・セップで
日本酒類販売の試飲会が開催され
ジャン・クロード・ボワセ社から
醸造担当の方がいらっしゃいました。

2002年、グレゴリー・パトリア氏を迎え
ワインのスタイルが変わったようです。
グレゴリー氏はドメーヌルロワでの経験があり、
ブドウ栽培においては、
ミルランダージュMillerandageという
小さめのブドウが実る樹を探し
好んで使っています。

苗業社にミランダージュになりやすい
樹をお願いするそうです。

ミランダージュとは、日本語で結実不良と訳されます。
雨が多かったり、天候が悪かったりして
ブドウの実が大きくならないので、
通常は、良いブドウとされないのですが、
偉大なブルゴーニュの生産者
故アンリ・ジャイエは
著書の中で、
「最良のブドウとはミルランダージュが起きたものであり
そこからは色の濃い濃縮されたワインが
生まれてくる」
という言葉を残しています。

それから、白ワインのマコンイジーには、
シャルドネの他に
ミュスカテという品種が使われています。
正式名称は、Chardonnay muscate 。
ミュスカやミュスカデではなく
シャルドネの仲間のようで
このエリアにしかないそうです。

3月頃から、当店ラタフィアでも
お召し上がり頂けます。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。

憧れのお菓子

R0002694.jpg

東京の銘店、オー・ボー・ヴュー・タンの
焼き菓子の詰め合わせを頂きました。

R0002693.jpg

小さな焼き菓子は18個も!
箱を開けた瞬間「わー!」と
幸せな気分になりました。

アーモンドプードルを使った
風味豊かなフィナンシェや
卵白を使ったサクサクのお菓子等・・・

有難うございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。



ひるのこのランチ

R0002677_20180226205524ec7.jpg

城南区のヴィーガン対応のお店
ひるにこのランチは
時々、パスタが準備されます。

野菜たっぷりです。

R0002679.jpg

米粉のケーキはしっとりとしています。
豆腐のクリームですが 
豆腐という感じはありませんよ。

最新の営業状況は
FBでご確認くださいね。

市内からは少し距離がありますので・・・

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。


アメリカ人のイラストレーター

R0002714.jpg

アメリカからelyserainbolt さんが
ラタフィアに寄ってくださいました。

お好みの品種はありますか?
とお聞きしたら、
ピノ・ノワールとマルベックとの事でしたので、
ブルゴーニュをお勧めしました。

彼女は、ティグルブロカンテの20周年行事の為に来日。
糸島のお菓子を持って
イラストを描くところは見せて頂きました。

R0002715.jpg

細いペンで2日間かかて仕上げています。
ペンはアメリカで買うと1本5ドル。
日本だと2ドルで帰るそうで、
日本の文房具は最高!っておっしゃていました。

20周年おめでとうございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。

やました農園のいちご

R0002726.jpg

自然の力で生まれた完熟いちごは
皮が薄くて、甘いくて、骨格のある味わいでした。

ずっと食べてみたかった、
無農薬のやました農園のいちごを
今日、頂きました。

R0002720.jpg


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。

チョコレートの勉強会

R0002652.jpg

このシンプルな包みのチョコレートは
キューバ•バラゴア産です。
今年は、ジャンポールエバンも
キューバのチョコレートを使われていました。

2月の農園を訪れ購入。
その様子は、後日綴りますね。

お味は、濃厚で、グラニュー糖のジャリジャリとした食感があります。

ワインは、ソービニヨンブランに少しセミヨンが入った
ボルドーの白ワインが良く合いました。

R0002657.jpg


こちらは、明治のメキシコホワイトカカオダーク。
ホワイトチョコレートとは別で、
カカオの種類がホワイトカカオという名前。
通常のカカオの種は紫色なのですが、
こちらは、白いのです。
そして、味わいが繊細で、シルキーな食感でした。

