3月29日の営業について

29日、金曜日は、
ソムリエ世界大会見学の為、
20時からの

営業とさせて頂きます。

20時から21時30分までは、
当店スタッフの、山口と森本がおります。

私、吉村は21時30分の戻る予定でございます。

ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

■ラタフィア 薬院
福岡市中央区薬院2-4-39
092-732-9702
電話番号 18時から24時
定休日 火曜日

弟14回世界最優秀ソムリエコンクール 

54カ国から57名のソムリエが参加なさいます。
筆記試験、ブラインド・テイスティング、
サービス実技、などで世界一の座を競います。

残念ながら、日本代表の森氏は、
決勝には進めませんでしたが
3月29日の決勝は、東京で観戦する予定でございます。



ジャン=リュック・プト氏 福岡に

jp2_20130325212927.jpg

ソムリエ協会北九州支部の第2回分科会でございました。

jp3.jpg

本日の講師は、1983年世界ソムリエコンクールNo1の
ジャン=リュック・プトー氏です。

jp_20130325212928.jpg

私のソムリエナイフでワインを開けてくださいました。
早くて美しい抜栓です。

jp4_20130325212926.jpg

1.サンセール シャヴィニョール 2011
2.シャトー ド ベッサンヌ2010
3.シャトー トゥール デ テルム 2010
4.ラロッシュ コローゼ2007
5.シャトー ル チボ 2009

プトー氏のセレクションワイン5種類を試飲致しました。

jp5_20130325212926.jpg

ソムリエは、畑に足を運ぶべきだと
仰ってました。

温暖化の話、ディアムコルク話、
フロマージュやお菓子のマリアージュの話、
フランス語でのワイン表現等、
とても勉強になりました。

プトー氏と出会って、
ソムリエの仕事の素晴らしさを再確認致しました。

ご協賛くださった
合同酒精株式会社様に心よりお礼を申し上げます。

ソワニエ 2013 4・5月号

swn.jpg

ソワニエの自然派ワイン特集に
取材して頂きました。

繊細な味わいの、
マルシャルのアリゴテと

自然派ワインに開眼するきっかけとなった
ラピエールのモルゴン、

そして、最初の留学先である
コート・デュ・ローヌのシラーをご紹介させて頂きました。

当店、ラタフィアでも販売しております。

Sakura 桜

sk132.jpg

桜の季節でございます。

saku13.jpg

お花見の季節にリリースされる、
ドメーヌ・シュブロの
ロゼワイン、Sakura。
グラスワインで出しております。

sk13.jpg

sk133.jpg

枝垂桜も美しく咲いておりました。

お花見帰りにロゼワイン、いかがですか♪


■ラタフィア 薬院
福岡市中央区薬院2-4-39
092-732-9702
電話番号 18時から24時
定休日 火曜日

■3月29日金曜日は、ソムリエ世界大会見学の為20時からの営業とさせて頂きます。
私、吉村は、21時に東京より戻って参ります。

韓国土産

cr_20130325021127.jpg

妹からの韓国土産。
苺のジュース。
生絞りの様なプチプチ感があり
おいしい、苺ジュースです。

シャプティエ

cp1.jpg

日本リカーの試飲会に伺いました。

てんとう虫のいる
葡萄畑から産まれるワイン。

たっぷりとした果実味に
若干のスパイシーさ。
エレガントな
コート・デュ・ローヌの赤ワインです。

当店ラタフィアのグラスワインでも
時々、登場します♪

草原の椅子

sougenn.jpg

素敵な映画でした。
パキスタンが舞台です。
パキスタンのインド側、リシュケシュ
に滞在したことがあります。
ヒマラヤを越えると
こんな世界が広がっているんだ・・・

白い砂漠、シーガルに
いつか、行ってみたいです♪

南仏土産

av1_20130324214847.jpg

アヴィニヨン在住の純子さんからの贈り物。
無花果入りのショコラと
エスプレットとエルブドプロバンスのラスク。
ワインに合います。
有難うございます!

