本日の営業について

本日、2月25日は22時まで貸切営業でございます。
宜しくお願い申し上げます。


ラタフィア
吉村智美

熊谷守一展

kitaq_20120224010713.jpg
新幹線さくらに乗って
北九州美術館に行って参りました。

kitaq2_20120224010712.jpg

北九州美術館分館の
熊谷守一展に伺うためです。
凄い作品の数々に癒されました。

kitaq3_20120224010712.jpg
お昼は、関東炊きのおでん
お多幸で頂きました。
大根には柚子味噌が添えられ
豆腐は、絹ごしを焼いておでんになさっていて
ご飯は茶飯、お味噌汁も少し酒粕が入った感じで
複雑で美味しい!!!

kitaq4_20120224010712.jpg

旦過市場で100年床のぬか漬けを買って
シロヤでサニーパン(練乳入りのコッペパン)を大人買いして
帰路につきました。

モナリザ

monariza.jpg
ルーブル美術館に行くと
真っ先に
モナリザの絵を探します。
昔はとても近くで拝見することができました。
現在は、遠くからしか眺めることができません。

レオナルド・ダヴィンチの美の理想
もうひとつのモナリザを観に
福岡市美術館に行って参りました。
ルーブルのモナリザはございませんでしたが
見応えある展示でございまた。

大濠サロンでのワイン会

seia1.jpg
大濠サロンのワイン会、カーヴ・クラブにて
ナビゲーターを勤めさせていただきました。

テーマは<ピノ・ノワール>
4カ国のピノ・ノワールをブラインドテイスティングで
楽しんで頂きました。

seia2.jpg

次回のテーマは<シャルドネ>です。
3月27日火曜日19時からでございます。

魅せられてインド アジア美術館

museinde.jpg

福岡アジア美術館のインド展に出掛けました。
横山大観氏の掛け軸、樹下美人や
平山郁夫氏の
ジャイプールのアンベール城、
妹尾河童氏の
河童が覗いたインドの原画、
民族衣装等‥

懐かしい品々が展示されていました。


museindo.jpg

今度はいつインドが呼んでくれるのでしょうか・・・


rim23.jpg

お昼はカフェリムで
新ジャガと豚肉のロールの定食を頂き、
ワインの試飲会に伺いました。

今日はとても過ごしやすい1日でございました。

黒アワビ

awabi.jpg
大きな黒アワビを頂きました。
生で頂き、
海藻バターで軽く焼いて頂きました。

シャンパーニュとの相性も良かったのですが
赤ワインとの相性もとても良かったです。

レペルトワールの長谷川シェフは
よく、ポートワイン蒸しにして
出してくださってました。

こんなに大きい黒アワビを頂いたのは
学生時代の五島でのキャンプ以来いです・・・

有難うございました。

ショコラ

vday.jpg

ヴァレンタインデーに頂いた
サダハルアオキの
色鮮やかなボンボンショコラ。

濃厚な味わいで美味しく頂きました。

有難うございます!!!

ラ ネージュ 

福岡にこんなに雪が積もったのは
何年振りでしょう・・・

yuki.jpg

なんだか楽しくなります。

yuki2.jpg

ハマム

hamamu3.jpg
ヴィラ・デ・ゾランジェという
素敵なリアド(邸宅を改造したホテル)で
ハマム(サウナ)とスクワラン(垢すり)を
して頂きました。

hamamu2.jpg


まず、サボンノワールという
ハーブを燃やした灰が練りこまれた
オリーブオイルベースの石鹸を
身体に塗られて
しばし、大理石のサウナの中へ。
とてもゴージャスな
空間に1人・・・

そして、ミトンで
垢すりをして頂き
全身にボディーソープをかけられて
シャワーを浴びて終わりです。

最後にハーブティーで癒されて
贅沢な時間を過ごしました。

hamamu1.jpg





タジン

tajin.jpg

tajin2.jpg

モロッコ料理の定番、タジン。
地元の人が行く
小さな食堂で頂きました。

モロッコで1番美味しかったタジンです。
沢山のジャガイモ
鳥肉、人参、オリーブとグリンピースに
塩付けレモン、
少しのスパイスと水で蒸し煮にします。

最初に塩の効いたオリーブと
ピュレ状のコリアンダー風味のトマト
大きな丸いモロッコパンが出てきて
それから、タジン小が運ばれました。

おいしいタジン!
ご馳走様でした。

モロッコ3日目 世界遺産 マラケシュ

ジャマ・エル・フナ広場。
中世の頃から栄えていた
マラケシュの中心部です。

mar6.jpg

絞りたてのオレンジジュースは4DH。
少し酸味のあるグレープフルーツは15DH。
お水代わりに
沢山頂きました。


mrc2.jpg

夕食は勇気を出して
屋台で頂きました。
皆、手で食べていますが
ユンヌ フォシェット シルブプレ!っと
フォークを頂き
羊の脳みそをすこしと
タンジーヤという
素焼きの壷で煮込まれた
マラケッシュ名物の肉料理を頂きました。
ハマムというアラブのサウナの横で蒸し焼きにされるそうです。