R0002653.jpg

こちらは、福岡・白金の パティスリーA7

フランボワーズとマンゴーのガナッシュのハートのボンボンショコラは
絶妙はバランスで、とても美味しくて
バニュルスとの相性が最高でした。

タブレット(板チョコ)のホワイトはライスパフとオレンジコンフィー
黒は、バナナ、ココナッツ、たっぷりのマカダミアンナッツが入っていて
とても贅沢な味わいでした。

バレンタインの時期しか作られていないのが残念でした。

本田シェフはシャンゼリゼ通りにラデュレにもいらしたそうで、
そのお話が、とても面白かったです。

A7ではアイスクリームも出されています。
アイスクリームにお酒を混ぜるのは温度の関係で難しいのだそうです。

R0002656.jpg

当店の山口が準備してくれた、
オ・フィルド・ジュールのボンボン。
上品な味わいで、印象的だったのが、柚子のホワイトチョコレート。
とても豊かな柚子の風味です。
バニュルスとの相性が良かったです。

R0002660.jpg

こちらも山口さんからです。
アルザスのジャムの妖精
メゾン・フェルベール。
今年のテーマは、オレンジということで
グランマニエ(オレンジの皮をブランデーにつけたもの)を使った
上品なボンボン、とても滑らかで、とても薄いコーティングです。

R0002662.jpg

こちらはフランス人  MOF のオリヴィエ・ヴィダル氏。
ブルゴーニュ・オーセロワの店舗があります。

繊細でコーティングがとても薄いです。

こちらは、コートデュローヌの赤ワインとの相性が良かったです。

R0002670.jpg

そして、10名の職人のショコラが詰まった
「Terre et Chocolat 大地とショコラ」
オオキサダハルさんのショコラには山椒が入っていて
ボルドーワインの白との相性がとても良かったです。

R0002673.jpg

こちらも珍し、ルビーカカオ。
ネスレが、世界で初めてルビーチョコレートのキットカット。
入手困難な貴重なチョコレートです。

着色料を使わず、
天然のピンク色なんです。

今年も沢山のショコラが集まりました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。




みねさきさんの個展

R0002648.jpg

薬院のアンティークショップ・イールで開催中の
みねさきさんの個展に伺いました。
「YukikoMinesaki Solo exhibition 2018」は
3月11日まで開催されています。

当店ラタフィアにも、
みねさきさんのお花の小さな絵がありますよ🎶

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。

 

ラタフィアのワイン

R0002536.jpg

フランス・スッドウエストのジュランソンセック 2004年。
美しい黄金色に熟成していました。

トロピカルフルーツやナッツの香り、
口中ではきれいな酸味が印象的でした。

品種はグロンマルサンです。

R0002550.jpg

2011年のピュリニー・モンラッシェ 1級 レ・コンベット。
ムルソーに隣接した畑です。
生産者は、ドメーヌ・ルフレーブ。

美しい熟成を遂げていました。

vin1.jpg

1997年のシャブリ 1級 モンテ・ド・トネル
ドメーヌ フランソワ ラヴノー。

若いうちのラヴノーは溌剌とした酸味があり
それが、熟成と共にとても柔らかくなります。

ミネラル感たっぷりで、まろやかな味わいです。

R0002697.jpg

アンリ・グージュのニュイサンジョルジュ。
最初は酸味が気になる!と言われましたが、
時間と共に果実味が上がって美しい味わいに変化しました。

アンリ・グージェの畑には芝が植わっており
芝と共存して樹勢が抑え
粒が小さく色の濃いブドウが収穫されるそうです。



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

マ・デ・ブレサドのテイスティングセミナー

R0002499.jpg

南フランス・ラングドック=ルシヨン地方の
コスティエール・ド・ニームの土壌は、
コート・デュ・ローヌの銘醸地、シャトー・ヌフ・ド・パップと
「ガレ」と呼ばれる、大きな石が沢山転がっています。
大きい石は、20キロもあるそうです。

