宮崎野菜を食べに

IMG_5275.jpg

宮崎県からいらした
BOOZAのランチを頂きました。
宮崎野菜をたっぷり使った食事でした。
皮から作る水餃子、魯肉飯、
桃と金木犀のゼリー等、
台湾の香りを感じる膳でした。

IMG_5284.jpg

そして、『POPEYE』、『アックス』等で連載されている
漫画家・堀道広さんに似顔絵を描いて頂きました。

IMG_5279.jpg

今日もラタフィアは
19時から営業致します。


★8月6日 日曜日 14時から
夏のワイン講座 
会費 5500円 ワイン5種類 チーズ3種類
会場:ラタフィア 薬院
お申し込みはお電話でお願いします
092-732-9702

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

深夜12時から始まるブラインドテイスティング

IMG_5100.jpg

10月16日に開催される
ソムリエ協会主催の
ブラインドテイスティングコンクールの勉強会を
フラマンローズ・アムリタで開催して頂きました。

IMG_5083.jpg

北海道のケルナー、
ラングドックのヴィオニエ、
ロワールのソービニヨンブラン、
オースオラリアのピノグリ、
ニュージーランドのシャルドネ、
北イタリアのシャルドネ、
シノンのカベルネフランが揃いました。

大変勉強になりました。

ご協力頂きました皆様、
本当に有難うございました。

★8月6日 日曜日 14時から
夏のワイン講座 
会費 5500円 ワイン5種類 チーズ3種類
会場:ラタフィア 薬院
お申し込みはお電話でお願いします
092-732-9702

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



ニコーラでの食事会

FullSizeRender-12.jpg

東京から、萩原雅彦シェフがいらして
大名のニコーラでイベントがございました。

ナスやパプリカのディップ、
豆アジのビール揚げ、
レモンリゾット、
トロフィエのジェノベーゼ、
子羊のスコッタディート、
ヘーゼルナッツのタルト等魅力的なお料理の数々が
テーブルに並びました。

IMG_5246_201707292338477f5.jpg

天草からは、
イルボッコーネをされていた、
杉江シェフもいらしていましした。

IMG_5265.jpg


トロフィエは、
沖宗シェフと3人で作られ、
ジェノベーゼは、本場では、トロフィエで作るんだよと
教えてくださいました。

IMG_5247.jpg

そして、ポンヴィーノでは、
シャルル・エドシックの
Executive Directorの
Stephen LEROUX氏がいらして、
シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴと
ロゼを頂きました。

ブルッド・レゼルヴには、
10年〜20年熟成された
レゼルブワインも使われているそうで、
複雑な味わいでした。

ルロー氏は、日本の食事は全部好きだけど、
豆腐だけが苦手なのだそうです。

充実した時間を過ごしました。

★8月6日 日曜日 14時から
夏のワイン講座 
会費 5500円 ワイン5種類 チーズ3種類
会場:ラタフィア 薬院
お申し込みはお電話でお願いします
092-732-9702

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ラタフィア6周年記念コンサート 

ラタフィア6周年記念コンサート
 リュートと大渕リエの料理を

R0090124.jpg

7月14日に
ラタフィアは薬院に移り6周年を迎えました。

毎年、パリ祭には
音楽と食事の会を開催しております。

R0090096.jpg

今回は、リュート奏者の、太田耕平さんが
素晴らしい音色を奏でてくださいました。

料理は、イルソルレバンテで11年勤めた
大渕リエさんにお願いしました。

R0090058.jpg

前菜は、ヤリイカのファルシーでした。
一緒に旅した、プロヴァンス地方のイメージで作って頂きました。

メイン料理は、リバーポークのハーブグリル・マイユのトリュフマスタード添えです。

優しく、ナチュラルな味わいでした。

R0090050.jpg

素敵なお花を頂きました。

皆様に支えられ、6周年を迎える事ができ
心より感謝を申し上げます。

R0090138.jpg

仕事が終わり、櫛田神社に参拝して、
山笠に行き、元気を頂きました。
今年は、土曜日なので多くの人で賑わっていました。


★8月6日 日曜日 14時から
夏のワイン講座 
会費 5500円 ワイン5種類 チーズ3種類
会場:ラタフィア 薬院
お申し込みはお電話でお願いします
092-732-9702

