マルバハのインド料理教室

R0087953.jpg

パキスタン人のジャマールさんと
ムンバイ出身のアムリンさんの料理教室に伺いました。

メニューはカリーパコラとウプマとロティ。

R0087959.jpg

カリーパコラは、
ひよこ豆の粉で団子を作り
それを、たっぷりのヨーグルトのカレーで頂きます。
グリーンチリを、団子のも、
カレーにも沢山使います。

ウプマは、南インドの朝食。
クスクスより小さなセモリナを10分くらい乾煎りして、
カレーリーフやスパイス、ジャガイモ、人参、ピース豆と煮込みます。
8カップのセモリナに16カップの水。
ウプマ、大好きなインドの朝食です。

そして、ロティ。
全粒粉とお水だけの
素焼きパン。

ご飯は、
ジーラライス。
クミンご飯です。

懐かしい南インドの味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

深夜の誘惑 バッテラ

sp_20160924023500ad7.jpg

お客様から頂いた
仙八のバッテラ。
1つだけ頂こうと思ったら、
全部食べていました。

肉厚の鯖に
たっぷりのネギ。

アルザスワインとの相性も良かったです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

かるべけいこさんのクッキー

R0087940.jpg

かるべさんは、
南阿蘇で、百姓をされながら、
鉄火味噌やクッキーを販売されている
自然食料理家です。

玄米クッキー、
メープルシロップだけの
自然な甘さで、
あっという間になくなりました。

かるべさんの
鉄火味噌も大好きです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★10月11日 火曜日19時より
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
 

新井さんのパン

R0087916.jpg

レスプリ・ド・パンの
新井さんのパンが
ラタフィアに届きました。
ずっしりとした、
ドイツ&フランス仕込みのパンです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★10月11日 火曜日19時より
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
 

糸島の暮らし

R0087920.jpg

トウキビ、
もちキビ、
もちトウモロコシ。
もっちりとした、昔ながらのとうもろこし。

R0087923.jpg

糸島の砂地では
小さくしか育ちませんが
美味しいんですよ。

R0087929.jpg

ニラも食べ頃です。

今、「タネが危ない」という本を読んでいます。
自家採種できない、1代限りのタネが増えているようです。
実家では、らっきょ、豆類、ジャガイモ、ニンニク、シソ
ハーブ類、トマトは
自家採種ですが、
レタスやラディッシュ、水菜オーガニックのタネを取り寄せたり、
玉ねぎは、母が苗を買ってきたりしていまます。
すべて、自家採種のタネで育てたいのですが、
タネを取るには、長い間
花を咲かせ、植え替えが出来ない為、
難しいのだそうです。

R0087928.jpg

米は作ってませんので、
自家採種で作られる是恒さんから買っています。

R0087911.jpg

糸島では、小麦も取れます。
近所のイタリアンでは、
糸島の強力粉を使った手打ちパスタが頂けます。

狩猟免許を取り、イノシシを仕留めて食べている人もいます。
実家の裏山には鴨がいて、
冬になると、パーンという音が響きます。

月1度の休日は、
糸島でのんびり過ごします。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★10月11日 火曜日19時より
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
 

ネッド グットウィンMW福岡に

R0087935.jpg

シドニーにお住まいの
マスターオブワイン・ネッド氏が
シャルル・エドシックとパイパーエドシックの
プロモーションで福岡にいらっしゃいました。

1785年創立のパイパー・エドシック
シャルル・エドシックは、甥が1851年に設立しました。

2011年にフランスの会社が
2つのメゾンを購入しました。

R0087938.jpg

<パイパー・エドシック>
1・エッセンシャルキュベ ブリュッド
  昔は10g/l のドサージュでしたが
  現在は、7g/lのドサージュです。
  裏には、デコルジュマンの日付けが記載されています。
  日付けを記入したのは、パイパー・エドシックが最初です。

2・ブリュッド ヴィンテージ 2006
  雹が降ったので、シャルドネの比率が高くなっています。
  ジューシーな酸味が特徴的です。今飲んで美味しい味わいです。

3・2002 レア
  43年間で、8回しか作られていません。
  モンターニュ ド ランスのシャルドネです。

4・ロゼ ソバージュ
  アッサンブラージュのロゼ。
  25%の赤ワインが使われています。
  カンパリのようなオレンジの皮、いちご、ラズベリーの香り。
  ネッドさんは、中華のチャーシューや、鴨と合わせるのが好きだそうです。