オーガニックの畑には、
メスのホルモンカプセルが吊るされ、
蛾や蝶が卵を産まないようにしています。

種が茶色になっているかを確認して、
機械で収穫して、
白ワインは、ジュースにした状態で
チューブで冷やして醸造されます。

写真の左は、
素焼きのタンク、アンフォラです。

右は、見にくいのですが・・・・
なんと!ステンレ樽。
初めてみました!
価格はオーク樽の3倍、1500ユーロ 約20万円するそうです。

赤ワインは、ピラミット型のコンクリートタンクや
樽で発酵されます。

7種類のワインを試飲しました。

印象的だったのは、
コスティヨンドニームのキュベエクセレンス 2014。
北ローヌのエルミタージュのような上品な味わいでした。

R0002492.jpg

それから、素敵なイタリアワインの生産者にもお会いしました。
南イタリア・プーリア州の
ロッカ・ディ・モリ氏。

フランスやアメリカの樽を使うのですが、
樽を買うのではなく、木を買って、樽を作るこだわりの生産者です。

サリーチェ・サレンティーノと
プリミティーボがもうすぐ入荷します。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ワイン講座 アンスティチュ・フランセ九州 

R0002488.jpg

アンスティチュ・フランセ九州のワイン講座は、
フランス北部のワインをブラインドテイスティングして頂きました。

カベルネフランの特徴的な香り、
匂いスミレを香りのサンプルにお持ちしました。

この時期だけのスミレの香り、
是非、当店ラタフィアでも感じてくださいね。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

キューバの思い出を糸島で形に

R0002560.jpg

キューバで購入した絵の額を探しに
糸島のハナトライフに伺いました。

海を眺めながら、ゆっくり額縁を選びました。

it11.jpg


絵に合わせて、額を選んで頂きました。
アンティークの額縁や、アメリカやヨーローッパから輸入された
額縁を、絵のサイズに合わせて仕上げてくださいます。

1か月後の仕上がりが楽しみです。

素敵な雑貨も置いてありますよ。

糸島の大好きな空間です。



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

福岡で雪が降りました

R0002543.jpg

ハラハラと雪が舞いました。

R0002547.jpg

ここ、珍しく雪が積もりましたが
翌日には溶けて、今日は、14度と
3月下旬のポカポカ陽気でした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

50度洗いと低温スチーム

R0002564.jpg

大分県から低温スチーム薬膳レストラン 蒸士茶楼の
前田シェフがいらして、
西部ガス食文化スタジオにて、
50度洗いと、低温スチームと講座がございました。

あさり貝を50度で洗うと、水がグレーに濁りました。
それだけ、汚れているということのようです。

鉄論温泉で蒸して、干した切り干し大根と人参は
ハリハリとした食感ででした。

R0002563.jpg

鹿肉は、20分間50度のお湯に浸け、
54度で蒸すことによって、柔らかくなるそうです。

付け合わせの野菜も全て、
50度洗いにしてあります。

興味深いセミナーでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ベイサイドプレイス   レトロな休日

IMG_20180211_120339.jpg

2月11日(日)限定!ベイサイドで初の「レトロな休日」の
珈琲とワインのトークイベントで
あだち珈琲の安達さん、DJ TOM J さんと対談しました。

ワインは、ドメーヌ・バロナーク 07
珈琲は、パナマ・エスメラルダ農園のゲイシャを頂き
それぞれの味わいの表現をして、
発酵の話、
標高による味わいの違い、
素材の大切さ等、
珈琲とワインの共通点について話ました。

ゲイシャというコーヒー豆は、
50gで3000円弱!