mar1.jpg

迷路のようなメデナ(旧市街)の素敵なランプ専門店では
モロッコ人ラッパーのPV撮影が行われていました。
有名な方だそうです・・・

mar7.jpg

深夜12時を過ぎても賑やかです。

モロッコのかたつむり

esuc2.jpg

モロッコのかたつむりこと
エスカルゴは
大きな鍋に、生姜、ハーブ、クコノ実をいれ
コトコト煮込まれます。
フランスのエスカルゴに比べると小振りです。

esukarugom.jpg


小さいカップが5DH
大きなカップは10DH

エッサウィラで1杯。
マラケッシュで1杯。
シャウエンンで1杯。
カサブランカで1杯。

少しピリ辛で薬草の風味のモロッコエスカルゴ。
お肌に良いような気がします。

近所の方は袋一杯買っていきます。

モロッコ2日目 エッサウィラ

カサブランカから
長距離バスCTMで7時間。
早朝7時に出発。
まだ外は暗いのです・・・
es1.jpg

7時間かけて
芸術家に愛された港町エッサウィラに到着。
2001年に世界遺産に旧市街メディナが登録されました。
es2.jpg

バスを降り、町の中心までタクシーで10分足らず。

es4.jpg

少し歩いて
フランス人の経営する
カーサリラを今日の宿に決め
アルガンオイルマッサージを予約して
町を散策します。
es3.jpg

素敵な絨毯ショップを見つけました。
とても欲しいベルベル絨毯だったのですが
この先の長旅を考えると・・・

es6.jpg


夕飯は港の屋台で
魚を選んで炭火焼で焼いていただきました。
新鮮で、ほんのり炭の香がして
おいしい~
es5.jpg

そして素敵なレールブルーパレの
暖炉に火が灯されたバーで
メクネスワインを頂きました。
es7.jpg

あっ日が暮れる前に
海を見るのを忘れていました!
真っ暗の海は白い水しぶきしか見えず悲しかったです!

明朝は6時のバスでマラケッシュに移動です・・・
またいつか
この町でのんびりと過ごしたいです。




2012日仏学館ワイン講座2

riz_20120217202856.jpg


<ワインで巡るフランス>
隔週火曜日 19時から20時半

毎回のブラインドテイスティングで品種の特性を掴んでください。


4月10日 ヴァル・ド・ロワール
4月24日 アルザス
5月8日 ブルゴーニュとジュラ・サヴォア
5月22日 コート・デュ・ローヌとコルシカ島
6月5日  ボルドーと南西地方

講座は日仏学館となります。

受講料 23100円  登録料 6000円(1年間有効)

お申し込み、お問い合わせは
日仏学館 http://www.ifj-kyushu.org/jp/
092-712-0904
tomomiyoshimura@hotmail.com

シャトー パルメ 89

mgpal.jpg
シャトーパルメ89を頂きました。
色調はオレンジを帯びたガーネット。
ブラックベリー、乾燥無花果
陳皮、干肉、森の下生草
キノコ、カカオ等・・・
豊かな香が広がり
シルクのような舌触り。
美しい熟成をしたマルゴーのワインでした。

数ヶ月前にも同じヴィンテージのワインを頂きましたが
同じワインとは思えない程の
香、味わいに違いがございました。

barolo.jpg


それから、
イタリアのバローロ。
DOSIO、1971年。
こちらは全体にオレンジ色調。
柔らかく熟成したワインでございました。

イタリアから友人が
持ってきてくれました。

いつも有難うございます!

モロッコ1日目♪カサブランカをぶらぶら・・・

cab2.jpg
パリから3時間
カサブランカへ。
パリの準備は万全でしたが
モロッコは、何とかなるでしょうと気持ちで・・・
ホテルを探すこと1時間・・・
やっぱり予約しておけばよかった・・・

空港から鉄道でカーサヴォワイヤージュまで。
それから、赤いプジョーのタクシーに乗って
ホテルの集中するエリア
長距離バスターナルまで。

駅から町中まで
正規料金でしたら100円くらいなのに
止まっているタクシーに交渉すると500円とか300円と・・・
少し歩いて、走ってくるタクシーに乗って
目的地まで・・・
インドで何度と騙されているから、もう騙されませんよ!!!
しかし、大きな荷物を
車の屋根に載せろと言われた時には
<嘘でしょう?>と言ってしまいました。

数件ホテルを見せて頂き
夕方、やっとホテルにチェックイン。
そして、散策へ・・・
パリよりも暖かく、
思ったより治安もよさそうです。

csb4.jpg



旧市街はメデナといって
迷路になっています。
初日なので、迷よわないようにちょっとだけ覗いて・・・

cab7.jpg

メデナの食堂をおそるおそる覗くと
揚げたの新鮮な小魚を
手のひらにのせてもらって
おいしいでしょって。
モロッコの人って優しいんです・・・

お花屋さんを覗くと
赤いバラを1輪、プレゼントだよっと頂きました。

cab3.jpg

夕飯はホテルの近所の素敵な内装のレストラン
ハリラというモロッコスープにオリーブとパンを頂きました。

そして、リックスカフェへ。
映画カサブランカの舞台となったカフェを
近年になって、アメリカ人が再現したとう
レストランバーです。
君の瞳に乾杯の
カサブランカ・・・
メニューには、カルバドスやシャンパンカクテルもございましたが
頂いたのは、モロッコのメクネスワインです。
南ローヌのような
果実実豊かな味わいです。

casa5.jpg


csbrc.jpg


お洒落なモロッコのバーでしょ!



日々の膳

2012morimama.jpg
今月のお料理教室は
鯵の三杯酢
春菊と黒胡麻和え
海老芋と鶏、ほうれん草の炊き合わせ
いろは島の牡蠣のみぞれ椀(春待ちの椀)
プルプルの茶碗蒸しでございました。

2012morimama4.jpg

鯵のさばき方
大名開きと背開きを
教えて頂きました。
大きな鯵でしょ?

2012morimama2.jpg

海老芋は丁寧に処理をして蒸して
それをコトコト煮込みます。
鶏は削ぎ切りにして
甘辛く・・・
そして、小石原焼の器に入れ
お取り分けで頂きました。


2012morimama3.jpg

おいしいおいしい
節分のお昼ご飯でした!

2012morimama5.jpg

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索