メーカーズディナー シャトー ラグランジュ

Chateau Lagrangeより
2004年に副社長に就任なさった
椎名様をお迎えしてのワイン会が
中央区舞鶴のCookinにて
12月1日19時半よりございます。
会費は10000円。

私吉村も手伝わせていただく事になりました。

残席僅かでございますので
お早目のご予約をお勧め致します。

要予約 電話 712-9159(クッキン)
http://www.kakuyasu-hp.jp/coc/reserved.html

12月の日仏学館1日講座

noel.jpg
<田中博子さん撮影>

11月27日に予定しておりました
ボジョレーヌーボ祭りは
中止となりました。
大変申し訳ございません。

12月2日19時からの講座は開催が決定でございます。

<1日講座 パティスリークリエーター田中博子とソムリエ吉村のノエルの話>
フランス、アルザス地方のジャムで有名なメゾン・フェルベールで修行した
田中さんとソムリエ吉村が、フランスのクリスマスについて話します。
12月2日(木)  19時~20時半 お菓子とワイン付 受講料 3500円

クリスマスの時期に頂くジャムの話や
南仏の13デザート(トレーズデッセール)の話等
デザートとワインの組み合わせを
お楽しみ下さい。

*こちらのお申し込みは
九州日仏学館092-712-0904
もしくはtomomiyoshimura@hotmail.com
にお願い致します
www.ifj-kyushu.org

11月27日(土)18時~23時頃まで
12月3日(金) 18時~2時頃まで
警固にございます
ル・フラマンローズにお手伝いでおりますので
是非ワインを飲みにいらして下さい。
http://le-flamant-rose.com/

イモーテルのちから

cor.jpg
<カルヴィの夕暮れ>

コルシカ島に咲く
可愛らしい黄色い小花、イモーテル。
別名ヘリクリサム。

6月~7月にかけて満開になるそうで
この時期に収穫した花は
色あせること無く永遠に黄金色だそうです。

カルヴィのBIOの製品を取り扱っているお店で出会いました。
こちらのスタッフ
アジア系の長身、黒髪のモデルのような美しい女性です。
お父様は、コルシカ島で有名な日本人空手選手。
偶然、お世話になったワインナリーの従姉妹でもあり
Le monde est petit!
世界は狭いねと盛り上がりました。

さて、この時期になると、乾燥して蕁麻疹が出ます。
そこで、椿油にイモーテルノ精油を
数的たらして使ってみると
数日で、蕁麻疹が和らぎました。
薬を飲んでも良くならなかったのに
イモーテルのお陰で今年の冬は乗り切れそうです。

いつか満開のイモーテルを見に
もう一度コルシカ島に行きたいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


ニュージーランド旅行 <準備>

12月16日から30日まで
ニュージーランドに滞在致します。

チケットはマイルで9月に予約。
ディスカウントマイルで27000マイル+27000円で入手。

目的は、勿論ワインナリー巡りなのですが
ミルフォードサウンドまで足を延ばしてみたくなり
2週間はあっという間に過ぎていきそうです。

1日目 13時10分 福岡発
2日目 9時20分にオークランド着
3日目 ストニーリッジヴィンヤード ワイヘキ島へ
4日目 プロヴィダンス訪問の為、マタナカへ
    →公共の交通がない為もしかしたらレンタカー!?
5日目 1日かけて鉄道でウエリントンに移動
6日目 念願のクスダワインナリーへ 
7日目 マルボロに移動
8日目 マルボロ
9日目 マルボロ~クライストチャーチに移動
10日目 クライストチャーチから満点の星空のテカポへ 
11日目 テカポからクイーンシティ(セントラルオタゴ)へ
12日目 クイーンシティ~ミルフォードサウンドへ
    美しい湖にて船中泊
    http://www.realjourneys.co.nz/Japanese/ja_MilfordSound/
13日目 クイーンシティへ
14日目 飛行機にて1時間40分 オークランドへ
15日目 9時15分の飛行機にて成田経由 福岡へ

いつもでしたら、ホテルの予約は行ってからするのですが
今回は、ピーク時ということもあり事前に予約してからの出発です。

飛行機のチケット1ヶ月前には179NZ$ だったのが
今日予約すると301NZ$に・・・
http://www.jetstar.com/jp/ja/fares.aspx

列車もワイン付きで49NZ$とういチケットがございましたのに
今では130NZ$!
http://www.tranzscenic.co.nz/services/tranzalpine.aspx

悲しくなります・・・
しかし、チケットがあるだけいいのです。
インドは人口が多い為、売り切れということが
何度もございました。
その度にハラハラしておりましたから。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