トロピカルフルーツやキャラメルを感じる
シルキーで上品な味わいでした。
ワインで云うと、ピノ・ノワールのようでした。

ラテ

ラテアートの体験コーナーや
レトロ写真のコーナ等
私自身も楽しませて頂いたイベントでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ラタフィアでのワイン講座がございました

R0002474.jpg

ル・カノン・ミュスカ・ダレクサンドリー(サンスフル)
大岡弘武さんが手がける岡山県のワインです。
ブドウを丸ごとタンクに入れ、3日間マセラシオン、低温で発酵。
3週間の発酵の後、さらに低温にして発酵を止めてから瓶詰。
瓶内で発酵が起き微発泡となります。



R0002471.jpg

フロマージュは・・・
モンスのカマンベール
モンスのモンドール
モンスのクードサボア

次回は、4月1日 日曜日 14時に開催します。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

サロンド・ショコラ

R0002451.jpg

オ・フィル・ド・ジュールの
デザートを頂きに、岩田屋に伺いました。

1日だけの限定企画です。

カカオニブの入った、薄い、薄い、飴細工の中には、
ムースと、アイスクリーム、違う食感のショコラが入っています。

優しい味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ワイン講座 アンスティチュ・フランセ九州

R0002447.jpg

アンスティチュ・フランセ九州のワイン講座が始まりました。
今回は、13名様にご参加頂きました。

次回は、2月6日火曜日でございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

福岡自然に学ぶ会

R0002463.jpg

5分付き玄米に梅酢を混ぜ、
恵方巻きを作りました。
梅酢の生姜と、かんぴょうがアクセントになります。

生姜をさっとゆでて、梅酢に漬けます。

R0002467.jpg

大豆といりこの和え物は、
一晩水につけた大豆に、小麦粉をまぶして
5分間油で揚げます。

青菜とひじきの味噌和え、
里芋とカブのお味噌汁。

ほっとする食事です。

毎月、第一土曜日に、
東城百合子さんの考えに基づいた
料理教室が福岡で開かれています。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時



 

キューバ2日目の午前中 ハバナ散策

R0000900.jpg

ゆっくりと朝食を食べて
旧市街散策にでかけます。

R0000902_20180226213635373.jpg

オムレツにトマトとネギが
この宿の定番卵料理です。

ねぎとトマト合いますね。

R0001455_20180205022007937.jpg

1950年代のヴィンテージカーは、
タクシーなんですよ。
この磨き上げられたオープンカーは
少々高めです。
1時間30CUC。

R0001457.jpg

葉巻売りの女性は、
写真を一緒に撮るとチップを要求されます。

R0001458.jpg

貫禄ある
葉巻を吸う女性。

R0000893.jpg

街中で、みかける、
英雄、チェ・ゲバラのイラスト。

R0000892.jpg

そして、若き日のカストロ。

R0000986.jpg

公衆電話。

R0000917.jpg


日本が支援してできたプラネタリウム。

R0001432.jpg

キューバは、クラッシックバレエも有名なのです。
アリシア・アロンソさん97歳が率いる
キューバ国立バレエ団。

劇場ツアーに参加しました。
ガリシア様式の重厚な作りです。

バレエの上演は、週末だけで
今回は観劇できませんでした。

R0001431.jpg

この車は、自家用車でしょうか。

R0000775.jpg

ハバナの旧市街、チェントロは歩いているだけでワクワクします。

R0000992_20180226213546952.jpg

旧市街のカテロラルの中は
コロニアルアート博物館になっていて
16世紀からの調度品や家具等が展示されています。

R0001439.jpg

30分程歩いて
中華街に。

R0001418_20180226213635a0f.jpg

この黄色い教会の周りには
沢山のひまわりのブーケのスタンドがありました。

R0001415_20180226213544af1.jpg

お供えの花のようです。

R0000780.jpg

14時、タクシーが宿に迎え来ました。
古いシュボレーです。

憧れのクラッシークカーで
空港まで、40分のドライブ。
25CUC。

ワー素敵っ!と思ったのは最初だけ・・・
揺れるし、オイルの匂いが気になります。

国内線で、ハバナからサンディアゴ・ディ・キューバまで
90分のフライトです。

*1CUCは1ドルです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

良かったら、いいねを押してください。
皆様のいいねが、キューバ日記を書こう!という
意欲に繋がります。

キューバ散策 1日目 ヘミングウェイが好んだバー巡り

R0000402.jpg

旧市街の入り口にある
フロリティータへ。

R0000412.jpg

ヘミングウェイがのブロンズ像があり、
皆がフローズンダイキリを頼み、
塩気のあるバナナチップスつまみ、
記念撮影をしていました。
キューバ音楽の生演奏もありました。

