春のお弁当 

hmr4.jpg

福岡も桜が満開です。
今日は、手まり寿司と、袱紗寿司を教わりました。

hmr1.jpg

卵焼きは、江戸式で。
関東では、卵を手前に入れ、二つ折りに巻くそうです。
少し、焦げ目をつけて、
最後は巻き簀で仕上げました。」

hmr3.jpg

袱紗寿司には、かんぴょう、穴子、ゴマが入ります。

hmr2.jpg

椀は、道明寺粉で、鯛を包んで桜餅仕立てにして
葛で溶いた、お出汁で頂きました。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

シェ・イノ 井上シェフ 福岡に 

yi3.jpg

本日、春吉の YOSHIDAに、
京橋、シェイノの
オーナーシェフ  井上 旭氏がいらっしゃいました。

yi2.jpg


仔羊のパイ包み焼き”マリア・カラス”や、
舌平目のソース・アルベール等の
スペシャリテを生みだされた、歴史的な料理人です。

yi1.jpg

ワインのサービスを担当させて頂きました。

テタンジェのロゼ、
ロ・クロワ・ド・カルボーニュ ブラン
シャトー ダルマニャック等を愉しんで頂きました。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

大濠サロンのワイン会 モレ・サンドニとシャンボール・ミュジニー

oo1123.jpg

* モレ・サン・ドニ ブラン 2009 ドメーヌ デ ジャック
*モレ・サン・ドニ 2010 ジョルジュ リニエ
*シャンボール・ミュジニ― 2010 メゾン ロッシュ ド べレーヌ
*シャンボール・ミュジニ― 2011 メオ カミュゼ   
*シャンボール・ミュジニ― レ・サンティエ 2011 ロベール グロフィエ ペール エフィス

oo1.jpg

ル・プアンの大谷先生に、
春らしいチーズプラトーを準備して頂きました。

oo112.jpg

次回は、5月30日 土曜日の予定でございます。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

糸島で料理教室

ash.jpg

オリキエッテを皆で作りました。
糸島、アダンソニアの料理教室です。

ash6.jpg

ブロッコリーのオリキエッテ。
糸島の粉で作りました。
アンチョビパン粉がアクセントになって、美味しい味わいです。

ash5.jpg

アスパラガスは、グレープフルーツでマリネして
頂きました。

ash3.jpg

カリフラワーと押し麦のスープは、
優し味わいです。

itg.jpg

デザートは、ハイビスカスのジュレでした。

野菜をたっぷり使った料理教室です。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

アコーディオン&ギター 韓国料理とロゼワインの会 無事終了しました

ki1_201503262043264f4.jpg

3月23日、ラタフィアにパリの音色が響きました。

ki2_20150326204329972.jpg

お料理を担当してくださったのは、
7階のナムのオーナー、チョンさんです。

松の実ともち米のスープ、春菊とあさりのナムル、
ワラビのナムル、きのこのナムル、韓国こんにゃく、
韓国唐揚げ、海老のチジミ、
牛頬肉の朝鮮人参煮込み、
キンパを準備してくださいました。

ki3.jpg

宮廷料理のような優しい味付けで、
ロゼワインとの相性も楽しんで頂きました。

ki4.jpg

ロゼワインは、ラングドック地方のワインを準備しました。

ki5.jpg

キネマチコルさん、チョンさん、
ご来店の皆様、有難うございました。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

ヴィノラムの試飲会

vi2.jpg

フランス、ローワール地方、ヴィエンヌから、
フレデリック・ブルッシェ氏が福岡にいらっしゃいました。

vi1_20150326200637b05.jpg

ボルドー大学の DNOでも教えてらっしゃったそうです。
とてもお優しい方でした。

スパークリングワイン、ソービニヨンブラン、シャルドネ、
ピノ・ノワール、ガメイ、カベルネソービニヨン&カベルネフランのワイン
そして、スパークリング、シャルドネ、ガメイの葡萄ジュースを、有機栽培で作ってらっしゃいます。
115haもある畑は、エコセールの認定を取られています。

印象的だったのは、ピノ・ノワール。
繊細で優し味わいの中に、若干のスパーシーさがあります。
来月からのラタフィアのグラスワインでお出ししたいと思います。

そして、葡萄ジュースも濃厚な味わいで素晴らしかったです。

vi3.jpg

それから、モロッコワインもございました。
モロッコの首都、メクネスにて、
Rhône、エルミタージュの生産者アラングライヨーと
モロッコ人の2人によって生み出されるワインは、
濃厚な果実味たっぷり、太陽の香りのワインでした。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