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

 

アヴィニヨンの思い出

<フランス滞在5日目>
R0089610.jpg

1998年、アヴィニヨンの
ホテルドゥーロップのバーでの研修が始まりました。
毎日、1件のホテルやレストランにC.V(履歴書)を持って行き
10件くらい断られ、唯一受け入れて頂いたのが
ナポレオンが滞在したという、歴史あるホテルドゥーロップでした。

R0089631.jpg

アヴィニヨンに訪れると必ず立ち寄るホテルです。
今回は、朝のお茶を頂きました。
優雅な時間が流れています。
一緒に働いていたバーマン、グザビエもお会いすることができませんでしたが、
メールを頂きました。

右も左も分からなかった当時を思い出しながら
ヴェルヴェンヌ(ハーブティー)を頂きました。

R0089657 (1)

そして、rue des teinturiers タンチュリエ通り。

R0089661.jpg


ここには昔染物屋さんがあったそうです。
この水車が好きで、この道を通って仕事に通っていました。

R0089660.jpg


当時はこの通りのお酒屋さんがあり、
量り売りワインを買っていましたが、
現在は、無くなっているようです。

R0089639.jpg

プラスピーで、皆んなが一休みしている間に
マルシェで買い物をしました。

R0089679.jpg

女性のショコラットゥリー、アリーヌ・ジェアン に立ち寄りました。
パリのメゾンドショコラで修行し、
現在は、東京のサロン・ド・ショコラにも
来日されているそうです。

6月30日からセールが始まり、
街は活気に満ちていました。

リネンのカットソーで有名な
マジェスティックもアヴィニヨンにできていました。

R0089682.jpg

エクスヴェンプロヴァンスで
弓道をされているともこさんが
アヴィニヨンに来てくださいました。

最後にグランホテルでお茶をして、

R0089689.jpg

TERでアヴィニヨンTGV駅に移動して、
パリに移動しました。

皆様、大変お世話になりました。

アヴィニヨンでの時間が足りない程、
沢山の方々に会え、懐かしく、充実した2日間を過ごすことがでみました。

Merci!

*現在、吉村は福岡に戻り、ラタフィアで働いております。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


アンスティチュフランセの秋講座のご案内です

R0089497_201707151743205f5.jpg


フランスの基本的な品種を学びながらボジョレーヌーボ、ノエル等のイベントに沿ったワインをご紹介を致します。
五感でワインを感じながらお楽しみください。初心者の方もご参加いただける講座です。

火曜日 19時から20時30分

1・10月10日   フランスワインの基本品種 味わい表現の基礎知識
2・10月24日   フランスワインと世界のワインの比較
3・11月14日   自然派ワインの最新情報
4・11月28日   ボジョレーヌーボ解禁! ガメイとピノノワールの魅力
5・12月19日   ノエルのショコラとワインの相性

1回 5000円
5回 23500円

お申込みはアスティチュフランセ九州にお願いします。
092-712-0904

会場は、アンスティチュ・フランセ九州です。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ボリー村とラヴェンダー博物館

