南インドカレーとスリランカカリーと映画の話

R0088028.jpg

南インド舞台のフランス映画、
アンナとアントワーヌの前奏曲。
原題は、UN+UNE。
「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などを手がけた
フランスの巨匠 クロード・ルルーシュ監督が作る
美し映画でした。

ムンバイからバナナシのガンガーで身を清め
ケララの聖者アンマに、
「子が授かりますようにと」巡礼の旅。

フランス人の手がけるインド映画は、
色彩豊かで美しく、
また、インドに行きたくなりました。

R0088040.jpg

映画の後、
ケララのコーチンでよく食べていた
フィッシュカレーが食べたくて、
ポラポラ食堂へ。
サンマのフィッシュコランプを。
南インドの味わいです。

R0088033.jpg

スリランカカリーも好きです。
ヌアラエリアにてベジヌードルを頂きました。

R0088031.jpg

そして、博子さんから頂いた
栗のガトーショコラ。

芸術の秋、食欲の秋、到来です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

マルバハのインド料理教室

R0087953.jpg

パキスタン人のジャマールさんと
ムンバイ出身のアムリンさんの料理教室に伺いました。

メニューはカリーパコラとウプマとロティ。

R0087959.jpg

カリーパコラは、
ひよこ豆の粉で団子を作り
それを、たっぷりのヨーグルトのカレーで頂きます。
グリーンチリを、団子のも、
カレーにも沢山使います。

ウプマは、南インドの朝食。
クスクスより小さなセモリナを10分くらい乾煎りして、
カレーリーフやスパイス、ジャガイモ、人参、ピース豆と煮込みます。
8カップのセモリナに16カップの水。
ウプマ、大好きなインドの朝食です。

そして、ロティ。
全粒粉とお水だけの
素焼きパン。

ご飯は、
ジーラライス。
クミンご飯です。

懐かしい南インドの味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

とらさんのケララ料理

R0087869.jpg

南インドケララ。
ケララ料理と聞くと
シチュー、トマトとココナッツの
ケララフィッシュカレー等が浮かびます。

ケララのコーチンは
ポルトガルやオランダ商人の古い街並みが残り、
ユダヤ教の会堂シナゴーグも素敵です。
歌舞伎のように化粧をし、
伝統衣装を着て踊る、カタカリダンスも有名ですね。

また、アユールヴェーダ施設も多く、
ケララの南にはイヤーダムには、
yogaの聖地
シヴァナンダアシュラムがあります。

さて、シチューとは、ホワイトシチューなのですが、
とろみは、ジャガイモでつけて、
見た目はクリームシチュー。
味わいは、スパイシーなんです。
シナモン、クローブ、カルダモン、黒胡椒が入っています。

R0087862.jpg

15種類もの南インド・ケララの料理を頂きました。

R0087859.jpg

作ってくださったのは、
東京からいらした<とらさん>
年2回、福岡で料理を振る舞ってくださいます。

R0087865.jpg

バナナの葉がお皿代わり。
殺菌効果があるようです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

カレーピクニック

R0087904.jpg

1000円で前売りチケットを購入して
3種類のカレーを頂ける、
カレーピクニック。

今年は、106のラディさんもいらいていました。

R0087906.jpg

106のバターチキン。
ちょうど良い辛さで、まろやかな味わい、
ボリューもありました。

R0087898.jpg

ヘラやのスリランカカレー、
ごはんの代わりに
鉄板で焼いた、トルティーヤとキャベツが付きました。
初めての味わいです。

R0087900.jpg

それから、フォンフォンのシーフードカレー、
タイ料理ラーンカンエーンのグリーンカレーを頂きました。
野菜たっぷりで、タイ米で頂きました。

お皿持参の方もいらっしゃいました。
エコですね。

近頃、カレー三昧です。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

野芥でカレーを

R0087608.jpg

ダメヤのチキンカレーに
半熟卵のピクルスをトッピングして頂きました。

バランスよく、穏やかな味わいでした。
小倉の、ガネーシャの野菜カレーを思いだしました。
スパイスの使い方は、辛さを無くしたカシミールのようでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索