<シャルル・エドシック>

1・ブリュッド・レゼルブ 
  5年前のリザーブワインが40%使えれています。
  樽の使用はないのに、樽の香りのニュアンスがあります。

2・ロゼ レゼルブ
  シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエが  
1/3ずつ均等にブレンドされています。
  3〜4時間のマセラシオンで作られます。
  リザーブワインは、20%です。
  爽やかでエレガントです。
  ネッドさんが一番好きなアインテムだそうです。

3・2005 ブリュッドヴィンテージ
  2002年のような凝縮感あるシャンパーニュです。

4・2006 ロゼ ヴィンテージ
  8年間酵母と共に熟成させ、柔らかい味わいになっています。

5・1995 ブタン・デ・ミレネール
  シャルドネ100パーセント。
  クレームブリュレ、生姜の香りを感じます。

ネッドさんの
テイスティングコメント、
勉強になりました。
6年半でMWの資格を取られたそうです。

MWの勉強、益々興味が出てきました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★10月11日 火曜日19時より
アンスティチュフランセ九州のワイン講座が始まります。
 

     


  


とらさんのケララ料理

R0087869.jpg

南インドケララ。
ケララ料理と聞くと
シチュー、トマトとココナッツの
ケララフィッシュカレー等が浮かびます。

ケララのコーチンは
ポルトガルやオランダ商人の古い街並みが残り、
ユダヤ教の会堂シナゴーグも素敵です。
歌舞伎のように化粧をし、
伝統衣装を着て踊る、カタカリダンスも有名ですね。

また、アユールヴェーダ施設も多く、
ケララの南にはイヤーダムには、
yogaの聖地
シヴァナンダアシュラムがあります。

さて、シチューとは、ホワイトシチューなのですが、
とろみは、ジャガイモでつけて、
見た目はクリームシチュー。
味わいは、スパイシーなんです。
シナモン、クローブ、カルダモン、黒胡椒が入っています。

R0087862.jpg

15種類もの南インド・ケララの料理を頂きました。

R0087859.jpg

作ってくださったのは、
東京からいらした<とらさん>
年2回、福岡で料理を振る舞ってくださいます。

R0087865.jpg

バナナの葉がお皿代わり。
殺菌効果があるようです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

オ・ボルドー・フクオカのワイン講座

R0087908.jpg

本日は、西中洲のオ・ボルドーフクオカのワイン講座でした。
テーマはロワール地方。
ミュスカデ、ソーヴィニヨンブラン、カベルネフランを試飲頂きました。

次回は、アルザス地方です。
9月27日 火曜日 14時からでございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

カレーピクニック

R0087904.jpg

1000円で前売りチケットを購入して
3種類のカレーを頂ける、
カレーピクニック。

今年は、106のラディさんもいらいていました。

R0087906.jpg

106のバターチキン。
ちょうど良い辛さで、まろやかな味わい、
ボリューもありました。

R0087898.jpg

ヘラやのスリランカカレー、
ごはんの代わりに
鉄板で焼いた、トルティーヤとキャベツが付きました。
初めての味わいです。

R0087900.jpg

それから、フォンフォンのシーフードカレー、
タイ料理ラーンカンエーンのグリーンカレーを頂きました。
野菜たっぷりで、タイ米で頂きました。

お皿持参の方もいらっしゃいました。
エコですね。

近頃、カレー三昧です。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

FESTEIVIN KYUSHU 2016

R0087889.jpg

FESTEIVIN KYUSHU 2016が無事終了しました。
日本のワインと有料ワインのコーナーに
立たせて頂きました。

sss.jpg

アメリカ人のジャーナリストも取材にいらしていました。

BEAU PAYSAGEのTsugane la montagne2013年が
自分のとってもベストワインだ。
美しい果実と素晴らしいバランスだとおっしゃっていました。

R0087894.jpg

日本のオレンジワン、ココファームワインナリーの甲州F.O.S 2012年、
印象的な味わいでした。

R0087892.jpg<

ドメーヌ・ドゥ・ロクタヴァンの
ヴァン・ジョーヌ・シェルヴァン 2007
品種は、サヴァニャン。
上品で、ナッツの香り豊かな味わいでした。

フランソワ ガヌバの
コート・デュ・ジュラ ヴィーニュ・ド・モン・ペールは
ミネラル感たっぷりで素晴らしい味わいでした。

ドメーヌタカヒコのピノワールや、
ツヴァイを使った、パストゥーグラン、

ヴィラデストのメルロ、
酒井ワインナリーのマスカットベリーA、
ポンコツワインナリー、ファンキーシャトー等・・・

魅力的なワインと沢山出会いました。

11

東京・ヴェールヴォレのりょうさんにも
お会いできました。
パリのヴェールヴォレで
コルシカ島のドメーヌ・アントワーヌ アレナを
ご紹介頂き、数日間お世話になりました。