R0089530.jpg

<フランス滞在4日目>
village des bories。
石作りの昔ながらの家を見たくて、
ボリー村に行きました。

離合できるかできない程の細い道を進みます。

R0089508.jpg
 
7世紀から18世紀の石造りの家です。
石のみで作られて、中に入ると涼しいです。

20戸の修復されたボリーがあり、
ワインカーブや、家畜小屋もありました。

R0089515.jpg

入場料6ユーロです。

R0089538.jpg

そして、ラベンダー博物館へ。
ラベンダーとラヴァンジンの違いを知りました。

ラベンダー(lavande fine)は1の枝に1つのお花で
標高の高いところで栽培されます。精油用です。

ラヴァンジン(lavandin)はハイブリットで、
1本の枝に3つの花が付いています。
石鹸や生活雑貨に使われます。

最後に頂いた、オーガニックのラベンダーのお茶が美味しかったです。

R0089551.jpg

アヴィニヨンに戻り、
ひまわり畑や、

R0089573.jpg

アヴィニヨンの橋を眺めながら

R0089556.jpg

タプナードやピッツァ、アンチョビ、
シフォンに切った生ハム、アプリコットのプリン等を頂きました。

R0089585.jpg

ホテルに戻ると雨が降り始めました。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

セナンク修道院 ゴルド

R0089453.jpg

<フランス滞在4日目>
南仏で大好きな場所、ロマネスク建築のセナンク修道院。
1148年に設立されました。

R0089449.jpg

修道院では、ラヴェンダー栽培され精油として売られています。
ラヴェンダー精油とハチミツを購入しました。

R0089436_20170711010830e90.jpg

コルドの町から下る途中です。
この道は、夏になると一方通行になるので
ご注意ください。

R0089456.jpg

お昼ご飯は、コルドの町で頂きました。

R0089461.jpg

前菜に手作りのラヴィオリグラタン、
主菜はサンピエール(的鯛)を、
大渕さんは沢山の野菜とトマトのオイル漬けが贅沢に使われた生ハムサラダ、
山口さんは仔牛のカツレツ、
ゆきこさんは、大きなピッツァ・ロワイヤルを、
皆で楽しく頂きました。

R0089468.jpg

映画の舞台になった広場や、

R0089479.jpg

可愛らしい教会、

R0089484.jpg

美しい眺め、

R0089485.jpg

ロバの為の階段。

有名なハチミツ店で
ラヴェンダーのハチミツを購入しました。

ゆきこさんの説明で短時間で
沢山の事を知りました。

R0089497.jpg

テラスと呼ばれる、
ゴルドを一番美しく眺められるスポットです。
<天空の鷲の巣村>が浮かび上がっています。

次回はコルドに1泊したいです。


★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



ドメーヌペゴーを訪問

R0089432.jpg

<フランス滞在4日目>
9時にホテルを出発して、9時40分にドメーヌペゴーに到着しました。
運転は、友人のゆきこさんがしてくださいました。

R0089431.jpg

シャトーヌフデュパプの古典的な生産者で、
マダムは何度も日本にいらいてます。

トップ・キュヴェのダ・カポは、シャトーヌフデュパップと同じ作り方で、
良いキュベだけを選び、ダ・カポとしてリリースされます。
今までに、1998年,2000年,2003年,2007年、2010年が作られました。
現在、在庫は無いそうです。

R0089397.jpg

シャーヌフデゥパップの畑は
この大きな石に熱が蓄えられ、夜になっても畑の温度が下がりにくいのだそうです。

R0089414.jpg

アメリカ人、フランス人、中国人とインターナショナルな試飲会です。

R0089412_20170711003457bf9.jpg

1・ロゼ 2016
品種は、サンソーです。セニエの美しいサーモンピンクの厚みのあるロゼワインです。

2・シャトーヌフデゥパップ 白 2016
ライム、グレープフルーツ、洋梨、ハーブの香りでクリアで厚みのある味わいです。
クレレット60%、グルナッシュ・ブラン20%、ルーサンヌ10%、ブールブーラン10%

3・コートデュローヌ 2016
茎ごと仕込んでいます。果実味豊かな味わいです。
グルナッシュ60% シラー、ムールベードル、サンソー

4・コートデュローヌ ヴィラージュ 2016
スパイシーさが加わり、余韻に乾いたタンニンが残ります。

5・ヴァンドフランス 2014
メルロが入るため、ヴァンドフラスでのリリースです。
果実味が出て飲みやすいワインです。

6・シャトーヌフデュパップ  2014
ブラックチェリー、カシスリキュール、シナモンの香りを感じます。

7・シャトーヌフデュパップ 2013
少し熟成感がでています。

8・シャトーヌフデュパップ キュベローランス 2012
エレガントな味わいでした。

9・シャトーヌフデュパプ・キュヴェ・ダ・カポ 2010
3日前の息子さんのお誕生日に開けたそうで、特別にと出してくださいました。
ブラックチェリー、スミレ、スパイス香りがあり
エレガントでリッチな味わいです。
憧れのワインを
マダムと一緒に頂く事ができ、なんて幸せなのでしょう!
ダ・カポの裏ラベルには、楽譜がございます。
この音色はネットで聞く事ができるそうです。
「作曲してくれる人も探しているの」とマダムがおっしゃってました。