縄文杉

ya1.jpg

5時過ぎに宿を出ました。
満点の星空の下、ヘッドランプを頼りに
バス停まで。
屋久杉自然館から、5時40分のバスに乗る予定が
満席で、6時のバスに乗って、
6時40分荒川登山口から歩き始めました。

ya3.jpg

2時間程、トロッコ道を歩きます。

ya2.jpg

往復22キロ。
標高1300メートル。
登り切るが出来るか、不安で不安で、
前日はあまり眠れませんでした。

ys9.jpg

竹皮に包まれた、あさひや弁当おむすびを
朝と、お昼に頂きました。

それから、行動食に、梅干し、黒糖を
時々、湧き水を飲みながら、
2本のスティクをついて歩き続けました。

ya4.jpg

苔もまた美しいです。

ya6.jpg

バスで一緒になった
東京からの女子大生と一緒に歩きました。
木の根の上も歩きます。

ya12.jpg

推定樹齢3000年の、ウイルソン株の切り株の中には、
神様が祀られており、上を見上げると、ハートの形が現れます。
最初は、ここまでで、引き帰ろうかと考えていましたが、
ここまで、歩けたのだから、頑張ろうと
再び、歩き続けました。

ya10.jpg

ウイルソン株を後にして
急な坂道がや木製の階段が続きます。

ya9.jpg

11時40分頃、推定樹齢7200年の縄文杉に到着です。
感無量です。

ya13.jpg

小さなお花の山椿。

ya7.jpg

帰路は、少し余裕も出て、
会話をしながら、楽しみながら歩きました。

ya10.jpg

ゆっくり休憩しながら歩きました。
休憩の時間が長くなると、身体が冷えます。
冷える前に、また歩き出します。

ya14.jpg

偶然、立ち寄った
エメラルドグリーンの安房川。
素晴らしい景色です。

17時40分下山。
11時間、歩きました。
行きは、必死で、自分との戦いでした。

帰りは、お尻が白い、屋久鹿や、黄緑色の鳥に出会ったり、
苔の種類の多さに感動したり、
少し余裕がありましたが、
手摺のない橋の上で写真を撮っていると
フラっとなり、ひやっとしました。

登山口から18時発のバスに乗り、
18時40分発のバスに乗り換え、無事、宿に戻る事が出来ました。

宿の戻ろうと、坂を降りようとしたら、
膝が痛い!下りで、左膝を痛めたようです。

ラベンダーの精油でマッサージすると
翌朝には、痛さが軽減されていました。

また、いつか縄文杉に会いに行こうと思います。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

屋久島の滞在 モス オーシャンハウス

mo1_2015032520194243d.jpg

屋久島の滞在は、
モスオーシャンハウスに2日お世話になりました。
空港からは、バスで30分くらい。
飛行機を降りて、
登山用のスティックを借りる為、
空港から徒歩5分の旅楽さんに伺うと、
丁度同じ方面に行かれるかたが、
乗せて行ったくださいまいた。

mo2_20150325201944a4d.jpg

こちらの宿の決めたのは
食事が魚と自然食だから。

mo3.jpg

丁寧に作られた、お料理。
島には、お豆腐屋さんが1つしか残ってないそうで、
その、ながた豆腐を頂いました。
きめ細やかな木綿豆腐で、ずっしりしているのですが優しい味わいです。

mo6.jpg

翌日の夕飯です。

mo5.jpg

カンパチの事を、アカバラと呼び、
屋久島では、カンパチ=養殖、 アカバラ=天然。
そして、お醤油は、島の醤油は、甘口で、辛口が普通の醤油で、
島では、キッコーマンと呼ぶのだそうです。

mo4.jpg

2日目の夜、
ごえもん風呂を炊いて頂きました。
薪で焚くので香りが良いです。
はじめてのごえもん風呂。
板をバランス良く沈められるか、
底に当たって、火傷しないか、
ドキドキしながら入りました。
満点の星空、波の音に、
登山で疲れた身体が、癒されました。

mo9.jpg

3日目の朝。
朝日と共に、太陽礼拝(ヨガ)をしました。

mo7.jpg

そして、朝食の時間。

mo8.jpg

重ね煮で炊かれたひじきは、
ふわふわです。

何もしない時間が過ごせるお宿です。

お世話になりました。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

Chateau Poupille M.Phillipe Carrille qui est venu à Fukuoka

cp5.jpg

ボルドー、カスティヨンのシャトー・プピーユオーナー、
フィリップ・カリーユ氏が福岡にいらっしゃいました。

cp6.jpg

ずっとお会いしたかった醸造家です。

プピーユは、ポムロールのペトリュースと
良く比較されます。
ペトリュースを目指して、作り上げたプピーユ。
両者ともメルロー100%。
ペトリュースの垂直試飲の中に入れても
遜色ないという評判が広がり
人気が出てたワインです。

