シャトー ラフィット 1978

R0087631.jpg

素晴らしい状態の
シャトー ラフィット78マグナムを頂きました。
カシスのリキュール、キャラメル、シナモン、
なめし革、タバコの葉、スミレ、キノコ、複雑な香り。
口に含むと、果実味も豊か。素晴しいラフィットでした。

th.jpg

2002年、別府のラタフィアを始めた時に、
いつも来ていただい方々です。
懐かしい再会でした。

そして、嬉しメッセージを頂きましてので、
添付させて頂きます。

>>>>>>>
久しぶりに昔を思い出しました。
私のマンションの前でお店をした貴方は怖い物知らず。
昨日も話に出てたけど初代ラタフィアでラフィットの3L空けましたね。
ラヤス90も思い出です。頑張ってワイン文化広めて下さい。
>>>>>>>>

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



マクラメ

R0087625.jpg

インドで買ったスターサファイヤを
ペンダントにして貰っていましたが、
壊れてしまいました。

神社のみたま祭りで出会った
マクラメの方に
加工して頂きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

パン

R0087628.jpg

今日は、ホエー(水切りヨーグルトの水分)を
使用し、パンを焼きました。
粉は、糸島の強力粉と
楽楽のオーガニックのふすま、
またいちの塩、
モラセス培養んドライイーストです。

今回は、きれいに膨らみました。

最近は、チャパティ(インドのパン)も焼いております。

時々、糸島の旅人カレーもお出ししております。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

取材して頂きました

R0087623.jpg

糸島素材を使った
前菜とワインを
新聞のコラムに書いて頂きます。

R0087619.jpg

母が育てたかぼちゃと人参サラダに糸島タックのチーズ
ヤリイカのマリネ
糸島豚、伊都の宝と糸島ひじきのパテ
前菜3種類 700円

R0087621.jpg
そして、爽やかな味わいのロゼワインを合わせました。

10月中旬に掲載して頂く予定です。
日経新聞、水曜日の夕刊です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

 

ポルトガル ワインナリー サミット 2016

p3_201608250125092e6.jpg

Mr Baga。
ポルトガルワイン品種
パガを世界に広めた、ルイス・パト。

バイラーダから福岡にいらっしぃました。
ルイスは、ボルドー時代の同級生、
フィリッポのお父様でもあり、
久しぶりの再会でした。

バガという品種は
昔は、タンニンが強い品種でした。
ルイスは、収量を落としたり、フランス製の樽を使ったりして、
大成功を遂げました。

若いうちは、ネッピオーロみたいで、
熟成させると、ピノ・ノワールのようになるそうです。

ルイス・パト ヴィーニャパン 2010は
コートロッティのように
白ぶどう品種を入れて、華やかに仕上がっています。
1本の樹から2房の葡萄しか取らないそうです。
1ヘクタールあたり、15ヘクトリットルという弟収量です。

p2_20160825012509ede.jpg

ポルトガル最北端のメルガソ。
ヴィーヤ・ヴェルデの生産者です。
アルヴァリーリョという品種で、
微発泡ではない、モダンなワインが造られます。

p1_20160825012510dda.jpg

そして、マディラからは、
ヴィニョス・バーベイトの方がいらっしゃいました。
当店、ラタフィアでもお出ししています。

ポルトガルワインの
魅力を感じた2時間でした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



野芥でカレーを

R0087608.jpg

ダメヤのチキンカレーに
半熟卵のピクルスをトッピングして頂きました。

バランスよく、穏やかな味わいでした。
小倉の、ガネーシャの野菜カレーを思いだしました。
スパイスの使い方は、辛さを無くしたカシミールのようでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

ヴィーガンランチ

R0087600.jpg

城南区の喫茶ひるねでは、
乳製品を使わない菜食、
ヴィーガン料理を提供されています。

丁寧に作られたサラダと
ほんのりココナッツの風味がする
インドで食べた味わいのパン。

R0087603.jpg

トロトロのなすの
スペルト小麦のパスタ。

R0087605.jpg

デザートは
豆腐クリームが添えられた
かぼちゃのタルト。

ゆったりとした時間が流れています。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


たまご

R0081247.jpg

旅をする時
朝食に卵料理をいただく。

How would you like your eggs?

scrambled egg ?

omelette?

poached egg ?

boiled egg ?

fried egg ?

