石窯の梅屋に

akagisann.jpg

能登から塗師の赤木明氏がいらっしゃいました。
今年は、漆のお箸を購入しました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

イルソルレヴァンテでのノッベロと秋の食材の会

R0088286.jpg

熊本玉名牧場のこだわりにチーズ前菜には、
ロワールのソービニヨンブランのヴァン・ムスーを合わせました。

R0088295.jpg


ワインは、
1・ヴァン・ムスー’14 ヴァンサン・リカール  ロワール地方 
🍇ソービニヨンブラン
2・アルザス レ・サブール レ・ビネール ’13 
🍇シルヴァーネル ピノ・ブラン ミュスカ ピノ・グリ
3・ファルネーゼ ノヴェッロ’16 イタリア・アブルッツォ州 
🍇モンテプルチアーノサンジョベーゼシ
4・トラゴラルゴ  ’13 ベルナベ・ナバロー  スペイン・アリカンテ 
🍇モナステレル

hw.jpg

そして、リコッタチーズの揚げピッツァ
きのこの自家製フェットチーネ
熊本 賀久農園の栗のモンブランをお楽しみ頂きました。

hw2.jpg

沢山の方々にご参加頂き有難うございました。
次回は、1月〜2月頃を予定しております。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ブルゴーニュワイン講座 赤 

R0088299.jpg

西中洲、
オ・ボルドーフクオカでのワイン講座がございました。
次回は、11月8日火曜日
14時から、テーマはボルドーです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

バッテラ

R0088285.jpg

脂の乗った鯖のお寿司を頂きました。
ネギが入っているバッテラが好きです。
有難うございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ベトナム風お好み焼き バインセオ

R0088255.jpg

アジアンマルシェは日替わりで
ベトナム料理、タイ料理がございます。

やっと、パインセオと出会えました。

ココナッツ風味の薄いクレープ生地に
豚肉が入っています。
沢山の野菜に、ピリ辛のなますと包んで頂きます。

パイパー・エドシックのセミナー

ph.jpg

パイパー・エドシックのセミナーを受講しました。
講師は、マスター・オブ・ワインの
ネッド・グッドウィン氏。

ph2.jpg

ロゼ・ソバージュは、
穏やかな渋みがあり、
食事と一緒に楽しむ為に作られているそうです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ヴィエッティワインセミナー ベルタ社グラッパセミナー

R0088279.jpg

ランゲ地方で100年続くヴィエッティは、
80種類の畑違いの葡萄を別々に醸造し、
16のワインに仕上げています。
職人的なワインの作り手です。

R0088277.jpg

ベルタ社は、ピエモンテでグラッパ作りをされています。
ピエモンテの偉大なワイン生産者から、
葡萄の皮と種を頂き、グラッパを作ります。
2回蒸留します。
最初に出てきたアルコールは、
「テスタ」と最後の「コーダ」は使用せず
真ん中の「クオーレ」のみを使用します。

78度から82度の度数になります。
それを、大樽で寝かせます。
小樽熟成の時には加水して寝かせるそうです。

グラッパの飲み方についてのレクシャーがありました。
大きめのグラスに入れて、グラスは回さず、
手のひらで元、アロマを立たせ、
体温の温度に近づけ、一口目は唾液と混ざり、
二口目、三口目で本当のグラッパの味わいが分かるそうです。

アマレッティという
柔らかいグラッパ入りのお菓子も、
自社のお菓子屋さんで作られています。
グラッパが沢山入っている為、
日本には輸入できないようです。

フランスのサンテミリヨンの
古代のマカロンのようでした

ph3.jpg


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時。





アンスティチュフランセの講座

R0088264.jpg

今回はフランス北部のワインでした。
雰囲気の違う、図書館での開催でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

博多くんち

R0088229.jpg

3大おくんちの一つ、
博多おくんち。
毎年10月23日と24日に本祭が開催されます。
秋の豊穣に感謝する、
櫛田神社の例祭です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ブルゴーニュの白 オ・ボルドーフクオカのワイン講座

