オデオンで待ち合わせ

R0089700.jpg

奇跡のメダイユ教会に伺いました。
パリ5区のRue du Bacにございます。
メダルを手にした人に奇跡が起こる、幸福 が訪れるということで
有名になった教会です。

ボンマルシェで買い物して、

オデオンまで15分歩き、

R0089705.jpg

アペリティフを頂きました。

R0089713.jpg

イヴ・ カンドボルドシェフの
魚に特化したタパスバー、
アヴァン・コントワール・シュールメール。
満員電車の中でワインを飲んでいるようです。

いつもパリに行くとにには、
イヴのお店に立ち寄ります。

R0089718.jpg

そして、パリ在住の友人との再会は、
大人気のイタリアンで
大好きなチーズ、ブッラターを頂きました。

R0089728.jpg

モッツァレッラのようにパスタフィラータと言う製法で作られ
中には生クリームが入っています。

ロケットのサラダも新鮮で美味しかったです。

楽しい時間を有難う!

R0089832.jpg

滞在先のオペラまではメトロで戻り、
140年の歴史ある
カフェ・ド・ラ・ペに立ち寄りました。

R0089833.jpg

寝る前のティーヨル。
菩提樹のハーブティーです。

R0089860.jpg

ホテルは、オペラ座から徒歩10分の
ホテル・リッチモンド。
クラッシクで清潔感あるホテルでしたよ。

現在は、帰国して
ラタフィアで勤務しております。

お盆は13日以外は営業しておりますので
是非、お立ち寄りくださいませ。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

パリで買い物 J.M.Weston 

R0089968.jpg

J.M.Weston、マドレーヌ店にて
ローファーを購入しました。

R0089965.jpg

1サイズで6つの幅があるそうです。

毎回、何足か履かせて頂くのですが、
1番最初に持ってきて頂く靴がぴったりなのです。
素晴らしいフィッターの方々です。

今回は、靴の裏にもクリームを塗ったほうが良いという事も
教えて頂きました。
日本は、雨が多いから、ついつい、靴底にソールを貼ってしまうのです。
そのほうが、長持ちするような気がして・・・

現在は、帰国して
ラタフィアで勤務しております。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


パリ・ブローニュの森 ル ・プレ ・ カトラン で食事を

R0089907.jpg

ブローニュの森の佇む白い館
ル ・プレ ・ カトランで
ランチを頂きました。

R0089916.jpg

カニの前菜に添えられている
サラダはエキゾティックな味わいでした。

山口さんは、前菜にフォアグラを。
濃厚な味わいの
スパイスの効いた上品なフォアグラのテリーヌでした。

R0089919.jpg

メインは、
厚い鱈を頂きました。
とても柔らかい、絶妙な火入れです。

R0089926.jpg

そして、チーズです。

「お好きなだけどうぞ!」

R0089924.jpg

私は、コンテ等のハード系と
エポワスや、クロミエを選び、

R0089930.jpg

山口さんは、
シェーブルや、ブルーを中心のプレートを作って頂きました。

R0089935.jpg

デザートの前のデザート。
プリンでした。

R0089936.jpg

そして、デザートは
パリ・ブレストを選びました。

1891年に自転車レースパリ・ブレスト・パリの開催を記念して
考案された自転車の車輪の形をしたお菓子です。

とても大きなデザートでしたが、
中のクレームが
驚く程、フワフワで、
全部食べてしましました。

R0089931_20170811232525d41.jpg

お茶と一緒に、
こちらも、
「お好きなだけどうぞ!」
もう、お腹いっぱいですが、
いちごのタルトと
キャラメルを頂きました。

R0089928.jpg

ワインは、私はグラスで頂き、
山口さんは、3杯のマリアージュセットを堪能しました。

フランスに行くと、
美しい所作を学ぶ為に
3つ星レストランに伺います。

勉強でもあり、愉しみでもあるのです。

現在は、帰国して
ラタフィアで勤務しております。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

アヴィニヨンの思い出

<フランス滞在5日目>
R0089610.jpg

1998年、アヴィニヨンの
ホテルドゥーロップのバーでの研修が始まりました。
毎日、1件のホテルやレストランにC.V(履歴書)を持って行き
10件くらい断られ、唯一受け入れて頂いたのが
ナポレオンが滞在したという、歴史あるホテルドゥーロップでした。

R0089631.jpg

アヴィニヨンに訪れると必ず立ち寄るホテルです。
今回は、朝のお茶を頂きました。
優雅な時間が流れています。
一緒に働いていたバーマン、グザビエもお会いすることができませんでしたが、
メールを頂きました。

右も左も分からなかった当時を思い出しながら
ヴェルヴェンヌ(ハーブティー)を頂きました。

R0089657 (1)

そして、rue des teinturiers タンチュリエ通り。

R0089661.jpg


ここには昔染物屋さんがあったそうです。
この水車が好きで、この道を通って仕事に通っていました。

R0089660.jpg


当時はこの通りのお酒屋さんがあり、
量り売りワインを買っていましたが、
現在は、無くなっているようです。

R0089639.jpg

プラスピーで、皆んなが一休みしている間に
マルシェで買い物をしました。

R0089679.jpg

女性のショコラットゥリー、アリーヌ・ジェアン に立ち寄りました。
パリのメゾンドショコラで修行し、
現在は、東京のサロン・ド・ショコラにも
来日されているそうです。

6月30日からセールが始まり、
街は活気に満ちていました。

リネンのカットソーで有名な
マジェスティックもアヴィニヨンにできていました。

R0089682.jpg

エクスヴェンプロヴァンスで
弓道をされているともこさんが
アヴィニヨンに来てくださいました。

最後にグランホテルでお茶をして、

R0089689.jpg

TERでアヴィニヨンTGV駅に移動して、
パリに移動しました。

皆様、大変お世話になりました。

アヴィニヨンでの時間が足りない程、
沢山の方々に会え、懐かしく、充実した2日間を過ごすことがでみました。

Merci!

*現在、吉村は福岡に戻り、ラタフィアで働いております。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


ボリー村とラヴェンダー博物館

R0089530.jpg

<フランス滞在4日目>
village des bories。
石作りの昔ながらの家を見たくて、
ボリー村に行きました。

離合できるかできない程の細い道を進みます。

R0089508.jpg
 
7世紀から18世紀の石造りの家です。
石のみで作られて、中に入ると涼しいです。

20戸の修復されたボリーがあり、
ワインカーブや、家畜小屋もありました。

R0089515.jpg

入場料6ユーロです。

R0089538.jpg

そして、ラベンダー博物館へ。
ラベンダーとラヴァンジンの違いを知りました。

ラベンダー(lavande fine)は1の枝に1つのお花で
標高の高いところで栽培されます。精油用です。

ラヴァンジン(lavandin)はハイブリットで、
1本の枝に3つの花が付いています。
石鹸や生活雑貨に使われます。

最後に頂いた、オーガニックのラベンダーのお茶が美味しかったです。

R0089551.jpg

アヴィニヨンに戻り、
ひまわり畑や、

R0089573.jpg

アヴィニヨンの橋を眺めながら

R0089556.jpg

タプナードやピッツァ、アンチョビ、
シフォンに切った生ハム、アプリコットのプリン等を頂きました。

R0089585.jpg

ホテルに戻ると雨が降り始めました。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索