2015年ヴィンテージが
来年1月にリリースされる予定だそうです。

そして、白のキュベアテンポも
もう少ししたらリリースされるようです。

R0089420.jpg

地下のセラーも見せて頂きました。

R0089421_20170711002608608.jpg

ビオディナミーにも挑戦しているそうです。

R0089427.jpg

有難うございました。


★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

アヴィニヨンの中央市場、レアールのご紹介

R0089388.jpg

<フランス滞在4日目>
アヴィニヨン市民の台所、レアールは
朝から13時までの営業です。

R0089376.jpg

レアールから徒歩5分の家に住んでおりましたので
毎日、ここのパンを食べていました。
大きなパンですが、カット売りもしてくれます。

R0089383.jpg

アヴィニヨンで知り合った
バレリーナの千尋さんに教えてもらって以来、
野菜とフルーツ入り口の八百屋で買うと決めていました。

ちょうど、ブラックチェリーの時期、
南フランスの香りの表現にも使われるブラックチェリー、
肉厚で美味しいんですよ。
沢山食べました🎶

アプリコット、プルーンそして、小さな洋梨・・・
どれも新鮮で美味しかったです。

R0089367.jpg

チーズ屋さんも素晴らしいんです。
本間るみ子さんの本にも出てくるんですよ。
朝食に、ボーフォール・エテ、コンテ、カンタルを買いました。

R0089382.jpg

それから、こちらのタプナードもアヴィニヨンで1番です!
アンショワ(イワシのムース)もオススメです。
オリーブも色々試食して買いました。
パプリカの詰め物、イワシの酢付けは大渕さんから頂きました。

R0089633.jpg

次回はキッチンがあるホテルに滞在して
魚も食べたいです。

新しく、牡蠣専門店や、BIOの店、キヌア等を使ったスーパフードのお店も出来てきました。
スーパーフードのお店で買った、人参ジュース1本3ユーロ!
甘くてとても美味しかったです。

R0089635.jpg

こちらは、BIOの肉を扱うお店です。

あっという間に時間が過ぎ、
ホテルに戻り、急いで朝食を頂き
シャトーヌフドパップに出発です!

アヴィニヨンにいらしたら、
是非、レアールにお立ち寄りくださいね。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


ラベンダー畑からアヴィニヨンに移動

R0089245.jpg

<フランス滞在3日目>
モンブリソンのラベンダー畑です。
精油を取るために栽培されています。

R0089247.jpg

6月末から7月にかけて
南フランスはラベンダーが満開になります。

R0089256.jpg

今回運転をお願いした純子さんは、
モロッコ人のご主人と
アヴィニヨンで旅行会社を経営されています。

帰りは純子さんお宅に寄りました。
7年前に1ヶ月弱、こちらのお宅に住んでいました。
子供達との懐かしい再会です。

男の子は3つ子なんですよ。

R0089259.jpg

ホテルは駅近くのグランホテルです。
2部屋あり、大きなクイーンベットです。
また泊まりたいなと思うホテルでした。

R0089274.jpg

法王庁まで散歩して、

R0089298.jpg

アヴィニヨン散策です。
1998年から99年までこの街で過ごしました。

R0089329.jpg

20時30分、
フォシェットでディナーです。
写真は、魚のムースです。
私は、タイのピストゥーを頂きました。
牛ほほ肉のアヴィニヨン風も美味しかったです。
デザートは、アプリコットのタルトタタンを少し頂きました。

サービスの方、ソムリエの女性はトロワグロから来たそうです。

R0089343.jpg

オススメのレストランです。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ドメーヌグラムノン訪問

R0089178.jpg

<フランス滞在3日目>
サンペレを出て
高速のサービスエリアで軽くランチを頂きました。

R0089165.jpg

グラムノンのある
モンブリソンの村までナビでは1時間半で着く予定でしたが、
2時間以上かかってしまい、
14時訪問予定が、
15時になってしましました。
電話とメールでその旨を伝えましたが、

「明日の15時に来てくれ」と言われました。

「申し訳ございません。日本から来ているから明日伺うのは無理です」と伝えると

少しだけならばと、案内してくださいました。
ほっと胸をなでおろしました・・・

R0089200.jpg

26haの畑の内17haがグルナッシュです。
モンブリゾンとヴァンソーブルに畑を所有しています。 
写真は、グルナッシュの畑です。
樹齢130年の樹もございます。