R0000422.jpg

バーでは、3つのミキサーがフル回転。

砂糖抜きのパパ・ヘミングウェイを頼むつもりが、
普通のダイキリを注文していしまし、
甘〜いダイキリでした。
1杯、6CUC (6ドル)です。

ベースのラムは、
ハバナクラブ3年でした。

R0000471.jpg

次に伺ったのは、
ボデギータ。
演奏が素敵で、ハバナ滞在中3度、足を運びました。

R0001012.jpg

ダイキリはフロリディータにて
モヒートはボデギータにてとう
ヘミングウェイが言葉を残しいます。

ずっと伺いたかったお店です。

キューバのモヒートには、
ペパーミントミントでなくて、
バジル風味のキューバミントの
<イエルバ ・ブエナ>を使います。

茶色の砂糖、ソーダ、ミントを入れ
木製マドラーで混ぜます。

このマドラーが欲しかったのですが、
譲って頂くことはできませんでした・・・

日本で頂くモヒートは、炭酸水が効いていますが、
現地で何度か頂いたモヒートには、炭酸をあまり感じませんでした。
ハーブの抽出の為に、炭酸を使っているのかなと思いました。

最後に、ハバナクラブ3年と
氷を入れて、提供されます。

美味しモヒートでした。

R0000478.jpg

葉巻ケースです。

R0000483.jpg

ガスライターで火が灯されます。

R0000487.jpg

バデギータはいつも観光客であふれています。

R0000896.jpg

キューバ滞在1日目、
雨に悩まされた1日でしたが
良く動き、沢山の感動を頂きました。

ハラハラドキドキのキューバの旅、
後9日続きます。

★現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

良かったら、いいねを押してください。
皆様のいいねが、キューバ日記を書こう!という
意欲に繋がります。


ハバナクラブ見学 キューバ1日目

R0000866_20180201021132056.jpg

ラム酒ハバナクラブ博物館を見学しました。

R0000869.jpg

待合スペースには、
サトウキビをジュースにする機械があり、
搾りたてのサトウキビジュースカクテルを
頂く事ができます。

R0001005.jpg

ここは、博物館で、ラムの製造工場は、
隣町にあり、工場に入るには、ビジネスビザが必要だそうです。

写真は、
1930年のラム工場のミニチュアです。
機関車が動きます。

R0001003.jpg


R0001006.jpg

100%キューバ産のモラセス(廃糖蜜)で作られます。
モラセス、水、イーストを発酵させて、

R0001007.jpg

蒸留します。

R0001015.jpg

そして、活性炭でろ過をして、
スコットランドやバーボン、シェリー樽で熟成させます。

R0001019.jpg

キューバ国内に8名のマエストロがいて、
そのうち4名は、ハバナクラブにいらっしゃるそうです。
マエストロによって、ブレンドされたラムは、

R0001021.jpg

瓶詰めされ、世界中に出荷されます。
1番の輸出国は、アメリカです。

R0001027.jpg

特別に3種類のラムを試飲しました。

1・マエストロ
8名のキューバのマエストロがブレンドしたラムです。
ワインでいうとピノノワールのように柔らかい味わいで
余韻にグアバのようなフレーヴァーが残りました。