av2.jpg

それから、今、話題のジョーマローの
リップバーム。
素敵な箱です。

av3.jpg

こちらは、南仏のワインナリーを旅行なさった
清末夫妻からの贈り物です。
有難うございました。

カレー日和

umeya3gatu.jpg

三谷龍二さんの器を求めて
石釜の梅屋に行ったのですが、
沢山の方が並んであったので
諦めました。

umeya3gatu2.jpg

Koyaにて、深草のカレーを頂きました。
身体に優しいお菓子もおいしかったです。

1年間通行止めだった糸島峠を下って
糸島までドライブ。

nuara3gatu.jpg

無性に、ヌアラエリアのカレーが食べたくなり、
夕食は、ヌードルカリー、肉無し。
お腹いっぱいです。

葡萄畑の真珠

sc.jpg

ソーテルーヌワインに漬け込んだ
干し葡萄のチョコレート。

おいしいショコラを有難うございました。

健康診断

ks2.jpg

8年振りに胃カメラを受けました。
前日の21時から何も食べてはいけません。
当日は水もだめですっと
言われるだけで緊張してしまい、
ドキドキしながら
検査を受けました・・・

10ml程の液体を飲んで、
のどに、苦い麻酔のスプレーをされました。
スリランカのアユールヴェーダの液体より
我慢できる味です。

しっかり麻酔しますから、大丈夫ですよって
先生の優しい声。
心臓の鼓動が少し強くなり
次の瞬間、眠っていました。

ks.jpg

9時に到着して、
採血、血圧等を計って頂き
胃カメラの後に少し休んで、
12時頃には病院を出ました。

2週間後にピロリ菌の結果が出るそうです。

これからは、毎年伺おうと思います。
胃カメラ、麻酔をしたら怖くないです♪

ks3.jpg

岐路、ガラムにて、スパイスたっぷりのカレーを頂き
少しお昼寝をして、仕事を致しました。

糸島の春 新たまねぎを収穫・・・

sinntama.jpg

新たまねぎが収穫できました。

shinntama2.jpg

砂の畑からですから
するっと抜けて気持ちが良いです。

sinntama3.jpg

当店、ラタフィアのサラダに使用する
無農薬栽培の玉葱です。
これから、どんどん大きくなります。

sinntama4.jpg

畑のお花もきれいです。

hijiki_20130316204647.jpg

庭では、海から取ってきたひじきを
茹でて、乾燥しています。
茹でたてのひじきは、茶色で、
天日で乾燥することによって
黒くなるのだそうです。
茶色のひじきは、ふわふわでおいしいですよ♪

自然の恵みに感謝です。

ラタフィアの食事

tubu.jpg

昨日、コースのご予約を頂きました。
3150円のお任せコース。
2日前にお電話を頂けますと準備致します。

前菜にお出ししました
つぶ貝と、きのこのブルゴーニュー風。
ほんのりと香るフェンネルの香りが素敵な1皿です。

2007年、シャトー・デ・ジャックの
ボージョレ・ヴィラージュ ブラン 、グラン・クロ・ド・ロワズとの
相性がぴったりでございました。

昨晩のメニューは、
人参のポタージュ
天然すずきのカルパッチョ
つぶ貝のブルゴーニュ風
牛肉のポトフ
フランス産チーズ 小皿で
でございました。

■ラタフィア 薬院
福岡市中央区薬院2-4-39
092-732-9702
電話番号 18時から24時
定休日 火曜日

Ulpotha ウルポタ 3 食事

rpu7.jpg

最初にフレッシュジュースを。

rpu2.jpg

生野菜、おそるおそる頂きました。
大丈夫!スリランカ滞在4日目で、
免疫もできたのでしょうか・・・

rpu11.jpg

お豆と、ココナッツサンボルという
ちょっと辛い、
漬物みたいなものです。

rpu5.jpg

ヘリッジライスという赤米と
大好きなダール(レンズマメのカレー)等・・・。

rpu10.jpg

お昼は素焼きのお皿で頂きます。

rpu6.jpg

デザートはパパイヤ。

rpu3.jpg

そして、カートという、
ヨーグルトのようなものに
椰子の蜜をかけて頂きます。
止まらない、危険なおいしさです。

rpu8.jpg

食後はここで手を洗います。


rpu16.jpg

夜の食事はアラビアンナイトのようです。
オイルランプ照らされた幻想的な食事風景です。

rpu14.jpg

夜はステンレスの器で頂きます。

身体に優しいおいしい食事です。




Ulpotha ウルポタ 2 

up7.jpg

アユールヴェーダは
予約していなくても、
空きがあれば受けれるようですが
最低5日からで、
入国日の翌日からではないと
受けれないそうです。

up6.jpg

トゥクトゥクでちょっとおでかけも出来ます。
1ルピー8円くらい。
ウルポタガーデンまでは、15分くらいで160円。


up4.jpg

こちらは、車の料金表。
空港までは、4時間かかり、
料金は、約9200円。

世界遺産シーギリヤにでも行けます!