マルセル・ラピエール

2010年10月10日にお亡くなりなられた
マルセル・ラピエール氏。

有機栽培で作られた葡萄を、補糖、補酸を行わずに、
葡萄に付いている自然酵母で発酵し
瓶詰め時の酸化防止剤は最低限に抑えたワインは
素晴らしい香りにあふれています。

1981年にジュール・ショヴェ氏と出会い、
84年からビオロジックに移行したそうです。

2010年のボジョレーがラピエール氏の遺作となります。
現在は、息子のマチュ氏が後を継いでらっしゃいます。

私が「ガメイ」という品種そして、自然派ワインに
興味を持ったのは、1999年のパリ、
ラピエール氏のモルゴンを
「カーブ・オジェ」で入手し頂いてからでした。
今までのガメイの味わいを覆し
心の底から美味しい!と思えるワインでございました。
同じ頃ブルータスのワイン特集
2000年(ミレニアム)の1本に
パリのソムリエが選んだワインでもございました。

心よりご冥福をお祈り致します。

Merci M.Marcel LAPIERRE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



11月27日(土) 九州日仏学館にて
いわつなおこさんのアコーディオンと
ヌーボを楽しんで頂く会がございます。
14時~15時半 会費3500円でございます。
前座ではギター川上敏和氏の出演が決定しました!

ボジョレーヌーボ解禁2010

2010bj2.jpg
<開店前の葱鮪屋>

多くのお客様にお集まり頂き
鳥飼、葱鮪屋でのボジョレーヌーボの会が
無事終了致したこと、
心よりお礼申し上げます。
2010bj.jpg


<お食事>

*前菜取り合わせ
・真蛸のテリーヌ ・薩摩地鶏のパテ
・新ジャガスパニッシュオムレツ
・つぶ貝バター焼き
*穴子と蓮根のフリット インドの風味で
*佐賀牛の味噌漬け生春巻き仕立て
*葱鮪屋名物 おでん
*黒豚バラ肉のトマト煮込み季節の野菜を添えて
*女将さん特製 蛸飯

<ワイン>
*ギ・ブルトン2010
*ドメーヌ ジョベール 2010
*ドメーヌ ヴィーユ2005
別料金にて
*マルセルラピエール2010
*ドメール ドゥ ラ マーヌ2010


11月27日(土)には九州日仏学館にて
いわつなおこさんのアコーディオンと
ヌーボを楽しんで頂く会がございます。
14時~15時半 会費3500円でございます。

本日は、警固のル・フラマンローズにて
お手伝いを致します。グラスでた沢山の自然派ボジョレーヌーボを
楽しむかことができますよ!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村











葱鮪屋で

oden.jpg
本日、パリのワイン屋さんから
ボジョレーヌーボいかがですかと
メールを頂きました。
Les Griottes : 7€
Les Vieilles Vignes, non chaptalisée, non filtrée : 8,50 €
Carton de 6 bouteilles = 5 + 1 gratuite
普通のヌーボは1000円ほど、
補糖無し、フィルター無しのヌーボは約1300円
5本買えば1本プレゼント!
18日は休憩なしで営業しています!
とのメールでございました。

パリでも盛り上がっているのでしょうね・・・

友人からのメールでは、パリは急に寒くなったり、
生温くなったり、
その為なのか風邪をひいてる人をよく見かけます。
紅葉も結局は色がつかずのまま散ってしまい、
少々残念ですとの事・・・

福岡はやっと色付き始めましたね。


さて、今日は
最終打ち合わせで
葱鮪屋に伺いました。

トマト、卵、厚揚げ、アスパラ
糸こんにゃく、ワカメと
熱々のおでんを頂、最後には
焼き海苔の風味豊かな
心のこもったお結びを
焼きカラスミ、とろろ昆布
と共に頂きました。

いよいよ、明日が本番でございます。

11月27日(土)には九州日仏学館にて
いわつなおこさんのアコーディオンと
ヌーボを楽しんで頂く会がございます。
14時~15時半 会費3500円でございます。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



♪出張ワイン講座

北九州にございますフランス料理店<ル・ルビー>にて
ワイン講座に行って参りました。

フランスワイン概要を話させて頂き
ブラインドテイスティングでワインを味わって頂きました。

1・プチシャブリ07  ドメーヌ ポミエ
2・エデレツウィッカー08 ルネ フランツ 
3・ショレイレボーヌ07 クロード マルシャレ
4.コート デュ ローヌ06  ドメーヌ レ アフィラント
5.モンバジャック06 シャトー オー ド カイユヴェル