R0088250.jpg

毎週月曜日に開催しています
西中洲・オーボルドーフクオカでのワイン講座、
今回のテーマは、ブルゴーニュの白でした。
次回は、10月31日 月曜日 14時から、
ブルゴーニュの赤ワインをお召し上がり頂きます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

アンスティチュ フランセ ワイン講座 2017

来年のアンスティチュフランセ九州の
ワイン講座の日程が決まりましたのでお知らせします。

フランスの基本的な葡萄品種と世界のワインを比較します。
毎回4種類から5種類のワインを、ブラインドテイスティングで楽しんで頂きます。

1月10日  フランスワインの基本品種
1月31日  自然派ワインの話
2月7日   フランス北部のワインと世界のワイン
2月21日  フランス南部のワインと世界のワイン
3月14日  フランスワインと日本のワイン

1月中旬から2週間、
来年もまた、インドで過ごそうと思っています。
それから、2月の末から3月にかけて、
南フランスのワインナリーに伺えたらと考えています。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

イル ソル レヴァンテ で打ち合わせ

mm.jpg

本日は、30日 日曜日のイベントの
打ち合わせに伺いました。

12時30分から始まります。


〜イタリア新酒解禁と秋の収穫を祝う会〜

秋の食材のマリアージュの会です。


イタリア新種 1種
自然はワイン 3種

menu
*玉名牧場のチーズと前菜の盛り合わせ
 熊本県で自然農法による米や野菜の栽培、養鶏・酪農をされています
*リコッタチーズの揚げピッツァ
 このピッツァを食べた時、アルザスワインと合わせたいなと思いました。
*きのこの自家製フェットチーネ
 卵を練り込んだ、自家製手打ち麺です。
*熊本 賀久農園の栗のモンブラン
  こだわりの和栗のモンブラン(写真) 
  栗の渋皮煮が1個入る贅沢なモンブランです。

会費 5400円

会場:
福岡市中央区警固2-14-1
イル ソル レヴァンテ
092-713-6888 要予約


桜坂 みたきでのワイン会

R0088226.jpg

11月13日 日曜日に
宮崎牛専門の鉄板焼き・みたきにて、
ワイン会を開催します。

本日は、試食に伺いました。

*お出汁の効いた小鉢
*焼き胡麻豆腐
  クリームチーズのようでした
*すずきのクリームソース
*宮崎牛のいちぼ
*氷見うどん 牛すじ温玉うどん
 最後に、ほっとしました
*アイスクリーム
*珈琲か紅茶

ワイン3種類。

白ワインと、牛肉の組み合わせも面白いかなと
考えております。

是非、お時間がございましたら
ご参加ください。

日時:11月13日  11時からか13時30分からをお選びください
会費:6000円
会場:桜坂 みたき
810-0024 福岡市中央区桜坂1-6-22
TEL: 092-717-6266
email: mitaki-sakurazaka@novarese.co.jp


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

平原遺跡 王墓の神事

R0088205.jpg

1965年、みかんの苗を植えようと
畑を耕していたら、
遺跡が見つかり、
叔父の井手將雪が
九州大学の原田大六先生に持って行き
それから、発掘作業が始まったそうです。

銅鏡40面や勾玉などの出土品が多数出土され、
弥生時代の伊都国王の墓であったのではといわれています。

10月20日は、
日向峠からの朝日が
平原遺跡の王墓の真ん中に当たり、
宮地嶽神社の参道に夕日が沈むそうです。

R0088212.jpg

巫女の舞、高千穂のこうろぎさんの古代舞が終わると、
直会の食事を頂きました。
平原の栗や筍です。

ここ、平原で、私の母は生まれました。

R0088191.jpg

コスモスも満開です。

id.jpg

叔父は、80過ぎましたが
まだまだ、元気です。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

猫と魚

R0088174.jpg

ボルドーで出会った友人と
魚ランチ。

R0088176.jpg

今が旬の鰆のフライ定食。
ほっとする膳でした。

また、会おね🎶

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

クレマン・ド・ボルドーとシャンパーニュ  オ・ボルドーフクオカのワイン講座

R0088153.jpg

西中洲オ・ボルドーフクオカのワイン講座にて、
クレマンとシャンパーニュを試飲して頂きました。

次回は、10月24日 月曜日 14時からです。
テーマは、ブルゴーニュの白です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