お支払いは、現金。
ルピーかドル。
カードは使えません。

up2.jpg

どうしても、お金が必要になったら、
トゥクトゥクで往復1時間くらいかかる
町の銀行へ行き、
20~30分待って、両替して貰います。
この、町まで行くと
フードシティー等もあり
何でも揃います。








Ulpotha ウルポタ 1

up10.jpg

電気もガスも水道もない
高級リゾート?!
アユールヴェーダも入れたら
1泊20000円くらい。
滞在は1週間から。
不安と期待の背中合わせ。

up1.jpg

道なき道を2時間、
シーギリヤからワゴン車に揺られて到着したのは
人気も看板も無い
椰子の屋根のこの建物です。

sz.jpg

彼女は南アフリカ出身、
パリ在住のスージ。
ここ、ウルポタのオーナーのお姉さんで
6ヶ月スリランカ、6ヶ月パリで過ごすそうです。

up11.jpg

ここは、きれいな湖。
私が滞在した週は寒くて泳ぐことが出来ませんでしたが
ドクターフィッシュがいて
古い角質を食べてくれます。
水に足をつけると魚が寄ってくるんですよ。

up3.jpg

朝食とお茶のハット。
ガスが無いから
薪でお湯とハーブティーを沸かすのです。
右にあるのはお粥。
これがお粥と知ったのは
滞在4日目でした・・・

rpu.jpg

この食事を見て、

up12.jpg

このヨガハットを見た時に、
ここに来て良かったんだって思いました。

素晴らしい空間と、
素晴らしい人達、
素晴らしいアユールヴェーダ、
濃厚なYogaクラス、
有機野菜とスパイスだけの
身体に優しい食事。

電気が無くても、
電話が通じなくても
水シャワーしかなくても、
シェアルームでも、
また、来年も行きたいウルポタです。

これから、ウルポタについて綴って参りたいと思います。




ファルネーゼ テイスティングセミナー

fn2.jpg

1994年、イギリスでレストラン経営をしていた
カミッロ デ ユリウス氏によって設立されました。

現社長のヴァレンティーノ氏が福岡に来てくださいました。


土着品種を大切にし、
若い醸造家を起用することによって
その醸造家と一緒に成長するのだそうです。

目指すワインは、フルーティでエレガント
それでいて集約のある味わいで、
みんなが Happy になれるワインだそうです。

fn1.jpg

このスライドは
樹齢100年のプリミティーボ。
1本から1房~2房しか葡萄が実らないのだそうです。

9種類ものワインを試飲させて頂きました。

1・スプマンテ

2.スプマンテ ロゼ

3.カサーレ ヴェッキオ ペコリーノ 2011

4.モンテプルチアーノ ダブルッツォ チーム ファルネーゼ 2011

5.カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ 2011
パワーとエラガンスを兼ね備えたワイン。
とてもコストパフォーマンスの高いワインんだと思いました。
別府・Beeの時代のグラスワインで使っておりました。 

6.ドン カミッロ 2011

7・モンテプルチアーノ ダブルッツォ コッリーネ テラマーネ2007

8・オピ モンテプルチアーノ ダブルッツォ リセルバ 2008

9.エディツイオーネ チンクエ アウトークトニ No11
イギリスのワイン評論家ヒュージョンソン絶賛のワインです。
イタリア土着品種で素晴らしいワインを作りましたねと
褒められたそうです。


fn3.jpg


このような機会を作って頂きました、
輸入元の株式会社稲葉様に
心より感謝を申し上げます。 

春の糸島

tukusi1_20130310205023.jpg

つくしが顔を出しました。
ワインヴィネガーに漬けて
サラダに添えてお出ししています。

tukusi6.jpg

さくらんぼの花も咲きました。
今年は、お花が少ないようです。
ゴールデンウイーク頃に実る予定です。

tukusi5.jpg

無農薬野菜の畑には
天道虫がいます。

tukusi3.jpg

新たまねぎは、来週頃から収穫できそうです。

tukusi4.jpg

にんじんも甘くておいしい!