フランスの香漂う素敵なお店です。
北九州にお出かけの際には是非お立ち寄り下さい。

ル ルビー
北九州市小倉北区馬借1丁目4-19-1F
093-533-0339


精進料理

1111.jpg

本日はお寺のお手伝いをしました。
母達が作った、50名分の精進料理をお出ししました。
器が入れ子椀です。

ご飯
寿司揚げ、豆腐、わかめのお味噌汁
なます
白菜の和え物
季節の煮物

野菜でお腹一杯になります。
食べ終わると一つにまとめる事ができます。

11月18日ボジョレーヌーボ祭 満席のお知らせ

11月18日、城南区鳥飼、葱鮪屋でのボジョレーヌーボー祭は
お陰様で満席となりました。

有難うございます。

18日、22時からは葱鮪屋、
通常営業を致します。
わたくし、吉村もしばらくおりますので
是非、いらして下さい。

また、11月19日には、警固のル・フラマンローズにて
お手伝いに入っております。

11月27日土曜日には九州日仏学館にて
いわつなおこさんのアコーディオンもヌーボーと一緒に
楽しむ事ができます。

宜しくお願い致します。

吉村智美
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

本日の西日本新聞朝刊に

nishinippon.jpg
西日本新聞の朝刊に私のイラストを載せて頂きました。
11月18日木曜日、いよいよ解禁です。
19時~の鳥飼葱鮪屋でのボジョレーヌーボ祭りお陰様で残り数席となっております。
お早目のご予約をお勧めいたします。

11月27日土曜日14時~の九州日仏学館では、
いわつなおこのアコーディオンコンサートがございます。
ヌーボーと共にお楽しみ下さい!

吉村智美

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

セルジュ・ブロック氏福岡に

vl3.jpg

まってる。
Moi J'attends・・・
人生が描かれた絵本。
心が温かくなる、大人も楽しめ、フランス語も楽しめる絵本です。
こやまくんどう氏に直筆の日本語も素敵です。

著者*デヴィット・カリ
イラスト*セルジュ・ブロック
訳*小山薫堂

どうやったら微笑んで貰えるか。
人々に喜んで貰えるかを常に考えながら仕事をしているそうです。

最初のページにおじさんの頭に載ったワイングラスを描いて頂きました。

一緒に行った、フランス人ヴァレリーも
6歳の息子に良い本を見つけた!良いお土産だと
1冊購入。

九州日仏学館でのイベントでございまいた。

シャトー プティ・ムーラン

vl2.jpg

vl.jpg

一児の母バレリーはシャトープティムーランの輸出担当です。
福岡市とボルドー市の姉妹都市を記念して選ばれた
シティワインのプロモーションで来日。
本日は、岩田屋にて一緒にワインを販売しました。
さっぱりとした味わいの白
チャーミングな果実の飲みやすい赤
明日まで試飲販売をしております。
お近くにいらした際には是非お声をかけて下さい。

11月 晩秋のお膳

11gatu.jpg
本日はお料理教室でした。

         献立

 飯     まつたけごはん
 汁     椎茸とほうれん草のかき玉汁
向付け    鯛のお刺身
煮物     鯛と名残茄子のみぞれ煮
和え物    林檎と柿の一緒盛り
今日の小皿  大根の醤油漬け

11gatu2.jpg
始めに、台湾産の秋らしいお茶、烏龍桂華茶
とお茶請けに、日本橋 錦豊琳のきんぴらごぼうの花梨等を頂きました。
上質な烏龍茶の香の中にほんのりと金木犀の香が漂います。

和え物は、西京味噌と炒り立ての胡麻をすって
林檎と柿を合わせました。
器は、割山椒。
山椒の実が弾けた姿のように見えることから
わりざんしょうと云うそうです。
11gatu4.jpg

今回は、鯛の皮引きをさせて頂きました。
身が沢山剥がれてしまい
先生のように、中々ピンク色の部分が残りません。

11gatu3.jpg

松茸ご飯は、羽釜で炊き上げ
今日の器は、筒茶碗です。
お茶時にこの器に入ってご飯が出てきたらお変わりはありませんという意味が
あるそうです。

椀は、寒い時期なので、片栗粉を入れてとろみをつけます。

ひとつひとつ時間をかけて丁寧に作って参ります。
お食事中のほうじ茶も薫り高くおいしい1杯でした。

次回、12月はおせちと言うことで楽しみです!