R0089192.jpg

この畑の奥にはラベンダーが満開です。

グラムノンの畑はビオロジクで
プレパラシオン(自然の肥料)もマダムが作っています。
酵母もブドウについている天然酵母です。

R0089189.jpg

3年に1度、マール(ブドウの絞りかす)と
ボビー・ド・カカ(羊の糞)を撒きます。

R0089213.jpg

ステンレスタンクと樽を使い
発酵、熟成させます。

R0089226.jpg

試飲の時間です。

1・ ラ・ヴィ・オ・ニ ・エ コート・デュ・ローヌ 2016
70%ヴィオニエ 30%クレレ 白桃、グレープフルーツの香りが華やかでまろやかな味わいです。

2・ポワニエ・ド・レザン 2016
若木のグルナッシュで、ステンレスとコンクリータンクの醸造です。
カシス、ブラックチェリー、ハーブやシナモンの香りが豊かに香り、果実味たっぷりのワインです。
当店、ラタフィアでもお出ししています。

3・イル・フェ・ソワフ 2016
こちらはお隣の方から買ったブドウで作られています。
グルナッシュ 70% シラー20% サンソー10%
美しい果実味と柔らかいタンニンです。

4・コート・ディ・ローヌ・シエラ・デュ・シュッド 2016
シラー100%
ステンレスで発酵させ、樽で寝かしています。
ブラックチェリー、ブラックベリー、黒胡椒の香りが豊かに香ります。

5・コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ 2016
グルナッシュ 75%  シラー25%

R0089238.jpg

ここからは、樽の中からの試飲です。

6・キュベ・ボア 2016
隣からの買いブドウのグルナッシュで作れています。
果実味豊かです。

7・キュベ・ラ・メメ
樹齢130年のグルナッシュも入っています。
エレガントで美しい果実味です。

8・ヴァンソーブル キュベ・ラ・パペス
ミネラル感を感じる味わいでした。

そして、マグナムのグルナッシュをお土産に持たせてくださいました。
果実味たっぷり、ミネラル感も豊かで
体に優しい味わいでした。

アヴィニヨン橋を眺めながら友人達と頂きました。

R0089241.jpg

とても温かい方々でした。

R0089243.jpg

丁寧に説明して頂き、
沢山の試飲を頂き本当に有難うございました。
大変勉強になりました。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

香取薫先生のインド料理教室

R0090034.jpg

多くインド料理本を出版されている
香取先生が福岡にいらっしゃいました。

R0090018.jpg

家庭料理とレストラン料理の違いは、
家庭料理は家族の健康を考えスパイスを調合し、
食べた後には体調が良くなります。

レストラン料理は、味の充実の為に、ゴージャスな味を出す為にスパイスを使います。

R0090014.jpg

当たり前のものを、当たり前に美味しく作る
香取先生のインド料理は、
きれいな味わいでした。

R0090015.jpg

ダールタルカ、
北インドのアールーマタル、
南インドのパリヤル、
カルダモンチャーエを
教えて頂きました。

沢山の福岡在住のインド仲間と
素晴らしい時間を共有しました。

インドのご縁に感謝の2日間でした。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



とらさんの南インド料理

R0090004.jpg

年に2回、東京からとらさんが
ミールス(南インドの定食)を作りに
福岡に来てくださいます。

R0089994.jpg

こんなに沢山の料理が
バナナの葉に盛られます。

全部、野菜料理ですよ!

ドラムスティックという
細長い筋のある野菜が使われていました。
アーユルヴェーダに使われる野菜です。
沖縄でも栽培されているようです。

インドのアシュラム(お寺)で、
初めてドラムスティックを食べた時に、
イラストレーターの若山ゆりこさんが、
「これ、とても栄養価の高い野菜なんだよ」と
教えてくださいました。

R0090011.jpg

山形さくらんぼのクトゥー、
タマリンドライス、
そして、生トマトで作ったラッサム等
沢山の南インド料理を頂きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ワイン講座がございました

R0089989.jpg

7月4日から
夏のワイン講座が始まりました。

今回からは、1回のみの参加が可能になりました。

フランス北部の産地のワインを中心に、
ブラインドテイスティングで楽しんで頂きました。

R0089986.jpg

毎週火曜日は、定休日を頂いております。
お昼は、ゆっくりと
大名のニコーラで過ごしました。

7月18日火曜日には
シュブロカオリさんが
ブルゴーニュから、
アンスティチュ・フランセ福岡に
来てくださいます。
19時から20時30分。
会費 5000円です。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ボーヌからサンペレ ラ・グランドコリーヌ