最近はインドで過ごすことが多いので、
マサラオムレツを注文する。

野菜と若干のスパイスが入った、
インドオムレツ。

東京の帝国ホテルでいただいた、
バターたっぷりのトロトロオムレツも印象的だった。

パリでは、卵が濃厚なので、
un oeuf à la coque
ゆで卵をいただく。

昨日、
鉄板ナポリタンスパゲッティに添えられた
温泉卵を食べていたら、
「吉村さん目玉焼きの焼き方、どれが好きですか」
と質問され、

サニーサイドアップ(片面焼きの半熟目玉焼き)、
ターンオーバー(両面焼きの固焼き)という言葉を忘れていた。

長いこと、目玉焼きを注文していなかった・・・
今度旅に出たら、fried eggを注文しよう。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


ピッツァランチ

いる

糸島から母と妹が出てきましたので、
警固のイル・ソル・レヴァンテで
ランチを頂きました。

R0087584.jpg

妹は、大学時代、ラタフィアを
手伝ってくれていまして、
その時のシェフが、
イルソルの大渕さん。
15年ぶりの再会でした。

R0087589.jpg

2種類のピッツァ
そして、トマトといわしのパスタを頂き
楽しい時間を過ごしました。

R0087596.jpg

近くのファームに立ち寄ると、
イチゴ氷が・・・
3人で、少しずつ、頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


あんかけやきそば

R0087577.jpg

南区長丘のてぬぎに伺いました。

麺はふわふわで、野菜たっぷりの
あんかけやきそばを頂きました。

R0087580.jpg

村上レシピの家具でしょうか。
ゆったりと過ごせる空間でした。

金曜日、土曜日のみの営業、
やきそばは、今月一杯で
通常は、一汁一菜を出されています。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

中華料理

R0087573.jpg

中国四川省発祥の担々麺。
現地では、この汁なし担々麺。
麺にも、山椒風味のオイルが絡まり、
麺だけで食べても美味しくて、
手切りの豚肉に青梗菜。
見た目はシンプルですが、複雑な味わいでした。

美野島に移転した
巴蜀のランチです。

R0087575.jpg

3種の点心付きで
1000円。

美味しい中華のお店に出会いました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

アンスティチュフランセ九州のワイン講座

R0087571.jpg

本日は、フランス・南の赤ワインというテーマでした。

9月13日火曜日 21時から
懇親会を致します。
カレーとワインの相性の検証。
ワイン、1杯付き 3500円

以前、アンスティチュにいらしていた方も
ご参加頂けますので、
ご興味のある方は、是非、ご連絡くださいませ。

次回のアンスティチュの講座は、
10月11日、25日、11月8日、22日  12月6日です。

欠席される際には
前日までにご連絡頂けますと
振替もございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

護国神社

R0087555.jpg

お盆に開催されていました、
みたままつりに伺いました。

R0087566 (1)


神社に参拝した後、
蚤の市を散策、
そして、石窯でマキで焼かれた
ピザを頂きました。
素材の味わいをしっかりと感じらる1枚でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

糸島のお盆

R0087536.jpg

今年のお盆は
初盆参りで忙しく、
しみずに、お寿司をお願いしました。
河童巻きには、穴子が入ってたり、
粋なお寿司を準備してくれました。

R0087537.jpg

鉢盛もお願いしました。

R0087541.jpg

夕方からお参りに。

R0087549.jpg

素敵な、野菜の100円ショップを見つけました。
トトロの世界のようでしたよ。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

カレー

R0087534.jpg

久しぶりに、ハイダルに伺いました。
お盆の期間中、
カレーとTシャツで 1500円というフェアをされていました。
バングラデッシュカレーは、少し辛めで
スパイスたっぷり、ご飯は、嬉しい玄米です。
バングラデッシュの母の味です。