打ち上げでは、
大阪パセミヤのお好み焼きを頂きました。
野菜ったっぷり、牛すじの入った、
ふわふわのお好み焼き。
ワインとの相性も抜群でした。

素晴らしい出会いに感謝の1日でした。

本当に楽しく、勉強になりました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

インド映画音楽の巨匠 A R ラフマーン氏 福岡に

ss_201609182211421f7.jpg

From to heart.

アカデミー賞受賞の
スラムドックミリオネア等の
映画音楽を手がけられています。

古典的なインド音楽に、
シンセサイザー等を使い
新な音楽に仕上げる彼の音色を聴いた時、
対談者のサラーム海上さんは、
衝撃を受け、この映画音楽を作った方は
自分と同じ歳だと感じたそうです。

srm.jpg

イスラム神秘主義
スーフィズムに影響を受けた
スーフィー音楽。

ラフマーンにとっての
スーフィーとは、
忘れたてはならない心、
太陽にように誰にでも降り注がれるもの。
6つのインド宗教を超越したもの。

現在は、生まれ故郷のチェンナイに
子供の為の音楽学校、KMCを作られています。

彼自身、奨学金でイギリスで音楽を学び
今があるように、
オーケストラが無いインドで
次の世界に還元したいという思いで、
学費は無料だそうです。

とても優しい雰囲気のラフマーン氏。

第2部では、5曲の音楽を
彼のピアノと、シタール、ベースで奏でてくださいました。

いつか、日本映画にも
音楽を付けたいとおっしゃってました。

R0087881 (1)

素晴らしフォーラムでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

ペニンシュラホテルの月餅

R0087873.jpg

東京・ペニンシュラホテルの
カスタード月餅を頂きました。

R0087878.jpg

アヒルの卵の塩漬けのカスタード餡が中に詰まった
バターたっぷりの月餅。

インド・ミッタル製の
アールグレイと頂きました。

Merci!

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

アンスティチュフランセのワイン講座 そして南インド料理を

R0087841.jpg

夏学期最後のワイン講座でした。

R0087840.jpg

コンテの熟成違いの食べ比べと、
ワインの相性を探って頂きました。

アンスティチュのワイン講座は
全5回。
講座の最後には、皆様でお食事をします。

今回は、南インド料理。

R0087844.jpg

インド南部・カルナータカ州バンガロール
ナンディヒルのグローバーワインと
スパイス料理の相性を楽しんで頂きました。

前回、バンガロールに滞在した時に
行こうと試みたのですが、時間がなくなり、断念しました。
ツワーだと、155ドル。
タクシー手配だと、おそらく、3000円程で行く事ができます。
市内から90分の距離。
そして、ランチ付きで2000円の見学料のようです。

コンサルタントにフランス人、
ミッシェル・ローランが入っています。

華やかで果実味豊かで
ミールスとの相性も良かったです。

R0087849.jpg

沢山のスパイス料理が並びました。

R0087848.jpg

こちらは、ヴェジのミールスです。

今度は、ポラポラ食堂で、
インドワインの赤、白、ロゼとミールスの会を
開催したいです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



ビルズ

R0087832.jpg

オーストラリアが本店の
ビルズでカレーを頂きました。

イエローヴィーガンカレー。
豆腐とカリフラワー、きゅうり、りんご?が入った、
甘いイエローカレー。
ブラウンライス、玄米が添えられていました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)


小倉散策

iiii.jpg

小倉の田舎庵で鰻を頂きました。
天然の鰻は、5500円!
今年は普通の鰻を。
パリッと焼けていて好きな味わいです。

R0087809.jpg

緑緑で、豆乳のチャイを。
身体に沁みる美味しさです。
古材で作られた居心地の良い空間です。

R0087807.jpg

緑緑で、麻コットンの、藍染のソックスを買いました。
環境に優しい製品や自然食の本、フェアトレードの服を
取り扱ってらっしゃいます。

R0087826.jpg

耕治では、シナチクラーメンを頂きました。
澄んだスープの中華そばです。

お土産に、シロヤの
サニーパンと黒ごまパンを。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)