R0089102.jpg

<フランス滞在3日目>

朝6時50分の列車でボーヌからリヨンまで移動し
リヨン駅のポールで朝食を買い、TGVの中で頂きました。

9時45分サンペレに着きました。
7年振りに再会する、純子さんが待っていてくれました。

予定より30分遅れて、サンペレのラ・グランドコリーヌに到着、
大岡さんと、福岡出身の牧さんが迎えてくれました。

R0089114.jpg

「まず、畑を見にいきますか」と
車に乗り換え、10分程山道を走り
15分程山道を歩き、コルナスの畑に到着しました。
すごい傾斜です。
靴にアイゼンを付けて、畑仕事をしているそうです。
山だったところを開墾して畑にしたそうです。

http://www.lagrandecolline.fr/j_concept.html

元気なシラーが育っています。
肥料も撒かない、耕さない自然農法です。

R0089112.jpg

とても心地の良い畑です。

R0089144.jpg

蔵に戻り、地下の貯蔵庫で樽からの試飲を致しました。

1・サンペレ マルサンヌ 2014 
3年も樽に入っているのに生き生きとしていてミネラル感豊かです。

2・サンジョセフ 2015
カシス、スミレの砂糖漬け、黒胡椒の香りが華やかです。

R0089152_20170710210112325.jpg

3・ミュスカダンブール 
南ローヌのコルド産のブドウで仕込まれています。
4度に冷やして発酵を止めています。残糖は10g/lです。
華やかな味わいです。 

4・ル カノン 2016
全体的に軽やかな年だそうです。
グルナッシュ、シラーとメルロで作られています。

5・サンジョセフ 2014
2014年にはスズキという虫が発生しました。
この虫の被害は、皮を破られ、酢酸菌が繁殖するようです。
この年はマセラシオンを短くして、2年間樽で寝かせました。

R0089153.jpg

6・コルナス 2015
先程伺った畑のワインです。
カシス、シナモン、スミレの香りが豊かで最後に乾いたタンニンが
心地よく残ります。


最近気になっている
白ワインのマロラクティック発酵(乳酸発酵)について聞いたところ、
自然に任せているが、ほぼマロは自然に起きるとの事でした。

現在、大岡さんは
岡山県でもワインナリーを始められました。
マスカットアレキサンドリアや貴公子等でワインを仕込まれるそうです。
いつか岡山県にも伺いたいです。

7月14日のラタフィアの6周年コンサートにて、
大岡さんが作られた、ル・カノンロゼをお出しする予定です。

*現在、吉村は福岡に戻りラタフィアで働いております。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ドメーヌ・フルーロ・ラローズ 訪問

R0089048_201707090040587a0.jpg

<フランス滞在2日目>
フルー久美子さんのお会いしたくて
サントネに伺いました。

1843年に建てられたドメーヌは、
1912年に現在の当主、久美子さんのご主人の
ニコラ氏の曽祖父様が、DRCのオーナーのジャック・マリ氏から購入されました。

昔はこちらでロマネコンティが瓶詰めされていました。

地下3階、地上2階の大きなお屋敷、
久美子さんもまだ、行ったことのない場所もあるそうです。

R0088990.jpg

地下2階の温度は11・5度
地下3階の温度は10・5度です。

地下セラーには
100年以上経った美しいカビに
ワインが守られていました。

第二次世界大戦の時には、
お屋敷はドイツ軍に占領されました。
貴族出身の指揮官が、
「セラーに勝手に降りるな」という張り紙をして
ワインは守られました。

フルーロ・ラローズは、モンラッシェの畑も所有しています。
2016年は霜の被害で生産量が減りましので、
6ドメーヌ合同で仕込むことになりました。

朝7時、6ドメーヌの当主と収穫隊のみでの収穫して
皆の前でブドウを計りました。
通常30樽できるモンラッシェですが、
この年は、2樽分のブドウしか収穫ができませんでした。
これらのブドウはルフレーブで仕込まれ、
チャリティー等のイベントで1人でも多くの人々と分かち合いたいとおっしゃってました。