そして、葡萄は、有機栽培。
畑は、GPSで管理されていて、
ボルドー液の使用を最小限に抑えているそうです。

AB(アグリカルチャービオロジック)の認証は、
葡萄だけの決まり、2012年からは、
ヨーロッパ基準のVIN bio に切り替えるそうです。
こちらは、栽培から、醸造までの認定です。

垂直圧搾機により
雑味なない良質なジュースを得て、

システム・オクソ(オクソライン)という、
樽の中で、酸素に触れなくバトナージュ(攪拌作業)の方法を使い、
おりの旨みを取り出し、
タンニンが柔らかいワインに仕上がっています。
6ヶ月間、月2回行われます。

僕のワインを一番飲んでいるのは、
モンペラのチュボー・デスパーニュ。
有名評論家の評価より、彼のの評価に最も大切だと言うことでした。

cp3.jpg

4種類のワインを試飲致しました。

果実味豊かで、
タンニンが柔らかく、
味わいの最後の部分で優しいタンニンを感じるワインです。

タンニンの奥行きは、葡萄を噛んで、
種がカリッと割れるタイミングで、
過熟でなく、未熟でなく、
バランスの良いところで、
長年の感覚で決めているそうです。

cp2.jpg

最後に頂いた、プピーユ・アティピックは、
酸化防止剤が入っていません。
生産された年は、
02 03 04 08 09そして、おそらく2010年も出来るでしょう。
エネルギーを感じるワインでした。

素晴らしいセミナーを有難うございました。

cpp.jpg

★3月23日月曜日は、
屋久島滞在の為、お休みを頂きます

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

ラタフィアからのお知らせ 3月 

🎶 春 アコーディオン&ギターと韓国料理

ka111.jpg

3月22日 日曜日 
19時開場 お食事開始
20時演奏スタート

会費 5000円(食事 ワイン1杯付) 当日は5500円
   5500円(食事 ワイン2杯付)当日は6000円

   (お食事はお取り分けかビュッフェとなります)

ラタフィアにて、キネマチコルの
アコーディオン&ギターのコンサートを
開催致します。

お料理を担当してくださるのは、
韓国ビストロ7階のナムの女性オーナーのチョンさんです。

namu.jpg

チョンさんのお料理は、野菜が沢山使われていて、
優しい味わいです。
いつか、イベントをしたいと思っておりまして、
今回、実現できました。

ワインは、韓国料理に合わせた、
辛口のロゼワインを準備しております。


キネマチコル
ギター・白水マサキとアコーディオン・カタギリアヤによるインストデュオ。
曲により巧みに表現を使い分ける多彩なギターの音色と、アコーディオンのノルタルジックな音色が絡み合い、時に優しく、時に激しく情熱的な演奏を行う。シャンソンなど「かつてどこかで耳にした音楽」を中心に演奏。

◆7階のナム
全性垠(チョン・ソンウン)
イギリス留学中にフランス料理と出会い、コルトンブルーと、
中村調理専門学校にて料理を学び、薬院に韓国ビストロを開店。

🎶3 月 14 日(土)14 :00〜15:30 
フランス語とワイン講座  ワインとチーズ
受講料 5200円
会場 レコル
 福岡市中央区渡辺通2-8-20 Nセントラルビル2階
【TEL】 092-781-0859
【メール】 info@l-ecole.net


🎶3月28日土曜日 14時から15時30分

大濠サロンでの、ワイン会
「モレ・サン・ドニ村」と「シャンボール・ミュジニ―村」

日時:2015年3月28日(土)14:00~15:30
参加費:7,000円 (チーズ付)
申込締切:3月21日(土)
Tel:092-986-6334

★3月23日月曜日は、勝手ながらお休みを頂きます

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

糸島の畑 2015 春

ih1_201503220134036dc.jpg

糸島の春野菜。

ih5_2015032201341692d.jpg

実家、糸島でのお昼ご飯。
大皿に、朝倉の菜種油で揚げた
サクサクの天ぷら。
芝海老も糸島産。
よもぎは山からの贈り物。
野菜は、母作。
感謝です。

ih2_201503220134135e4.jpg

のびるも沢山収穫できました。

ih4_20150322013415d7f.jpg

紫色のジャガイモを植えました。
自然農で育てます。

ih3_2015032201340721b.jpg

ムスカリも元気に育っています。

★3月23日月曜日は、屋久島滞在の為
お休み頂きます。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

おばあちゃんの話を聴きに

yasou2.jpg

京都在住の若杉友子さん(1937年生まれ)の
講演会、ばちゃんがいま日本に伝えたい本当のことを聴きに伺いました。

yasou.jpg

土鍋で玄米を炊いて、
野草を食べる。
調味料は、にがりの少ない塩と
古式醸造の醤油、薄口醤油、ごま油か菜種油
自然醸造の酢があれば大丈夫。
梅干しの効果は素晴らしく、食べたものの毒、血液の毒、水の毒を
排出してくれます。

ys4.jpg

お昼は、ひるねこ食堂の
玄米、野草ご飯を頂きました。
よく噛んで頂きました。

ysou3.jpg

くよくよ考えず、明るく楽しく生きていくことが大切。
人生を楽しみなさい。
まじめに勉強してはだめよ!
楽しく学びましょう。
というお言葉を残して、おばあちゃんは、
別府へ旅立たれました。