R0087560.jpg

そして、護国神社のみたままつりで、
熊本の養生カレー。
ココナッツのダール(レンズ豆)と
ラッサムでした。
程よい辛さで、体に優しい南インド味わいのカレーです。

R0087563.jpg

クボカレーとユクルのカレー。
クボカレーは鳥軟骨とネギで
優しい味わいで
ユクルは、沖縄のカレーだそうです。
テーイリチャカレー。豚と豚の血のカレー。
濃厚な味わいでした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

ボルドーワイン講座

R0087553.jpg

若いワインの魅力、熟成ワインの魅力という
テーマで、オ・ボルドーのワイン講座を開催しました。

R0087552.jpg

名古屋から福岡に帰省中の方に。
ご参加頂きました。

暑い中、有難うございました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

野菜を頂きに

R0087513.jpg

ご近所散策。
ラタフィアから徒歩10分、
浄水通のニイハラに伺いました。
野菜のビビンパを頂きました。

R0087509.jpg

3種類の前菜もまた美味しいのです。
イタリア料理から、
自然食の道に進まれたの
女性料理人のお店ですよ。

R0087514.jpg

オーガニックの紅茶も
甘みがあって美味しかったです。

ラタフィアは、
8月13日と14日に、
お盆休みを頂きます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

糸島野菜と新井さんのパン

R0087521.jpg

ラスプリの新井さんが
パンを届けてくださいました。

R0087518.jpg

糸島の新鮮な野菜といかがでしょうか。

R0087525.jpg

今年は、なすが見事に育ちました。

R0087520.jpg

かぼちゃは、とても甘くて美味しいのですが
収穫量は、昨年の半分以下・・・
私が植えた、オーガニック苗のかぼちゃは全滅で、
母の自家採種種のカボチャが育ちました。

R0087527.jpg

丸オクラ、ピーマン、ごうや
もございます。

R0087530.jpg

もりもり茂った
シソ畑から、
母が、1枚ずつ丁寧に切って
洗って持たせてくれます。
縮緬シソは柔らかいので、
くるみを入れて、ジェノベーゼにしようと思います。

8月13日と14日は、
お盆休みを頂きます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

カミーユ 上柿元シェフと  ラシーム 高田シェフの講習会

kk_201608092157098b9.jpg

大阪から、高田シェフがいらっしゃいました。

R0087485 (1)

高田シェフのお料理は、
能登の赤木明登さんの漆に盛られました。

R0087470 (1)


1皿目は、花ズッキーニと八女玉露。
花ズッキーニは、うなぎの燻製、じゃがいも等が詰められています。
ソースは、ジロールベースの八女玉露。
ムルソート合わせて頂きたい1皿でした。

R0087473.jpg


そして、広島岩牡蠣と赤牛の芝生
ナリサワシェフの苔をヒントに作られた苔の部分。
おからとパセリでできています。

牛肉のリエットと、岩牡蠣、
相性が良いです。

ボルドーでは、秋になり、
気温さがると、
生牡蠣に、熱々のソーセージを合わせます。
その感覚で、油脂と酸味のバランスの1皿でした。

R0087486.jpg

上柿元シェフは、
熊本トマトのクリームスープ バジルの香りと
佐世保のスズキのポワレ、グリーンアスパラガスを
作ってくださいました。

シェフは、毎年1ヶ月、
フランスに渡り、プラザ・アテネやソラ等で
修行されているそうです。
フランス農事功労章を頂かれても、
常に、新しい技術を学ぼうとされている
お姿に刺激を頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

ラタフィアでのワイン講座

R0087466.jpg

お昼のワイン講座がございました。


1 グリ グリ ファンキーシャトー 2014

2 クローズエルミタージュ白 ギガル 2012

3 ジブリー 1級 クロ・ド・ラ・セルヴヴォワジーヌ ジョブロ 2007

4 ポマール ドゥモジョ 2011

5 シノン フィリップアリエ 2008         


R0087432.jpg

チーズは、
日のチーズ
マディゴディーン       
アルバラシン スペイン羊のチーズ 3ヶ月熟成
アルバラシン ローズマリー スペイン 羊のチーズ7ヶ月熟成
フェタ をお楽しみ頂きました。