がやがや門で「Tutu」のベトナム料理を味合う


ベトナム料理を食べたくて、
糸島に車を走らせました。
土曜日の糸島は、渋滞・・・

R0087800.jpg

ほっとする、古民家の空間で、
手巻き寿司のように、自分で作る
生春巻き。
新鮮なオーガニック野菜をたっぷり頂きました。

R0087802.jpg

メインは、豚肉のココナッツジュース煮。
hịt kho nước đửa
豚の脂がなくなって、
さっぱりとした味わいです。

デザートは、
ココナッツミルク風味の
白玉団子。

そして、ハーブティー。

ii.jpg

衣食住のスタイリスト中牟田由利子さんと。
本格的なベトナム料理。
ロゼワインに合わせたい味わいでした。

9月の土曜日限定のカフェです。
詳細は・・・http://goorganics.jp/tutu/

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★9月19日 月曜日 から、
オ・ボルドーフクオカのワイン講座。
14時から15時
会費:3240円  4種類の試飲付き

★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)

オ・ボルドー・フクオカのワイン講座が始まります

フランス、ボルドーワイン委員会公認のオ・ボルドー・フクオカでの
ワイン講座のご案内です。

時 間:14時〜15時(1時間)
お申込:FACEBOOKのイベントページから登録
    もしくはお電話で(TEL092-712-4470)    
定 員:先着11名
受講料:1レッスン¥3,240
*毎回4種類のテイステイング
   

月曜日 「フランスワインセミナー」(全10回)
 担当:吉村智美(アンスティチュ・フランセ九州講師、ラタフィアオーナーソムリエ)
 9/12 ① フランスを代表するブドウ品種
 9/19 ② ロワール地方のワイン
※9/27 ③ アルザス地方のワイン
 10/03 ④ ローヌ地方のワイン
 10/10 ⑤ 南フランス地方のワイン
 10/17 ⑥ シャンパーニュとクレマン
 10/24 ⑦ ブルゴーニュ地方のワイン【1】
 10/31 ⑧ ブルゴーニュ地方のワイン【2】
※11/08 ⑨ ボルドー地方のワイン【1】
 11/14 ⑩ ボルドー地方のワイン【2】

※月曜日講座は第3回は9月27日火曜日、第9回は11月8日の火曜日に開催となります。

メドックワイン テイスティングセミナー

R0087760.jpg

ニューオータニホテル東京より
谷宣英ソムリエがいらして、
セミナーがございました。

R0087766.jpg

2013年ヴィンテージの
メドックワインを8種類。

2013年、決して良い年ではございませんでした。
92年に次ぐ雨量が多かった年。
生産者泣かせの年でした。
春は雨が多く、気温が低かったのですが
夏に非常に暑くなり、一気にブドウの糖分が上がりました。


1・シャトー ローラン ド ピィ <メドック>
成熟したフルーツのアロマに樽の香ばしい香り。
細長い発酵槽を使用したり、樽の中でマロラクティック発酵を行う
モダンな生産者です。

2・シャトー ド クドー <オーメドック>
ブラックチェリー、漢方薬のようなスパイス等の香り、
ほっそり、きれいなクラシカルなワイン。

3・シャトー ダルザック <マルゴー>
ブラックベリーや少しメントール、甘草、丁子の香り、
香りの構成要素が複雑なワイン。

4・シャトー アントニック <ムーリース アン メドック>
カシスやスパイス、鉄、生肉の香り、
石灰質土壌からくるミネラル感が強く、
デキャンタージュすると良いワイン。
脂ののった和牛との相性が良い。

5・シャトー ルヴェルディ <リストラックメドック>
豊かな果実味の濃いクラシカルなワイン。

6・シャトー レオヴィル ポワフェレ <サン ジュリアン>
完熟したブラックベリー、ブラックチェリー、墨、土、杉の木の香り。
口中では、タンニンと酸が全体を引き締め、ふくらみの強い味わい。

