ムンバイからゴアに移動

<インドたび 2日目>

ムンバイからゴアまで
Indigoで移動しました。

インドのクレジットカーででない為
Webチェックインができない事を
タージマハルホテルのトラベルデスクが教えてくれました。

1月15日まムンバイマラソンの為、
ホテルの前の道は午後から通行止になるので、
早くホテルを出ました。
ホテルのリムジン(片道7000円くらい)で
空港に行きたかったのですが・・・
ローカルタクシーで空港に向かいました。

その際にホテルが準備してくれたのが、
タクシーのナンバーが書かれたカードです。
何かあったらホテルに電話するようにと書かれてあります。
なんて親切なんでしょう・・・
900ルピー(1700円)程で、1時間弱の空港まで。

そして、オンタイムでゴアに着きました。

R0087740_201702012337552a8.jpg

ゴア滞在の目的は、
ヨガマジックという
ECOホテルで過ごす事。

1日2回のYogaと、
オーガニックの食事。

R0087603 (1)

滞在は、このテントです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村



R0087587.jpg

ムンバイ散策

<インドたび 2日目>

R0087495.jpg

雑誌で見つけたサンダル屋さんを探しに行きました。

タージマハルホテルの裏手を散策。

ありました!

Anupam Chappals

チャパというのは履物のこと。

手作りなので、微妙にサイズが違い、
ピッタリ合うブルーのサンダルを購入しました。

ヒールなしは、400ルピー、
ヒール付きは、600ルピーです。

R0087503 (1)

スタジオムンバイが最初に手掛けたレストランを拝見。

R0087505.jpg

コシュ・デュリ シャサーニュモンラッシェ97がありました。
お隣は、ラトゥールの空瓶。

R0087480.jpg

そして、インド門に。
インド門に入るにはセキュリティーチェックがあります。

インド門をはじめ、
観光地では、30ルピーから100ルピーで
写真を撮ってくれますよ。

何枚か撮って、好きな写真を選べる人や
必要枚数しか撮ってくれない人。
カメラも、コンデジだったり、一眼レフだったり。
私も、何度か利用しました。
おすすめです。

写真を撮ってもらっていると、
ジャスミンのブレスレットを手首に巻かれ、
「お金はいらないから」と・・・
ここは、インド、そんなはずは無いから、
「要らないです」と断るのですが
しっかり、結ばれました・・・
そして、「100ルピー」と。
残念ながら、その半分しか手持ちがなくお渡しすると、
もっと、もっと・・・

次は女の子の物乞いです。
「お金は無いのよ」と言うと
素敵な香りのジャスミンのブレスレットを
ちぎって持っていかれました。

(危険という訳ではないんですよ)

そう、ここは、インドなんです🎶

R0087533.jpg

インドの高額紙幣問題、
500ルピーと1000ルピーが使えなくなり、
ATMの引出額が制限され、
引き出しできないATMや、
長蛇の列のATMの話を聞いておりましたが、
ムンバイでは問題なく4000ルピー引き出せました。
ガードマンが丁寧に、機械の操作方法まで教えてくれましたよ。

その後のゴアでは、1万ルピーまで可能になりました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

タージハマルパレスホテル ムンバイ <インドたび 1日目>

<インドたび 1日目>

R0087469.jpg

2010年にムンバイに訪れた時に
次回は、このホテルに泊まろうと決めました。

R0087476.jpg

タージマハルパレスホテルの

R0087279.jpg

パレスウイング。

R0087287.jpg

バトラーがいるので何でもお申し付けくださいと、
グアバのウエルカムドリンクを頂きましたが、
生まれて初めてのバトラーサービス。
何をお願いして良いか分からず・・・