テイスティングは脳でする

R0088170.jpg

東京から中本氏と
石田氏がいたして、
ソムリエ協会の特別例会がございました。

R0088169.jpg

テイスティングの目的を明確にし、
感覚で得た情報を言葉にすることが大切です。

基本にのっとったフォームを作り、
ノートを作り、整理整頓して、
口に出してコメントを言う。

毎日、同じワインをテイスティングする事も大切な事だそうです。

大変、勉強になるセミナーでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

糸島の秋

R0088178.jpg

休日は糸島に仕入れに行きます。

R0088158.jpg

庭の野生のむかごで、
スイスのグリエールチーズをたっぷり使って、
ケーク・サレを焼きました。

R0088164.jpg

糸島の豚と、
落花生、母が天日で乾燥させたひじきで
パテを焼きました。

R0088161.jpg

インドのオーガニックひよこ豆と
母の赤タマネギで作った豆サラダ。

R0088188.jpg

父が釣ってきた
ボラと、バリで夕食です。

秋の食卓です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

チンタネーゼ

R0088149.jpg

イタリア トスカーナのでシエーナ地方
古代品種の豚、チンタセネーゼ。
チンタとは、ベルトという意味。
真っ黒な体に白い筋が入っています。

チンタセネーゼのハム、チンタネーぜや、
サラミを頂きました。

しっとり、柔らか、美味しいサラミです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


麻炭染め

R0088142.jpg

初めての染物。
みょうばん、豆乳を使って、
3回に分けて、
麻炭を服に揉み入れました。

綺麗なグレーに染まりました。

R0088141.jpg

いつかあかね染めにも調整したいです。
インドあかねで染めるそうです。

R0088147.jpg

玄米とお味噌汁で
ほっと一息。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

つかの間のカフェ。

R0088133.jpg
アンスティチュフランセの美食の祭典2016、
つかの間のカフェに伺いました。

R0088137.jpg

陶器で特注された
三角ベラを使った、
marcadetteの渡辺薫子さんによる
和菓子のデモンストレーションは、
茶室に居るような緊張感がありました。

和菓子の道具、三角ベラは、
器にもなります。

栗、マルメロ、カリソン等
フランス素材の和菓子。

美しいお茶の時間でした。

企画は、フランス人の
アンヌ・シラダキスさんん。
ヴィラ九条山に滞在し、
日本の和菓子について研究されています。
茶道の中に、お菓子のデモンストレーションを
取り入れたいそうです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

いろいろな頂もの

R0088107.jpg

イタリア土産のチョコレート。
ベンキー。
ピスッチオたっぷりで、
クリーミーで
美味しです。

R0088110.jpg

大分県の大きな梨。

R0088126.jpg

ほおずきのチョコレート。
シャリッした薄氷にような
砂糖に包まれた
甘酸っぱいほおずき。

珍し品々を有難うございます。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

深夜に頂く白トリュフ

R0088114.jpg

50gと白トリュフ。
初めての体験です。
丁寧にブラシで掃除をして削りました。

白ワインとの相性も抜群でした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



ラタフィア 秋のワイン会

R0088102.jpg

2ヶ月に1度、
ラタフィアでワイン会を開催しております。

スペイン・羊のチーズアバラシン3ヶ月熟成と
6ヶ月熟成の比較、
スーマントランという、無殺菌牛乳で作られる
オレンジ色の表皮の、ウィッシュタイプのチーズ。 
エポワス・ド・ブルゴニュと同じ生産者
ベルトーです。

エポワスは、マールで洗うのに対し、
スーマントランは、塩水ウォッシュです。
モンドールのように、複雑な味わいでトロッとしていて
秋のワインのぴったりの相性でした。