7・シャトー クロワゼ バージュ <ポイヤック>
成熟した果実、若干のハーブ、スパイス、ミント、杉、下生え草の香り。
果実味豊かでクリアな味わい。

8・シャトー フェラン セギュール <サンテステフ>
ブラックチェリー、ハーブ、スパイスの香り。
粘土質が多い土壌ですから、メルロの個性が出ている。
しっかりとした骨格のワイン。

md1_2016090800515588e.jpg

メドックのワインと
新世界のボルドー品種のワイン。
バランスの良さと、
森の下草の香りで見分けるそうです。

テイスティングコメントの仕方、
ボルドーの標高に土壌よる味わいの違い等
大変、勉強になるセミナーでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★9月11日 日曜日 は小倉出張の為、
20時からの営業と致します。

★9月12日 月曜日 から、
オ・ボルドーフクオカのワイン講座が始まります。
14時から15時
会費:3240円  4種類の試飲付き

★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)



🎶谷ソムリエのワインテイスティングバイブル
お薦めです。

 

糸島でゆっくりと

R0087752.jpg

休日は、糸島で買い出しです。
ランチを頂き、実家に帰り、
畑の脇でお花を摘んで、
畑の見学。

ニラのつぼみが食べごろを迎えていました。
生姜も小さいのが入っていました。
細切りにして、梅酢漬けにしました。

R0087757.jpg

夕飯は畑で採れた野菜を蒸して、
近くの海で釣れた、鯖と
父が対馬沖で釣ってきた鯛を頂きました。

自然の恵みに感謝です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★9月11日 日曜日 は小倉出張の為、
20時からの営業と致します。

★9月12日 月曜日 から、
オ・ボルドーフクオカのワイン講座が始まります。
14時から15時
会費:3240円  4種類の試飲付き

★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)

重陽の膳

R0087740.jpg

秋の膳を教わりました。

お向こうは、
海老ときゅうりの無花果酢和えは、
車海老にのし串を打って、真っ直ぐに仕上げます。

R0087733.jpg

椀は、とりのきせ綿
菊に見立てた、
クネルのような味わいの
とりのつみれを作り
それに、お餅できせ綿をします。

R0087723.jpg

そして、
さつまいもとレンコンんの炊き合わせ
は、さつまいもは、お月さま。
レンコンはすりおろして、あたり鉢であたって、
雲の形に成形して、
素揚げします。

こんにゃくは、格子目を入れて、
焼き色をつけ、煮含めます。

R0087729.jpg

出汁をひいた後の
ラオス昆布で、
山椒昆布を作りました。

満月の時期の膳ですから、
角がないように
素材を丸くするよう心がけました。

R0087747.jpg

最後に
フルーツケーキを頂きました。

ほっこりする
秋の味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★9月7日 水曜日は
メドックワインセミナー参加の為
20時からの営業と致します。

★9月11日 日曜日 は小倉出張の為、
20時からの営業と致します。

★9月12日 月曜日 から、
オ・ボルドーフクオカのワイン講座が始まります。
14時から15時
会費:3240円  4種類の試飲付き

★9月18日 日曜日 12時から16時
博多スターレンにて<フェスティヴァン>が開催されます。
300種類ものヴァンナチュール
(自然な味わいのワイン)が並びます。
前売りチケット 6000円(ラタフィアで販売中)



 

韓国料理

nn.jpg

ラタフィアの近くの
7階のナムでランチを頂きました。

これまで、バイキング形式でしたが、
9月からは、1800円ランチに変わりました。

前菜は、バイキングで、ナムルを頂き、

そして、海鮮チジミ、のりチジミ、韓国かぼちゃのジョンが出てきました。

メインは、ローストビーフかキムチのマンドゥ。

キムチのマンドゥは、春雨とキムチ、卵が入って
軽やかな味わいでした。

ローストビーフは
柔らかく、たっぷりの野菜と頂きます。

そして、
五味茶で煮込まれた梨と、
玄米ごぼう茶を最後に頂きました。

ゆったりとした空間で、
韓国人、ちょんさんの作る
韓国料理。
以前、ラタファイのワイン会でも
作って頂きました。
ワインに合う、韓国料理です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日




長月 収穫祭 秋の実り

室礼講座に伺いました。

秋の行事は、
重陽
月見
おくんち。

3大おくんち、
唐津くんち、長崎おくんち、そして博多くんち。
 
R0087705.jpg

前床には、
秋の結果物が盛られていました。

有りの実(梨)、いが栗、サツマイモ、マスカット、ゼブラ茄子、
そして、さるとりイバラ。

R0087703.jpg

脇床には、
神の依り代と云われるススキ、
われもこ、小菊、ミズヒキ等の
秋の寄せ草。

R0087698.jpg

後床には、
被せ綿がさえれた、
9本の菊が生けられていました。

R0087695_20160903175201d3f.jpg

まだまだ、気温は高いですが、
秋なのですね。

R0087707.jpg

直会に、
菊酒、
ごぼうが入ったちらし寿司、
冬瓜のおすましを頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