3時間、立ったままでお話ししてくれたおばあちゃんから、
沢山のエネルギーと、元気を頂きました。


★3月23日月曜日は、勝手ながらお休みを頂きます

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

カリフォルニア・ソノマの老舗ワインナリー Pedroncelli Winery

ソムリエ協会 北九州支部、第1回分科会が
ホテルニューオータニ博多で開催されました。

pc02.jpg

品種の個性とコスト・パフォーマンス、
2000円から2600円の価格帯のワインを5種類テイスティングを
試飲致しました。

pc01_201503090137316e2.jpg

ナビゲーターは、黒木支部長。
大変、勉強になる、テイスティングコメントでした。

pc03.jpg

夕方からは、百道のみぞえ画廊での
メーカーズディナーでございました。

豪華な、絵画に囲まれてのワイン会の
お手伝いをさせて頂きました。

pc04.jpg

夜の部では、貴重な、ジンファンデルのロゼワインも
サーヴィスさせて頂きまいた。

pc05.jpg

ペドロンチェリ社のエド氏と
お話させて頂く時間も頂きました。

pc7

お料理のメインは、
炭火でじっくり焼かれた熟成牛と、
バルバリーの鴨でございました。

仕事が終わるとムッシューYOSHIDAが、
熟成牛を1皿、私の為に準備してくださいました。
ソノマの、ドライなタンニンのカベルネソービニヨンとの
相性がとて良く、これぞ、マリアージュ!と思った瞬間でございまいた。

ペドロンチェリ社のワイン、
百道・みぞえアートギャラリーで
購入できます。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日




ワイン会のご案内 モレ・サンドニとシャンボール・ミュジニー

ooh.jpg


3月28日土曜日 14時からのワイン会のご案内です。

大濠サロンでの、ワイン会、
2015年はブルゴーニュの村にスポットを当て
開催致します。

第2回目は、「モレ・サン・ドニ村」と「シャンボール・ミュジニ―村」。
1月のワイン会の「ジュヴレ・シャンベルタン村」の南に位置します。

チーズは、中央区平尾「ル・プアン」のオーナー
大谷起代さんが、ワインに合わせたチーズプレートをご用意くださいます。


日時:2015年3月28日(土)14:00~15:30
ナビゲーター:シニアソムリエ 吉村智美
定員:12名 *定員になり次第、受付を終了いたします。
参加費:7,000円 (チーズ付)
申込締切:3月21日(土)
申込方法:お電話かメールにてお申し込みください。
Tel:092-986-6334/email:info@seia-c.co.jp

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

誕生日でした

t422.jpg

誕生日に沢山のプレゼントを頂きました。
ピンク色でまとめられた
可愛いいお花は、
前日に届けて頂きました。

t42.jpg

やわからい印象の花籠と、

t427.jpg

大好きな、アベキの
ホワイトチョコレートチーズケーキ。

t423.jpg

鳥のオブジェ。
それから、葱鮪屋の女将さんは、
お赤飯と小豆をを炊いてくださり、
お刺身の盛り合わせを持って会いに来てくださいました。

t445.jpg

素敵な薔薇の花束。

t444.jpg

手編みのペンダント。

t428.jpg

糸島に帰ると、しみずのお寿司を準備してくれていました。
上品な江戸前のお寿司です。

t429.jpg

妹からは、5つの銅貨のケーキ。
高校時代からのお世話になっているお菓子屋さんです。
当時、糸島一お洒落なケーキ屋さんでした。

皆様、心のこもった贈り物を有難うございます。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

台湾の朝ごはん

tw001.jpg

台湾料理を教えて頂きました。

tw003.jpg

大好きな大根餅。
大根を千切りにおろして、
大根汁を加え、干しエビ、しいたけ、エシャロット、
台湾の米粉を入れて丁寧に作ります。

tw004.jpg

春雨、白菜と高山豆腐&パックチー、サツマイモと里芋のサラダ
大根のクミン風味は、先生が作ってくださいました。

tw002.jpg

花巻きも、美しいお花になりました。

tw005.jpg

台湾に行きたくなる
お料理教室です。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索