草月 初夏の花

R0011039.jpg

木苺、アマリリス、等を使用し
分解して再構成です。


R0011066.jpg
そして、本日は
紫陽花、枇杷、コンガルーポー、こでまりを使用して
あらゆる角度からのお花です。

 

夏野菜

R0011055.jpg
R0011053.jpg

夏野菜が美味しい季節となりました。
実家の畑ではズッキーニが元気に育っております。

何故か季節外れのコスモスが
可愛らしく畑を彩っております。

南仏の郷土料理、ラタトューユには、
このズッキーニが沢山使われます。
アヴィニヨンに住んでいた頃には
新鮮なオリーブオイル、プロヴァンスのニンニク、ズッキーニ、トマト
パプリカをBIOの市場で購入し
ラタトューユを作っておりました。

また、レストランでは、花の部分に
ルジェ(小さなヒメジ)等のすり身を詰めて
フリットにして、サラダを添えて出されておりました。

今、ラタフィアでは
高木シェフのラタトューユが新しくメニューに加わりました。

プロバンスのロゼワインと一緒にどうぞ。


佐賀を堪能~鍋島段通

IMG_3044.jpg
本日は佐賀に行って参りました。
目的は、鍋島段通の工房を拝見することです。
ミュージアムの2階が手織りの工房になっております。
R0011029.jpg

オーガニックコットンを使用し、手よりのコットンで
丁寧に織られておりました。
上の写真の段通は藍の草木染めです。
毛足は28mmでボリューム感のある段通です。


R0011033.jpg


IMG_3049.jpg

R0011020.jpg

お昼は
佐賀の郷土料理を<駒>で頂きました。

それから、鍋島藩のお墓がございます
禅手、高伝手にも伺いました。
熟した梅の香りが心地良く
600年以上の楠の木が立派でございました。



R0011018.jpg

また、村岡屋ギャラリーでは草木染め展を拝見することが出来ました。
自然の力の素晴らしさを実感致しました。

お隣の喫茶で頂いたコーヒーには
佐賀錦が付いており、ゆったりとした時間を過ごす事ができました。

R0011015.jpg

半日ではございましたが佐賀を堪能致しました。

ジャズベービース♪

R0011005.jpg
本日は、ジャズベービースの生演奏がございました。
スウィングジャズなんですが
当店の為に<ラビアンローズ>等も歌って下さいます。
柔らかい素敵な演奏です。

次回は、6月20日の土曜20時半~ございます。

本日のお昼は石釜の梅屋に
予約していた
小代正さんの籠を頂に伺いました。
以前、お箸造りを教えて頂いた方です。
R0011002.jpg

そして、お昼は稲穂うどんで
讃岐うどんを頂きました。


それから、別府の橙にて
田中博子さんのチーズケーキと
コーヒーを頂きました。

R0011001.jpg

器は、店主の妹の作品です。
素敵なお店です。
田中博子さんとは、8月22日に日仏学館で開催致します
ジャムとアルザスワインのマリアージュで
ご一緒させて頂きます。

是非足をお運び下さいませ。


大漁です

母の日でしたので
実家に寄りました。

R0010879.jpg

夕方、父が4k近くの鯛や
大きなカワハギ
ヒラスやイサキを釣って来ておりました。
R0010943.jpg

日曜日になると対馬の辺りまで
船で釣に行くそうです。

釣れないあるそうですが
昨日は大漁でございました。

R0010940.jpg

大きな鯛をラタフィアに持ち帰り
カルパッチョでお召し上がり頂きました。



R0010939.jpg

R0010918.jpg

R0010968.jpg


そして、畑では無農薬のグリーンピースが
豊作です。
収穫したてのピースは甘くて柔らかくて
当店の前菜
サンジェルマンでお召し上がり頂く事ができます。
グリンピースと自家製ベーコン、新玉葱の1皿です。
昔、パリのサンジェルマン辺りが
豆の農園だったということから、ピースを使う料理をサンジェルマンと云うそうです。


ラタフィア
福岡市城南区別府2-20-44
092-822-8681

ロワールの郷土料理 リヨー

200905062100000.jpg

国内で食用に育てられた、豚は本当に大切に育てられています。
一般の部外者は、育成の見学も出来ないほどです。

今回はフランス、ロワール地方の郷土料理、”リヨー“をご紹介します。

”リエット“と言う料理は、ご存知の方もいらっしゃると思います。
リヨーRillauds も語源はこのリエットRillettesからだと言われ、地方によっては
”リヨンRillons“と呼ばれます。
塊の豚バラ肉をこんがり焼いて、ラードと、白ワインで煮込んだものです。

200905061944000.jpg

ゆっくり、柔らかく煮込んだ豚肉を、お出しする前に表面をもう一度、
カリカリに、焼いて、余分な脂はおとし、サラダを添えています。

ソミュールブランや、クールシュベルニー
ドメーヌモスのアンジュ等と一緒にお楽しみ下さい。

松山

R0010806.jpg
松山に行って参りました。
内子で散策、お昼には、鯛めしを頂き
内子座、和蝋燭のお店に伺いました。

宿泊は、道後、大和屋本館に、
お食事は、栴檀で頂きました。

上品な紫色の江戸小紋をお召しになられた女将が
自ら、お料理を運んで下さいました。
食前酒には菖蒲を浮かべたお酒が準備されておりました。


200905051845000.jpg

鯛や、海老は、しっとりとした上品な味わいで
初鰹や、アイナメ等初夏の味覚を堪能致しました。


R0010807.jpg



続きを読む

フランス南西部地方の料理、ガルビュール

200904292321000.jpg

南西地方では(主にアキテーヌ、ミディ・ピレネー圏)
スペインからの影響もあり、生ハムが食されています。
生ハムを食べた後の骨を使って、
ダシをとり、スープとして料理されたものが、このガルビュールです。

当店で、武雄の若楠ポークを使用し
1年間かけて作った生ハムの
骨を使用しております。

骨からは、熟成した肉の旨味と香りが出て、
その中にたっぷりと野菜の甘味を、加えます。

2日間、煮込みまして、さらに白インゲン豆と、野菜を加えて、出来上がりました
バスク地方の唐辛子で香りをのせていますので、少々、辛味が口に残りますが、
後を引く美味しさです。

野菜も沢山召し上がれますから、体にも優しい料理だと思います。

ガイヤックのワインとどうぞ!


5月におすすめのお料理です。

ラタフィアの壁画

muge.jpg
今日はメイデイ。
フランスではスズラン祭り<フェットドミュゲ>で
労働者に感謝する日で
小さなスズランの花束を贈り合います。

明日、ラタフィアの壁画が完成いたします。
東京在住のたなかなおこさんに描いて頂きます。
R0010725.jpg
これはスケッチです。

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索