フィンランド映画 トーべ

20211014224725db1.jpeg

ムーミンの原作者、
トーべヤンソンの映画を見て
岩田屋の定番コレクションで
伊万里の和紅茶と、
コーヒーゼリーを買いました。

ムーミンを生み出したトーべの人生・・・
波瀾万丈で、様々な恋愛の形が、
ヘルシンキの市役所の壁画、
パリのRive Gauche リーブゴシュ 右岸 のライブハウス、
セーヌ川と共に描かれいました。

時々映画に出てくるシャンパーニュ、
何の銘柄だったのでしょうか?
ポールロジェ?

シャンパーニュが贅沢品という
あの時代に自由に生きるって
大変だっただろうなって思いました。

ギリシャ映画 テーラー 人生の仕立て屋

20210904141810c92.jpeg

今日は少し早起きをして
KBCシネマに伺いました。

アテネ舞台の映画で、
老舗の仕立て屋の2代目が、
返済に追われて、
移動式の仕立て屋になり、
最初はウエディングドレス屋さんの転身するという話。
マルシェでは
鮮魚と交換にウエディングドレスを仕立てたり、
お父さんへの薬と交換にドレスを仕立てたり。

いつかギリシャに行きたいです。

帰りは、
六本松の
猫の本の専門店「書肆 吾輩堂」へ。
トラネコボンボンのクラフトテープを購入して、

あだち珈琲でカフェラテを飲んで
ほっと一息。

ガンジスに還る

R0008539.jpg


死を迎える準備をする為に
滞在する、バナナシの
安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」の中での
人間模様。

ガンジス河のほとりで
プラナヤマ(呼吸法)をしたり、
船に乗ったり、
ゆったりと流れる時間の中で
深まる親子に絆、
優しい気持ちになれる映画でした。

7年前に滞在した、
バナナシの記憶が蘇ってきました。

ガンジス河で牛の行水を見たことがあります。
沢山の牛が、河に並んでいるのです。

映画をみていると、
牛の群れの所に、チャイの為の牛乳を買いに行くシーンが
朝の7時と夕方でないと売って貰えませんでした。
なるほど!
バナナシの牛達は、牛乳の為にいたのですね。

R0008541.jpg

そして、ポラポラ食堂で
南インド料理を頂き、
インドに浸った1日でした。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


日々是好日

R0007944.jpg

10年前に
森下典子さんの原作を読み、
やぱり、茶道って良いなって思いました。

20代前半〜フランスに留学するまで
表千家で茶道のお稽古をしておりました。

フランスに行って
何か日本文化を紹介できないとという思いで
お稽古しておりました。

当時、バーテンダーをしていて、
コンクールにも出場しておりました。
21歳の頃、
全国大会の前日、緊張を和らげるため、
お茶室に行き、
先生のお茶を頂きほっとしました。

典子さんが、就職試験の前日に
樹木希林さん(先生)のお茶を一服頂いたように・・・

そんな思い出と共に、
日々是好日を拝見しました。

そして、またお茶のお稽古を始めたいなと思いました。

昨日いらしたお客様は、
父の水差しが2つ映画で使われていたとおっしゃっていました。

ゆったりと時間が流れ、
季節の音を感じながら、映画を拝見しました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ブエナビスタソシアルクラブ アディオス

R0006703.jpg

KBC北シネマ天神で
上映中のキューバが舞台の映画を見に行きました。

アメリカのギタリスト、ライ・クーダーと
キューバのミュージシャンで結成されたバンド
ブエナビスタソシアルクラブ。

1999年にはドキュメンタリー映画が制作された
第1作に続く、アディオス。

アーティスト達のその後を追ったドキメンタリー映画です。

R0001056_20180801154241e6d.jpg

今年訪れた
キューバの東、
サンデアゴデクーバの
ライブハウスでのコンサートシーンもあり
映画の中に自分が居るような
懐かしい気分になりました。

R0006710.jpg

映画の後は
ヌアラエリアで
スリランカカリーを頂きました。

福岡で
キューバ料理のお店
ご存知でしたら教えてください!

R0000969.jpg

このオマール料理は、
サンディアゴの宿のサトミさんが作ってくださいました。

R0001102_20180801164327400.jpg

そして、こちらは
豪華な朝食。
キューバの朝食は
フルーツたっぷりです🎶


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3800円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島オーガニック野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください

★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン3種類で5800円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com

ラタフィアのホームページ
http://ratafia-vin.com

ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

fc2ブログ


ブログ内検索