6ドメーヌとは、
フルーロ、DRC
コント・ラフォン、
ルフレーヴ、ギィ・アミオ、ラミィ・ピヨです。

R0089034.jpg

沢山のワインを試飲させて頂きました。

1・アリゴテ 2015
厚みがあり、シャルドネのようなリッチな印象でした。

2・サントネ プルミエクリュ クロ・デュ・パス・タン 2014
柑橘、コリアンダーシードの香りが広がり、ミネラル感豊かな白ワインです。

3・シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ クロ・ド・ラ・ロックモール 2014
グレープフルーツ、洋梨、マロンの香りが広がり美しいミネラル感です。
平均樹齢 80年。

4・シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ アベイ・ド・モルジョ 2011
1948年の価格表では、グランエシュゾー・モンラッシェ・アベイドモルジョが同じ価格だったそうです。
黄金色で粘性が豊かで洋梨、黄桃、スパイス・・・複雑な香りを感じます。

5・シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ アベイ・ド・モルジョ 2007
洋梨、黄色りんご、金木犀の香りを感じ、熟成感からくるナッツの香りも感じます。

6・サントネ プルミエクリュ クロ・デュ・パス・タン 2015
フランボワーズやカシスリキュールの香を感じ優しくエレガントな赤ワインです。

7・サントネ プルミエクリュ クロ・デュ・パス・タン 2014
果実味豊かで、余韻にきめ細やかなタンニンと果実味が広がります。

8・ラタフィア
フィーヌが効いていて大人の味わいです。

9・オスピスドボーヌ フィーヌ 2011

10・シャサーニュ・モンラッシェとサントネのワインジャム
贅沢な味わいのジャムでした。


R0089062.jpg

サントネからボーヌに戻り、
カルノ広場のテネウム(Athénaeum )で
キャンドルと地図を購入しました。
ボーヌで必ず立ち寄る
ワイングッズのお店です。

ホテルは駅前のホテル・ドゥ・フランスです。
バスタブがあり、清潔なホテルでした。
エレベーターが無いので、荷物が多い時にはご注意ください。

R0089076.jpg

日曜日の夜は、
アコーディオンの音色に耳を傾けながら
カフェで軽くサラダを頂きました。

*現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております

★7月14日 金曜日 19時から
ラタフィア 6周年コンサート
リュートと大渕リエのお料理を🎵
残席2

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ブルゴーニュのドメーヌ訪問 Domaine Chevrot et fils en Bourgogne  Maranges


<フランス滞在2日目>

R0088951.jpg

ブルゴーニュの南、マランジェ村の
ドメーニュシュブロに伺いました。

かおりさんとは、ボルドー留学時代の友人です。

7月18日 火曜日には
アンスティチュフランセ・九州での
1日ワイン講座もありますので、
是非、会いにいらしてください。

R0088917.jpg

ドメーヌの前には
アリゴテが植えられえいました。
馬で耕されているテュイレの畑です。

R0088916.jpg

丘の左上が、
マランジェ1級のラ・フシエール。
凝縮感あるピノ・ノワールの畑です。

R0088970.jpg



★7月14日 金曜日 19時から
ラタフィア 6周年コンサート
リュートと大渕リエのお料理を🎵

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


ブルゴーニュの畑を知る

<フランス滞在2日目>

朝は、ディジョンの中央市場で開かれる、ブロカンテ(蚤の市)に行きました。
クリストフのシルバー製ナイフ&フォーク、
リネンやダマスク織のクロス、
虫の標本、アンティーク家具等
魅力的な物が沢山ございました。

ブルゴーニュ生活の鈴木さんに運転をお願いして、
10時にディジョンを出発し、
フィサンから、畑の中を車で走りました。

R0088815.jpg

ジュブレシャンベルタンのルソーの前の畑では
馬による耕作が行われていました。

グランクリュ街道を南下して
マジ・シャンベルタンの畑では、
馬の耕作体験に参加しました。

IMG_3555.jpg

馬と、畑に入って畑の中を歩きました。
時々、馬が葡萄の樹にぶつかります。
それを、飼い主がコントロールして
軌道修正しながら進みます。
馬耕作の難しさを知りました。

