ジャマイカ 9日目 美しい海でゆったりと

201901251208239e9.jpeg

ポートアントニオの街から
ルートタクシーで15分の
フレンチマンコーブに来ました。

ここは、映画クロコダイルの舞台にもなりました。
淡水と海水が混ざり合い美しい色になっています。

それから、ジャークチキン発祥の地、
ボストンベイで、コンク貝のシチューと
ジャークチキンを少し頂きました。

ボストンベイはサーフィンのビーチで
サーフスクールを受けないかと
何度も誘われました。

ホテルのある
ポートアントニオに戻り、
ラスタ食さがをしました。
ラスタマンに聞いたら
店まで連れて行ってくれました。

看板の無い、ピンク色の建物の
シャーロットさんのお店。

ジュースもハンドメイドで
とても美味しい野菜料理です。

ラタフィア

ブルーラグーン ジャマイカ 8日目

20190123085513f4c.jpeg

キングストンから4時間半かけて
ポートアントニオに移動しました。

映画カクテルの舞台になった
ブルーラグーンまで、ルートタクシーで移動。

そして、イカダに乗りました。
3000🇯🇲ドルです。

雨が降っても、
美しい海を眺める事ができました。

ラタフィア

ジャマイカ7日目

20190122192601698.jpeg
キングストンから
路線バスで、1時間弱の場所にある
スパニッシタウンへ
ジャマイカ人のアリさんと行きました。

ジャマイカが首都になる前は
ここがジャマイカの中心でした。

赤煉瓦の歴史的建築物が残っています。

この場合は2つのヤクザの抗争があっていて
危険なエリアだそうです。

201901221925592ea.jpeg


沢山の市場が出ており
活気があります。

ラスタ食も頂きました。
炭火で調理された、野菜は
絶妙なスパイス使いで
優しい味わいでした。
ソイミートも本当に美味しい。

サワーソップの
ジュースはヨーグルトのようでした。

20190122192600bb2.jpeg

一人でキングストンまで戻り、
デヴォンハウスを見学。

1881年に建てられたお屋敷には、
マイセンのシャンデリアや
ウエッジウッドの壁飾り等がありました。

入場券10usドルの中には
ジャマイカ1有名な
アイスクリームの代金も含まれていまし。

ココナッツアイスを頂きました。

それから、パティという、
エビのパイを購入。

そしたら、間違って、魚が入っていました。
エビ680🇯🇲ドル。魚300🇯🇲ドルなんですよ!

ジャマイカ 人、アバウトです。

ロージュースは350🇯🇲ドル。
オレンジ、キャロットのミックスを頂きました。

帰り宿まで1時間かけて
歩きました。

夕方のルートタクシーは
満員で乗る事ができませんでした。

途中、セントラルスムージーに立ち寄り
苺とパパイヤのスムージーで休憩して
歩いて帰っていると、
ラブリッシュという宿でお世話になった
日本人にお会いしました。

宿に戻り、
隣のハイチ系スイス人に
ラムをご馳走になり、

日本人のレゲエ好きな方々とお話しました。

この宿には、1年以上の住人が数人居ます。

泊まっているというより、
寮生活をしているようでした。

もっと長く居たら楽しかっただろうなって
思いながら、今日はは5時に起きて、
9時のバス次の目的地に移動です。

ラタフィア

ジャマイカ6日目は

20190122110442124.jpeg

レベルサルートというイベントに
日本人ラスタマンに12000🇯🇲ドル払って
会場へ。
セントアンズという町へ。

帰って来たのが
朝7時。

翌日は1日はダウン。

スーパーで食材を買い
自炊の1日でした。

ラタフィア

5日目 キングストンとブルーマウンテン


20190120104356ba7.jpeg

念願のボブマリーリーミュージアムに行来ました。
レコーディングスタジオの
ピアノを触らせてもらったり、
ボブの服が飾ってあったり、
見応えある展示、

感動しました。
銃撃された裏口には、銃跡が残っていました。

20190120104356a2e.jpeg

そして、ブルーマウンまで。
アイシャハウスのユミさんに
ご案内頂きました。

コーヒーの花が見れるには
珍しいそうで、ジャスミンの香りがします。

20190120103838d78.jpeg


コーヒーチェリーも付いていました。

20190120104126c47.jpeg


そして、ブルームという
土曜日だけ開いているラスタ食のお店で
美味しいラスタ食とパパイヤジュースを頂き、

20190120103837c6d.jpeg


オーガニックの野菜を買って帰りました。

大きなパパイヤも買えました。

2019012010412408e.jpeg

こちらのラスタマンは
ローフードを作ります。
今回はスイカジュース450jドルを買って
明日の朝食にします。

宿を移り、心地良い生活の始まりです。
アイシャハウスはとても静かで
ドクターバードという、
花の蜜を吸って生きている鳥もいます。

ラタフィア

続きを読む

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3800円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島オーガニック野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください

★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン3種類で5800円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com

ラタフィアのホームページ
http://ratafia-vin.com

ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

fc2ブログ


ブログ内検索