R0087338.jpg

ふかふかの寝具で、
ジャスミンの香りに包まれながら眠りました。

R0087410.jpg

朝食は、インド門の見える
シーラウンジで頂きました。

R0087380.jpg

コンチネンタルブレックファーストで、
ソーセージ、オムレツ等が多いのですが、
インド式朝食、ドーサは、
注文して焼いて頂きました。

R0087397.jpg

インドで頂くエッグベネディクトも
柔らかいイングリッシュマフィンと
ポートドエックの相性が良く
美味しかったです。

R0087305.jpg

ホテルの中は、古美術も美しく展示してあり、
美術館に居るようでした。

R0087334.jpg

クラブラウンジも利用できました。

1歩もホテルから出たくないと程、
どこに居ても心地よい空間でした。

2008年にムンバイ多発テロの舞台になり、
多くの犠牲者が出た、タージマハルホテル。
その様子が描かれた、フランス映画<パレスダウン>を見て
少し、怖い思いもありましたが、
素晴らしい空間に宿泊でき、良い思い出となりました。
テロの後、追悼の意を込めて
テーブルフラワーが黄色でしたが、
今年は、ピンク色に変わっていました。

次回は、パレスウイングの
シーヴュー(インド門の見えるお部屋)に宿泊したいです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

インドの旅の準備

今回の滞在は、
南インドのリゾート
ゴアです。

航空券は、キャセイパシフィクで11月末に購入。
サーチャージが4000円付いて、
78040円でした。

行きはムンバイ、帰りはバンガロールから飛びます。

ムンバイには、21時40分着。
タクシーでホテルに移動。

1泊目のホテルをタージにするか悩んでおりまたが、
本日、タージのパレスウィングを
思い切って予約しました。
タージマハルホテルには、
パレスウィングと
タワーウィングが有り、
後者を予約しようと悩んでいましたら
満室に・・・
急いで、パレスウィング(タワーの1・5倍の価格です・・・)を予約しました。
(12月12日)


翌日は、ムンバイからゴアまで
IndiGo で移動。2850ルピー。
16時35分にゴアに着いて、
宿泊施設のタクシー1500ルピーをお願いしています。

ゴアでの宿泊は、
yogamagic。
7 nights yoga retreatを予約し
6日間の予約しか取れず、36000ルピー。
宿泊施設はエコリゾート。
電気は太陽光発電のエコホテルで
宿泊は豪華なテントです。
数年前に予約しましたが、満室でしたが、
今回は、6日間であれば取れるとの事で予約しました。

それから、数日ゴアを観光して、
ゴアからバンガロールへ移動。

LCCのIndiGoを予約。
数日前まで1729ルピーだったのが
3272ルピーに値上がり。
こちらも急いで予約しました。

バンガロールからマイソールまでは、
バスかタクシーでの移動です。

マイソールで2日、ゆっくり過ごすか、
インダスヴァレーでアーユルヴェーダを受けるか・・・
1泊2日のコースが180ドル・・・

バンガロールのワインナリー・グローバーワインも
訪問したいです。

だいたい、インド旅行の予定が決まってきました。

さて、大変なのはビザの取得。

福岡在住者は、
大阪での郵送申請となります。

〒541-0047
IVS Global Japan
大阪府大阪市中央区淡路町1−2−10
RRビル 6階
電話: 06-6210-5991

必要なもの
 ・申請書 (サインを忘れずに)
 ・パスポート(残存期間6か月以上)
 ・身分証明書
 ・Eチケット
 ・5センチ角の写真(申請書に貼りました)
 ・120㎝@235㎝の封筒に740円の切手ではなく
  740円を入れます。
  切手と思い込んで、再度、現金書留で送りました。
  ご注意を! 
 ・1890円
 ・ビザのページのコピー 
   私は以前に3回頂きましたので、念のため3枚コピーをしました。 

それから書類には、 
滞在先、昨年の滞在先、
過去10年に行った国、
前回のビザ番号の記入をしなければなりません。

昨年は、ギリギリに申請して
何度も大阪に電話しました。

今回は、1月前に12月14日に郵送しました。
年末、年始は日本とインドの休日が入るので
注意が必要です。

そして、12月23日、ビザが届きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索