南インド料理 ワナッカム

R0004449.jpg

清川にオープンした
ワナッカムに伺いました。


ラタフィアのイベントに
素敵なミールスを作ってくださった
砥綿さんのお店です。

R0004455.jpg

優しい味わいの
辛くない、
南インドのアシュラムや
アーユルヴェーダで頂く
毎日食べたい味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月24日から7月3日まで
フランス滞在の為、お休みを頂きます。

★アンスティチュ九州福岡のワイン講座は
7月8日火曜日 19時から始まります。



エヌハーベスト 旅する料理人 鈴木裕

k1_201806051558238ba.jpg

インド、スリランカからは
紅茶やスパイスを輸入し、
パキスタンからは
自然農で作られた
天日干しの杏やチェリー等の
ドライフルーツを輸入されている、
鈴木さんが福岡にいらっしゃいました。

IMG_2430.jpg

スリランカで
ビオディナミー農法で作られて
スパイスを乾煎りして、
スリランカから買ってきた
石臼でゴリゴリ挽き、スパイスをペースト状にします。

IMG_2464.jpg

黄色いお米は
ターメリックプラオ。
兵庫県のバスマティライスと日本米に
ターメリックとクミン等を油で温めたものを入れ
炊飯器で炊きます。

1品目は、
チェティナッドマッシュルーム
南インドのタミル料理で
本来はとてもスパイシーなんだそうですが、
今回は優しい味わいに仕上げて頂きました。
マッシュルーム、トマト、ジャガイモを使った1品です。

IMG_2466.jpg

2品目は、
ピィトゥライ。
ターミナード州の
バラモン(お坊さん)の料理です。
インドのお坊さんは五葷抜きの1皿です。
五葷とは、
にら、ニンンク、玉ねぎ、しょうが、ネギを使わないこと。

コリアンダーの根とココナッツファインで味を出します。
カシューも入っているのでチーズのようなコクがあり、
根菜をとても美味しく頂くことができます。

この、根菜、
インドのジャイナ教の方では
根菜を食べることが禁止されています。
玉ねぎもだめなのですよ・・・

南インドのチェンナイの友人はジャイナ教。
根菜を使わなくても、彼女の料理はとても美味しいです。
彼女に会いに行く時は、
航空会社に事前に連絡をして、
行きの飛行機の機内食ではジャイベジをお願いします。

そして、梅干しのラッサム。
本来はタマリンドという
酸味のあるのもを使いますが
その代わりに
梅干しを・・・

ラッサムは最後に頂くと
消化を助けてくれて良いのです。

少しのごはんに
たっぷりのラッサムを
雑炊のようにひたひたにして頂きます。

鈴木さんのお料理は
油にもこだわり、
上質の菜種油を使います。

これぞ薬膳!と思うお料理でした。

インドのお寺で頂くような
優しい優しい味わいです。

帰りに、パキスタンから仕入れられた
杏とチェリーを購入。
自然な甘さで美味し!

店舗は、西荻窪にあります。

混ぜるミールスでなく
コース仕立てのミールス。

これぞ求めていた味わい!です。

いつか、こんな南インドスタイルの料理で
ワイン会を開催したです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ナマステ 福岡 2018

R0003786.jpg

福岡の中央公園で開催中の
ナマステ・福岡で
インド仲間に会いました。

R0003788.jpg

バナナの葉に包まれた
スリランカ料理や、

R0003776.jpg

ワナッカムの
南インド料理を堪能しました。

R0003773.jpg

R0003800.jpg

2日目は、
ワンギバスという茄子と豆の炊き込みご飯。
赤坂のポラポラ食堂の南インド料理です。
沢山のカシューナッツが散りばめられています。
おかわり!といいたくなる1皿でした。

R0003822.jpg

焼きたてのナンに誘われて
ダール、(レンズ豆のカレー)も頂きました。

R0003802.jpg

そして、サリーの着付けをして頂きました。
タージマハルに居るようでしょ?

R0003806.jpg

私の両端のお二人は
インド在住なんですよ。

R0003796.jpg

インド舞踊も素敵でした。

インドのバイクタクシー、
リキシャも販売されていました。
75万円。
高速道路も走れて、
リッター15 Kmだそうです。

インドに浸った2日間でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

カレー塾

R0003563 (1)

スパイスロードの高田さんの
カレー塾に参加しました。

R0003562_20180407220048adf.jpg

インド・バンガロールから帰国されたばかりで
本場インドの味わいを楽しみました。

インドのお味噌汁サンバルと
南インドの朝食(ティファン)で頂く
ウップマ、セモリナで作られている
クスクスよりも小さなつぶつぶ。

これ、大好きなんです。

R0003565.jpg


そして、妹と薬院散策。
「美味しいイトゴパフェ食べたいね!」
ということで、
プリンス・オブ・フルーツへ。
1900円!!!のパフェを頂きました。

R0003569.jpg

そして、浄水通りの
カフェ・マールツァイトで
エッグサンドを頂きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

カレーランチ

R0091642.jpg

ドイツ在住の友人とは一緒にインドに行きました。

また、スリランカの同じ、
アーユルヴェーダ施設、ウルポタにも滞在しました。

インド、スリランカ話をしながら、
ヌアラエリアでヌードルカリーを頂きました。

R0091641.jpg

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★1月15日〜25日まで
研修旅行の為、休暇を頂きます。

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索