tukusi2_20130310205023.jpg

豆の花です。

当店ラタフィアのサラダに使う
野菜はこの、オーガニックガーデンで
丁寧に作られます。

是非、無農薬サラダ、ご賞味ください。

■ラタフィア 薬院
福岡市中央区薬院2-4-39
092-732-9702
電話番号 18時から24時
定休日 火曜日

日本酒セミナー

ソムリエ協会の例会がございました。

sake3.jpg

蛇の目。
白いところで、
透明度や色を見るのだそうです。

sake1.jpg

精米されたお米です。
ぬかはおせんべい等になるそうです。

<日本酒ができるまで>

精米

洗米

米を蒸す
酒用のお米は粘り気が少なくたんぱく質が多い

麹づくり 2日間
日本酒の出来を左右する最も大切な作業

酒母をつくる  
麹+水+蒸し米に酵母を加える  10日から30日間

もろみを育てる 本仕込 20日から40日間
仕込み1日目→添え仕込み 
仕込み2日目→踊り 1日休憩の日 
仕込み3日目→仲仕込み 
仕込み4日目→留仕込み

上槽
もろみを酒と酒かすに分ける

ろ過  火入れ  貯蔵


sake2.jpg

6種類の日本酒を試飲しました。

sake4.jpg

菊美人   春の純米
浦霞    本仕込
独楽蔵   悠5年
菊美人   大吟醸
上喜元   純米吟醸
奥播磨   山廃 純米

いなり寿司とかんぴょう巻き

いなり寿司、別名、信太鮨(しのだずし)。
歌舞伎の信太の森の狐からきた
名前なのだそうです。

inari7.jpg

甘辛くお揚げを炊いて、

inari1.jpg

酢飯を計って、詰めます。

inari5.jpg

根みつば、初めての野菜です。
葉を先に炒めます。

inari3.jpg

牛肉には、大葉とアスパラ、ウドを巻いて、
焼いて頂きました。

inari2.jpg

京都の白みそに
赤みそをほんの少し溶いて、丁寧に漉して、
とろみのある美味しい白みそ椀です。

inari4.jpg

卵焼きは、お出汁が入った
関西風を教えて頂きました。

inari8.jpg

甘酢しょうがも手作りです。
新しょうがで作ると
ほんのり、ピンク色になるそうです。

inari6.jpg









誕生日 

2月28日、
沢山の方が
ラタフィアに来てくださいました。

hanay.jpg

当店のカラー、
ラベンダー色に合わて送ってくださったお花や、

oobu.jpg

インドシルクの柔らかいスカーフ。

atukosennsei.jpg

粒の揃った、シュエットの苺ジャムと、
パリのクスミテイー。

tiakisennsei.jpg

パリのペーパーナフキンと、
ヨガのレターセット。
面白い絵柄です。

hamadasennsei.jpg

トリコロール色向日葵のスカーフ。

hanam.jpg

ずっしりと詰まった花束。
薔薇の香りが優雅です。

hana2013.jpg


dw.jpg

16区のダックワーズ。
美味しく頂きました。

rose1.jpg

とても香りの良い薔薇です。

negimaya.jpg

春らしい色のお花です。

hana13.jpg


心のこもった贈り物を本当に有難うございます。
皆様のお陰で、楽しく、
素晴らしい誕生日を過ごすことができました。

ラタフィアのワイン講座

rv3.jpg

2月のテーマは
ロワール地方でございました。

最初に、
ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ
サンセール
シノン
の3種類を試飲して頂き

次に、他の地域との比較をして行きました。

rv1.jpg

イタリア料理教室、il cielo主催の二又先生が
大きな、手長海老を焼いてきてくださいました。

ミュスカデ、サンセールとの相性がぴったりです。

rv6.jpg

そして、二又先生作の、
ぎっしりと具が詰まったキッシュには
シノンを合わせて頂きました。

rv2.jpg

チーズはロワール地方、
セル・シュール・シェール
灰をまぶして熟成された山羊の
チーズです。
サンセールとの相性がぴったりでした。

rv4.jpg

最後に、16区のフロマージュブランのケーキを
バニュルスと頂きました。
こちらもぴったりの相性です。

皆様に、誕生日のプレゼントにと頂きましたケーキです。
ドンペリニヨンを模った
キャンドルが素敵です!

有難うございました♪

二郎は鮨の夢を見る

jirou1.jpg

美しい映像のドキュメンタリー映画でございました。
いつも手袋で手を保護なさっている姿が印象的でした。
すきやばし二郎に伺いたくなりました。

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索