びわの葉温灸

R0087680.jpg

ヨモギの裏のフワフワの部分から作るお灸。
びわの葉の裏側に
布と紙を置いて、
火を付けたお灸を当てて
10秒ずつ色々な箇所に当てていきます。
温かく、気持ちよい、びわの葉温灸。

お灸=やけど、怖いというイメージがありましたが、
体験いよって安全なものだと分かりました。

少々、匂いは気になりますが、
心地よいです。

びわの葉は、
日焼けした肌に、貼るだけでも熱をとるそうです。

R0087682.jpg

そして、お食事は、
ムーンテーブルのパンでした。
現在休業中、特別に焼いて頂きました。
ひえのスープ、ひじきのサラダとも美味しく頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


月餅

R0087719.jpg

中秋節(今年は9月15日)に、頂く月餅。
香港ではこの時期の
贈り物として使われ、
月餅そのものだと
重たいので、
月餅の商品券等も出ているそうです。

今回頂いたのは、
銘店、福臨門の月餅。

R0087721.jpg

中には、満月に見立てた茹でて塩漬けにした、
あひる卵、鹹蛋が入っていました。

それから、スターバックスの月餅も頂きました。
こちらは、ほうじ茶味。
和菓子の重菓子のように、
ずっしりとした餡の上品な味わいでした。

ハーゲンダッツの
アイスクリーム月餅や、
ペニンシュラホテルの
カスタード月餅等、
様々な会社がこの時期、
月餅を発売するようです。

満月まで待てずに頂きました。

素敵な贈り物を有難うございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

糸島散策

R0087654.jpg

雨上がりの
空気の澄んだ糸島。

R0087643.jpg

気になっていた、
葡萄園に立ち寄りました。

沢山の欧州品種をつくられている
たかはし葡萄園。

甘くてジューシーな葡萄でした。

一ヶ月振りの雨。
植物にとっては
恵の雨です。

実家の畑もやっと、
種植えができます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


ヴァンナチュールのイベント

R0087670.jpg

9月18日 日曜日に
博多スターレンにて

フェスティヴァンが開催されます。

12時から16時まで。

300種類のワインと
50店舗以上の
ヴァンナチュールのお店のフードが
お楽しみ頂けますよ。

チケットは、前売り 6000円 当日7000円です。

ラタフィアでも販売しております。

わたくし、吉村と山口は、当日ブースに立ちますので
是非、いらしてください。

R0087668.jpg

ビオワイン、ビオディナミワインについて
改めて、考えておりましたら、
素晴らしい本に出会いました。

ビオディナミ・ワイン 35のQ&A。

ドメーヌ・ルフレーヴの醸造家が書かれています。
Q1 ビオディナミ・ワインはおいしいのでしょうか?

 Q2 なぜいまビオディナミが注目されるのでしょうか?

 Q3 なぜビオディナミはブドウ畑で発展したのでしょうか?

 Q4 ビオ(有機農法)とビオディナミはどこが違うのでしょうか?

 Q5 減農薬ブドウ栽培とは?

 Q6 ビオディナミはどのように病気とたたかうのでしょうか?

 Q7 隣の畑の農薬は影響するでしょうか?

 Q8 銅に毒性はあるのでしょうか?

 Q9 種まきカレンダーとその使い方は?

 Q10 ビオディナミは科学的方法と言えるのでしょうか?

など、35のQアンドAの本、おすすめです。








★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日




アンスティチュ・フランセのワイン講座

R0087666.jpg

今回のテーマは、
フランスワインと世界のワインでございました。

ドイツ、イタリア、アメリカ、スペインのワインを
試飲して頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

ミネストローネ

R0087673.jpg

イタリア語で
ミネストラ。

具沢山のスープ。
地方によっては、豆を入れたり
生ハムを入れたり。

薬院・デル・チェーロのスープは、
豆が入った具沢山、ほんのりローズマリーの香りがしました。

デル・チェロのパスタランチ680円に
プラス100円で頂ける、
なんとも贅沢なミネストローネ。

イタリアの味わいです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索