次回は、12月4日 日曜日 14時からです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日





10月からアンスティチュフランセのワイン講座が始まります

R0027118 (1)

フランスワインの基本品種をブラインドテイスティングで
お楽しみください。
初めてワインを学ばれる方も多くいらっしゃいます。

火曜日 19時から20時30分

10月11日 フランスワイン概要 
10月25日 フランス冷涼なエリアのワイン
11月8日  フランス温暖なエリアのワイン 
11月22日 ボジョレーヌーボ解禁! ガメイの飲み比べ 
12月6日  ノエルのワイン ワインとショコラの相性

開講日:毎回火曜(全5回) 19:00-20:30
講師:吉村智美
会場:アンスティチュ・フランセ九州
受講料:24,400円(ワイン代込み)
※ 別途年間登録料が必要となります。

お申し込みは、
アンスティチュフランセにお願いします。

092-712-0904

長崎くんち

ん

長崎の氏神様「諏訪神社」の秋季大祭。
 寛永11年(1634年)、
二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが
始まりだそうです。

念願の龍踊に遭遇しました。
美しい龍の舞と、
チャイナ服の人々。
異国情緒が漂います。

R0088097.jpg

そして、コッコデショ。
ここでしょという意味なのだとか。

R0088091.jpg

1トン近くある御神輿を36名で
持ち上げ、最後は片手で決めます。

神輿の子供達も、大きな声で
必死です。

長崎市内の59の町が5〜7町ごとの7組に分かれての奉納。
コッコデショも7年に1度しか
拝見できないようです。

凄い迫力でしたよ。

R0088068.jpg

お昼ご飯は、
30分並んで、
吉宗で
穴子そぼろの蒸し寿司と、
たっぷりの茶碗蒸しを頂きました。
茶碗蒸しには、
焼き穴がや、生麩、ぎんなん、たけのこ等
沢山の具材が入ります。

高速バスでの長崎日帰りの旅。

素晴らしい祭りに出会いました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


 

南インドカレーとスリランカカリーと映画の話

R0088028.jpg

南インド舞台のフランス映画、
アンナとアントワーヌの前奏曲。
原題は、UN+UNE。
「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などを手がけた
フランスの巨匠 クロード・ルルーシュ監督が作る
美し映画でした。

ムンバイからバナナシのガンガーで身を清め
ケララの聖者アンマに、
「子が授かりますようにと」巡礼の旅。

フランス人の手がけるインド映画は、
色彩豊かで美しく、
また、インドに行きたくなりました。

R0088040.jpg

映画の後、
ケララのコーチンでよく食べていた
フィッシュカレーが食べたくて、
ポラポラ食堂へ。
サンマのフィッシュコランプを。
南インドの味わいです。

R0088033.jpg

スリランカカリーも好きです。
ヌアラエリアにてベジヌードルを頂きました。

R0088031.jpg

そして、博子さんから頂いた
栗のガトーショコラ。

芸術の秋、食欲の秋、到来です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

日本酒を

R0088025.jpg

西新のニコラ食堂。
群馬県の群馬泉・島倉酒造の山廃酛純米と
島根県、板倉酒造の*生酛、
埼玉県の神亀のおかんを頂きました。

*生酛造りとは、
まだ微生物の存在が知られていなかった江戸時代の造り方で、
蔵の中に生息する乳酸菌と酵母を蒸米に付着させて、
じっくりと時間をかけて酒を造る製法です。
<板倉酒造のHPより>

R0088022.jpg

醤油ダレのポテトサラダ、
山うに、
ごまさば、
柿と合鴨の白和え、
蓮根まんじゅう、
佐賀牛のたたき、
ナスと生麩の揚げ浸し、
梅のおむすび・・・

沢山頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


 

コート・デュ・ローヌ オ・ボルドーフクオカでのワイン講座

R0088018.jpg

西中洲にてのワイン講座。
コート・デュ・ローヌのワインを
4種類、試飲頂きました。

次回は、10月10日 月曜日
14時からでございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索