次回は、10月9日(日)
14時から15時30分に予定しております。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日



ボルドーワイン講座 

R0087463.jpg

西中洲オ・ボルドーにて
アッサンブラージュの芸術というテーマで、
ワイン講座がございました。

R0087466.jpg

次回は、8月15日 月曜日です。

R0087462.jpg

最終回です。
熟成ワインの魅力、若いワインの魅力。
会費 3240円
お気軽にご参加ください。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

はなもこしのイベントに

R0087429.jpg

「はなもこし」と「ガラムム」の
カレー麺のイベントに伺いました。

R0087426.jpg

整理券が配られたので、
待ち時間なく、頂くことができました。

お昼は、魚介出汁のカレー麺。
辛さ控えめで、上品な味わいでした。

R0087449_2016080921011567c.jpg

そして夜は、
汁なし平麺。
マッシュルームオイルがかかった麺に、
ポークビンダル、
柔らかく煮込まれた、
ポークカレーをかけて頂きました。
カシュー、ピーマンがアクセントになって
美味しく頂きました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

セゾンドール

R0087383.jpg

セゾンドールの9種類のお料理と、
オーディフレッドのワインを楽しみました。

R0087399.jpg

優しい味わいのお料理と、
繊細な味わいのオーディフレッドのワイン、
至福のひとときでしたよ。

R0087409.jpg

食事の後に、
セミナーにも伺いました。

R0087422.jpg

当主のアンディ氏は
ロマネコンティ社で14年働かれていたそうです。

R0087445.jpg

10年前に、ロマネコンティ社の畑に伺い、
ワインを飲ませていただきました。

ロマネコンティ社の畑はオーラが違い、
オーディフレッドの畑もDRCと同じオーラが出ているそうです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

Audiffred  オーディフレッド氏福岡に

R0087371.jpg

アンエイ・オーディフレッド氏が福岡にいらしゃいました。
アンリ氏の手は、厚みがあり、ブドウの色素が付着し
細かい傷がある、ヴィニョロンの手。

14歳から醸造学校に通い、DRC社では
ラターシュとロマネコンティの栽培と醸造を担当されました。

「ロマネコンティの畑の十字架が新しくなったでしょ?
あれは、僕が、畑作業中に、トラクターでぶつけてしまったから。
社長のヴィレーヌさんは、優しい方だから、
怒らなかったけど、悲しい顔をしてた」

DRCとオーディフレットの違いも話して頂きました。

<DRC>             <オーディフレト>  

ビオディナミ            リュットレゾネ
4割除更で6割が茎ごと       除更

*除更の理由は茎の担任が香水には入っているアルコールのように香るのと、
ワインの色を定着させる為です。

マセラシオンはドライアイス    常温のマセラシオン

*コールドマセラシオンは、CO2が出て、
酸化のリスクがあるので、
オーディフレッドはしないそうです。

醸造については、両者とも同じやり方です。
天然酵母で発酵させて、エナメルの発酵タンクを使います。
ピシャジュでなく、ルモンタージュで攪拌させます。

樽は、100%フランソワ     フランソ主体でグリボー等の樽を購入して使用

Observation 観察して、自分の頭で考えて決めるということが、DRC が実践している事です。
例えば、2004年、天候がとても良かったのですが、
何かおかしいと思い、DRCは、半分のブドウのグリンハーベストを行いました。
結果、収穫前に、天候が崩れましたが、
DRCにとっては、素晴らしいヴィンテージとなりました。

伝統を大切にして、
ピノ・ノワール本来のスタイルを表現し、
ナチュラルなワイン造りを目指す、
アンリ・アルフレッド氏、
ワイン一筋の、真面目な生産者でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

糸島

R0087357.jpg

ほとんど波のない
穏やかな海。

R0087358.jpg
 
幼い頃、
毎日、この海で遊びました。

ミミズを掘って、
魚釣りをしたり、
穴を掘ったり、
山を作ったり、

冬には、焚き火で焼き芋をしたり。

思い出いっぱいの海です。

R0087348.jpg

お昼は、対岸にて、
タイ料理を。
ハッタイ。
小エビ、厚揚げ、もやし、卵が入り、
ピーナツが添えられた、さっぱりとした麺料理。
タイの屋台にいるようでしたよ。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます

ソムリエ協会 熊本 特別例会セミナー 和食とワイン

R0087246.jpg

京都・木乃婦の三代目・高橋拓児氏と、
田崎真也会長がいらして、
和食とワインのセミナーが
熊本の日航ホテルでございました。

茶懐石の向付には、
鯛の昆布締めや、蕪蒸し等を置きます。
向こう側にあるから
向付と呼ぶようになりました。
向付には、良い器を使います。

最初に、炊きたての柔らかい飯、汁、向付がでます。
そして、煮物、焼き物、八寸・・・

茶懐石では、最初にご飯を頂き、
そして、強肴と酒がでてきます。

20年前まで、和食の世界には、
食事と酒を合わせるという概念がなかったそうで、
冷酒1種類、燗酒1種類の酒しかおいてなかったそうです。

R0087252.jpg

ナッツ、スパイス、木、メープル、杉、焼き林檎、ドライフラワー・・・

何の香りの表現か分かりますか?

田崎会長が、
お醤油の香りを取られた時の表現です。

濃口醤油には、ソースの役割があり、
薄口醤油は、スパイス的に使います。

鰹と昆布のお出汁を頂き、
シャンパーニュを頂くと、
お吸い物に、ゆずが加わったような味わいになります。

シャンパーニュは、二酸化炭素で覆われている為、
還元状態での熟成となります。
その為、メイラード反応(アミノ酸と糖の反応)が起きやすく、
モカフレーバーや、ヘーゼルナッツの香りが出てきます。

シャンパーニュとお出汁、シャパーニュと薄口醤油、
良くあいました。

そして、次は、マデイラ10年。
濃口醤油と合わせるとバランスが良いです。
メバル・アカラブ・むつごろうの煮付けと
マデイラが合うそうです。

最後は、イタリア・ヴェネット州の
レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッッラ。

こちらは、八丁味噌との相性が良かったです。

R0087274.jpg

懇親会には、
中本副会長、阿部さん、佐藤さん、森さん、
錚々たるソムリエが東京から
チャリティーの為にいらっしゃいました。

R0087271.jpg

爽やかな、サンセールで乾杯。

高橋氏のお料理も並びました。

R0087249.jpg

熊本地震で汚れたエチケットのワインも並びました。
素晴らしい味わいでした。

R0087277.jpg

田崎会長は、1995年の
ルバイヤードの甲州をサービスされました。

R0087282.jpg

熊本の郷土料理も並びました。

R0087289.jpg

微力ながら、私もワインサービスに入りました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます

ボルドワイン講座 アントル ドゥ メール

R0087331.jpg

西中洲でのボルドーワイン講座、
本日のテーマは、
アントル・ドゥ・メールでした。
フランスで1番多くの白ワインが生産される
アペラシオンです。

R0087329.jpg

次回は、8月8日 月曜日、
14時から、アッサンブラージュの芸術というテーマで開催します。

会費は、3240円
1回のみの参加も可能でございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます

熊本で更科蕎麦

R0087294.jpg

ホテル日航熊本の裏口から
徒歩1分。
堅平更科 。
香ばしい香りのするお蕎麦でした。
蕎麦湯もドロドロで美味しい!

お相席になった、
ピンク色のワインピースの
80代のマダムから、
王禄を1杯と、わさび菜とクリームチーズの
海苔巻きを頂きました。

旅の素敵な出会いに感謝です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます


北インドの味わい

R0087323.jpg

天神の水鏡天満宮で、
美し錦鯉と出会いました。

R0087311.jpg

スラージで頂く、
ジャガイモとナスのカレー。
辛さ1。
790円です。
北インドの味わい、
オーナーは、コルカタ出身。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★8月7日 日曜日 14時から
ラタフィア・ワインとチーズの会 会費5500円
若干お席ございます


プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索