グリーンカレーを習いに

R0090400.jpg

クロックという石臼で
スパイスをペーストにするところから始まりました。

2種類の青唐辛子
パクチーの根、
こぶみかんの葉(これぞグリーンカレーの味わいです)、
クミン、コリカンダーシード等
14種類の素材をクロックで
ペースト状にします。

現在はフードプロッセーサーでする方法もありますが、
そうすると、脂がでなので、
石臼が良いようです。

R0090412.jpg


手作りのペーストで作るグリーンカレーは格別です。
タイでも、ペーストから作る人は少ないようです。

「クロックの音が響く家には良い娘がいる」と
言われたほど、タイに食生活に深く関わる道具です。

アジアンマルシェの料理教室は、
川辺農園の新鮮な野菜をたっぷり使い、
現地の味わいを再現してくだいます。

R0090412.jpg


先日は、マクロビのお店・喫茶ひるねこで
グリーンカレーを頂きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



香取薫先生のインド料理教室

R0090034.jpg

多くインド料理本を出版されている
香取先生が福岡にいらっしゃいました。

R0090018.jpg

家庭料理とレストラン料理の違いは、
家庭料理は家族の健康を考えスパイスを調合し、
食べた後には体調が良くなります。

レストラン料理は、味の充実の為に、ゴージャスな味を出す為にスパイスを使います。

R0090014.jpg

当たり前のものを、当たり前に美味しく作る
香取先生のインド料理は、
きれいな味わいでした。

R0090015.jpg

ダールタルカ、
北インドのアールーマタル、
南インドのパリヤル、
カルダモンチャーエを
教えて頂きました。

沢山の福岡在住のインド仲間と
素晴らしい時間を共有しました。

インドのご縁に感謝の2日間でした。

★7月18日火曜日  19時〜20時30分
  ワイン講座
 講師:シュブロカオリ
 会場: アンスティチュ・フランセ九州
 会費:5000円


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



とらさんの南インド料理

R0090004.jpg

年に2回、東京からとらさんが
ミールス(南インドの定食)を作りに
福岡に来てくださいます。

R0089994.jpg

こんなに沢山の料理が
バナナの葉に盛られます。

全部、野菜料理ですよ!

ドラムスティックという
細長い筋のある野菜が使われていました。
アーユルヴェーダに使われる野菜です。
沖縄でも栽培されているようです。

インドのアシュラム(お寺)で、
初めてドラムスティックを食べた時に、
イラストレーターの若山ゆりこさんが、
「これ、とても栄養価の高い野菜なんだよ」と
教えてくださいました。

R0090011.jpg

山形さくらんぼのクトゥー、
タマリンドライス、
そして、生トマトで作ったラッサム等
沢山の南インド料理を頂きました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

高校生が作る南インド料理の会に

R0088374.jpg

南インドの定食、ミールス。
野菜をたくさん使った優しい味わいでした。

中学生からカレーを作り始め
インド料理教室でよくお会いしていた彼は現在高校生。

将来が楽しみですね。




南インドカレーとスリランカカリーと映画の話

R0088028.jpg

南インド舞台のフランス映画、
アンナとアントワーヌの前奏曲。
原題は、UN+UNE。
「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などを手がけた
フランスの巨匠 クロード・ルルーシュ監督が作る
美し映画でした。

ムンバイからバナナシのガンガーで身を清め
ケララの聖者アンマに、
「子が授かりますようにと」巡礼の旅。

フランス人の手がけるインド映画は、
色彩豊かで美しく、
また、インドに行きたくなりました。

R0088040.jpg

映画の後、
ケララのコーチンでよく食べていた
フィッシュカレーが食べたくて、
ポラポラ食堂へ。
サンマのフィッシュコランプを。
南インドの味わいです。

R0088033.jpg

スリランカカリーも好きです。
ヌアラエリアにてベジヌードルを頂きました。

R0088031.jpg

そして、博子さんから頂いた
栗のガトーショコラ。

芸術の秋、食欲の秋、到来です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索