2・15年 マキシム
スパイシーで複雑な味わいでした。

3・ウニオン コイバ
1人のマエストロと1人のシガーソムリエによって生まれた
葉巻のコイバに合うラムです。
力強い味わいでした。

R0001029.jpg


R0001039 (1)

ハバナクラブで最高のラムは
1700CUC 約20万円。
100年熟成されたラムがブレンドされている1本です。


★現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

キューバ散策 1日目 お昼ご飯

R0000862_20180201021128b5e.jpg

ハバナ生まれのクラウディアさんと13時に
カフェ・デル・オリエンテで待ち合わせです。

R0000858.jpg

最初に出てきたのは、
ひよこ豆とクリームチーズのディップです。

R0000857.jpg

スターターは、
レタスとチーズ、パパイヤのサラダ。
ボリューム満点、シンプルな味わいです。
自分で、ビネガーとオイルをかけて頂きます。

R0000860.jpg

メインは、シェフのおすすめ、
タコ、魚、えび、オマールのスパイス・トマト煮。
しっかりと煮込まれています。

R0000863.jpg

お茶は、
ティレ(リンデン)というハーブティーを頂きました。
キューバではメジャーなハブだそうです。

R0000861_20180201021129cda.jpg

「デザートはいいの?」
と聞かれますが、お腹いっぱいです。
お隣の男性4人は、
大きなチョコレートケーキに、白いヴァニラアイスが
添えらた1皿を食べられていました。

英語が堪能で、フランス語を勉強中の彼女は、
仕事で世界中を飛び回っています。
最近はYogaが趣味との事。
「ハバナでYogaができるとこ教えて」と聞くと、
「DVDを見てやってるの」との事でした。

私は、スーツケースにYogaマットを忍ばせ、
旅先でもでYogaを続けております。

★現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

キューバ散策 1日目

R0000839.jpg

福岡からトロント経由でハバナまで、
合計16時間半のフライトです。

福岡の空港で、「トロントで荷物を取り出して」と
誤った情報で、不安の中、
トロントの大寒波で3時間遅れでハバナに到着しました。

深夜12時。
宿にお願いして空港まで迎えてきてくれた
タクシーは、Tomomiのネームプレートを掲げて
待っていたくれました。

荷物も無事にピックアップできて、
宿に着いたのが1時前。
宿のオーナーも待っていてくれたのです。

ほっとしました。

キューバではホテルでなく
カサと呼ばれる宿に宿泊しました。

民泊も多いようですが、私が予約したカサは、
プチホテルです。
各部屋に、トイレ、シャワーが付き、
真っ白い清潔なシーツが準備されています。

R0000797.jpg

朝食はフルーツから始まります。

R0000799.jpg

トマトとキューリの上には
ネギ!が乗っています。

オムレツ、チーズ、パンが
キューバの宿の定番の朝食です。

カサコロニアル ヤディラスイホエル
ハバナのチェントロ地区にありオススメの宿です。

1泊40〜50UCで朝食付きです。

この宿は、最初の2泊と、
最後の2泊、宿泊しましたが、
最終日は連泊できず、徒歩5分の海側の部屋に案内され、
3階で、階段が大変だ!と思いましたが、
できたばかりで、とても清潔なお部屋で満足でしたよ。

R0000827.jpg

パルタガス葉巻工場のチケットを買いに、
パルケセントラルホテルに出かけましたが、
25日まで休みとの事でした。

中華街の近くにある、パルタガスの昔の工場でも
葉巻が帰るとの事で行ってみましたら、
守衛が、「コイバ5本で30CUCで売ってあげるよ」
と、噂に聞いていた、横流しの葉巻を勧められました。

キューバ人の賃金は1ヶ月25〜35ドルだそうです。
多くの人は、他にビジネスをして生計を立てているそうです。

R0000843.jpg

次に国立美術館に伺いました。
キューバの近代美術を見る事ができます。

R0000835.jpg

そして、お昼からは、
キューバ人女性と待ち合わせです・・・

★現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索