R0088820.jpg

次は、シャンボール・ミュジニィの村です。
いつか、訪問したいヴォギュエは教会にすぐ裏手にあました。
昔、教会の近くに家があるという事は
名誉なことだったそうです。

1級畑、レ・ザムルーズの近くに、
ため池がり、遠くから眺めました。

R0088826.jpg

それから、クロ・ド・ブジョの館に行きました。
2世紀初頭、シトー会の修道士によって建てれらました。

ここは、ブルゴーニュ最大のグランクリュの畑で
50.59haの畑に80人以上の生産者がいます。

館のすぐ隣は、メオ・カミュゼの畑。
所有者ごとの区分けは、杭で見分けるようです。

見渡す限り、葡萄畑、心地よいです。

そして、ヴォーヌロマネ村に入り、
ひときわ変わった畑が気になりました。

自然農の考えによって、
葡萄の蔓を剪定せずに、
伸ばしたままになっています。
ジャングルのような葡萄畑。

R0088839.jpg

ルロワの畑です。
この後、伸ばした蔓を編んで、
下に向けて成長させるそうです。

R0088842.jpg

この十字架は、ロマネ・コンティの畑です。
1.8ha,メーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社が 単独所有する畑です。

R0088891.jpg

お昼ご飯は、ムルソーを抜けて、
モンラッシェ村にあるオーベルジュの
1つ星レストラン、
「LE MONTRACHET」で頂きました。

前菜は、ガンバ(エビ)のガスパッチョ
主菜は、Filet de merlu de ligne poêlé,
courgette aux olives noires et citron confit
メルルという白身の魚を、筒状にして、
絶妙は火入れで、アラのような旨味のある味わいでした。
デザートは、とても柔らかいチーズケーキを頂きました。

ワインは、
ピュリニーモンラッシェ 1 er  ガレンヌ 2014 
ピュリニー モンラッシェ 1er アモード ブラニー 2014
サシャーニュモンラッシェ ヴェルジュ 2012
を頂きました。どれもミネラル感たっぷりでした。

今度は、オーヴェルニュに宿泊してゆっくりとワインを頂きたいです。

1998年からフランスのワインナリー巡りを始めました。
フランス滞在中は、ドメーヌ訪問で忙しく、
畑をゆっくり見るという事をしておりませんでしたので、
今回の旅は、コート・ド・ニュイの畑を中心に
ゆっくりと畑の中を歩き、鈴木さんに説明して頂きながら、
標高、テロワールを感じました。
短い時間でしたが、大変勉強になりました。

*現在は福岡に戻り、ラタフィアで働いております

★7月4日 水曜日 19時から
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
1回の受講も可能となりましたので、
是非ご参加くださいませ。

★7月14日 金曜日 19時から
ラタフィア 6周年コンサート
リュートと大渕リエのお料理を🎵

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日




福岡からディジョンへ 

<フランス滞在1日目>

R0088593.jpg

福岡から羽田経由でパリまで14時間のフライト、
福岡発、7時40分16時10分にパリに着きました。

空港からバスでリヨン駅まで移動し、リヨン駅構内2階の
ル・トランスブルーでお茶をしました。

R0088595.jpg

1900年のパリ万博のときに作られ、
ココ・シャネルも訪れた、宮殿の様なレストランです。

エレベーターもあるので、
荷物があっても大丈夫でした。

R0088620.jpg

オレンジプレッセ、搾りたてのオレンジジュースを頂き
ディジョン行きのTGVを待ちます。

R0088626.jpg

19時22分パリ・リヨン駅からディジョンへ移動。 

TGVの中で、山口さんがイエナのマルシェで買ってきてくれた
パテ、さくらんぼ、パンを頂きました。

20時57分着、まだ外は明るいです。

ホテルは駅から徒歩3分のホテルカンパニールです。
広いバスタブもあり、清潔なお部屋でした。

R0088662.jpg

中世の教会が沢山残る、
芸術と歴史の町、ディジョンを散策して、
Dr Wineのテラス席で、ワインを頂きました。

R0088669.jpg

*現在は帰国してラタフィアにおります。

★7月4日 水曜日 19時から
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
1回の受講も可能となりましたので、
是非ご参加くださいませ。

★7月14日 金曜日 19時から
ラタフィア 6周年コンサート
リュートと大渕リエのお料理を🎵

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索