明日、明後日は岩田屋のワイン売り場にボルドーシティーワイン生産者と
一緒に試飲販売をしておりますので、是非お立ち寄り下さいませ。

唐津くんち

karatu.jpg
<洋々閣にて>

今年もおくんちに伺いました。
素晴らしいお祭りです、素晴らしいおもてなしに
心より感謝申し上げます。

本年は、音楽家、漆作家、写真家、建築家、寿司職人・・・
素晴らしい方々とご一緒させていただきました。

そして、心のこもった沢山のお料理と美味しい酒、
ワインもございました。
バロ・ミロのポマール06は旨みと果実味たっぷりで
ポマールの畑を思い出しながら頂きました。
至福の一時でした。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

インドの国民飲料 チャイ 

Chai、ヒンディー語:चाय/ウルドゥー語:چاۓ cāy チャーイ
マサラチャイ、マサラティ・・・

chi.jpg
ニューデリー1のチャイショップって
同じホテルの日本に教えて頂きました。
インドに来ての最初で最後の屋台経験は、チャイ。
他にも、フレッシュサトウキビのジュースやフレッシュオレンジ
フレッシュレモネードと沢山魅力的なジュース屋台はあるけれど
1人旅ですから、もしもの事を考えると。
インドでは、食あたりする事を、洗礼を受けると言うんですって・・・

chi2.jpg

暑いインドの地で暑いチャイ。
ミルクティーにシナモン、生姜、カルダモンそして沢山の砂糖。

ビニールに入ったミルクとヤカンのお湯に茶葉
そして生の生姜にスパイスを砂糖入れ、高いところかかグラスに注がれ
空気が入って丁度良い温度になり、美味しくいただけます。
疲れた身体にもってこい!

列車に乗ると、大きな牛乳のタンクから
紙コップに牛乳が注がれ、ティーパックを入れて半セルフサービス。
これで1杯5ルピー(10円)

ちょっといいホテル泊まった時には
モーニングコールと共に、早朝、濃いチャイが運ばれ
時には、生姜入りのティーパックにパウダークリームが
ビニールに入ったチャイセットが置かれています。

外資系の冷房の効いた洒落たカフェでのチャイは
少し残念な味わいのチャイが・・・
やはりチャイはインド人が作るに限る!

嫌だ嫌だと思って過ごしたインドも
このチャイを頂くと心まで温かくなりました。

愛おしい味わいのチャイ。また来年お目にかかりましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

ボジョレー・ヌーヴォ2010の味わいは・・・

bjn10.jpg


太陽のもとで収穫は終了
果実味豊かで、滑らかでバランスの取れたワイン

収穫は9月13日に始まり、10月6日頃に終了した。
今年の収穫時の天候は理想的であった。
日照に恵まれ、わずかに涼しかったために、
ぶどうの成熟は規則的に進み、畑の衛生状態もとても良く、
生産者は天候の恩恵を最大限に引き出すために、収穫を数日遅らせることができた。

タンクの中では、醸造の第一段階であるアルコール発酵が終了したばかりで、
マロラクティック発酵が始まっている。
「最初の果汁は、ワインがとてもアロマ豊かで、色が濃いことを示している」
と、Sicarex*の技術取締役であるベルトラン・シャトレ氏は説明する。
*)ヴィルフランシュ・シュール・ソーヌにある研究所で
ボージョレーのぶどうの研究を行っている。

並外れて素晴らしかった2009年ヴィンテージの後、
2010年のキュヴェは、将来有望であることをすでに予測させる。
2010年ヴィンテージには、繊細さと力強さの中に、
際立った果実味(キイチゴ、カシス、スグリ)が支配的な、
ガメイ種の典型的な特徴が見られるであろう。
今年は11月18日(0時)に2010年ヴィンテージの詳細が明らかになる。

****2010年のボージョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月18日(木)です***

フランス食品振興会HPより
http://www.franceshoku.com/pages/2010/bjn2010.html

★11月18日(木)19時~
 <ボジョレーヌーボ解禁!ギターと共に>
出演者   ギター 川上敏和 ソムリエ吉村智美
会費    6000円
会場   おでん専門店葱鮪屋   
      城南区鳥飼6-13-21 ℡ 823-1818


★1日講座 いわつなおこのアコーディオンとボジョレーヌーボ
素敵なアコーディオンの音色と共に2010年の新酒をお楽しみ下さい!
日時  11月27日(土) 14時~15時半 ワイン試飲2杯付き 
受講料 3500円
会場 九州日仏学館
こちらのお申し込みは
九州日仏学館092-712-0904にお願い致します
www.ifj-kyushu.org


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索