太宰府散策

201906152022194a6.jpeg

九州国立博物館で開催中の
京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」の展示に行って参りました。

鎌倉彫刻の優美な仏像を拝見しました。

20190615202315d57.jpeg

太宰府天満宮のお庭は
紫陽花と、菖蒲が満開です。

20190615202235a2b.jpeg

気になっていた
古民家カフェ・ミドルで
太宰府ミールスを頂きました。

201906152039439d6.jpeg


そして、お茶室のような佇まいの
大好きな和菓子屋、藤丸に伺いました。

20190615203941760.jpeg

6月のお菓子、水無月を頂きました。

水無月の三角の形は氷を表し、
豆は邪気払いや悪魔祓いの意味があります。

京都では6月30日(夏越祓の日)に食べる風習があるそうです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★6月22日土曜日から休暇を頂きます

ヨシダナギの写真展に

20190601163915830.jpeg

博多大丸で開催中の
ヨシダナギさんの
トークショーへ。

1回の渡航費が300万円もかかるそうです!

そして、1日の撮影時間は
日の出前と日の入り前の各1時間。

逆光で写真を撮る事で、
肌の色が美しく映るそうです。

そして、逆光の写真を
「ライトルーム」という
ソフトで加工して作品として仕上げるそうです。

インドに行った時には、
バナナシで、サドゥー ウオッチィングをして、
84歳のラムさんという長老サドゥーを見つけ
写真を撮りました。
この、サムさんは4歳でサドゥー寺に入れられて
それから、1日1食のベジタリアンの苦行をされてます。
りんごや、くるみは、落ちるまで待って食べるそうです。

インドの話を聞いていると
また、インドに行きたくなりました・・・

2019060116551917a.jpeg

こちらは、牛脂で固めたアフロヘアーが特徴の
アフロ族。

201906011655169cf.jpeg

白目と白い歯の美しさを競い合う
アフリカの少数民族です。

ナギさんにとっての
少数民族は、「ヒーロー」。
「ヒーローの」美しさを伝えたくて
写真を撮り続けているそうです。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日


青皐 中国茶会に

20190519161702137.jpeg

望雲で開催された、
尾込真貴子さんの
中国茶会に伺いました。

20190519161733592.jpeg

1煎目は、別名「雀の舌」と呼ばれる
「西湖龍井」を。

201905191617360e9.jpeg

写真のように
レンゲですっくって
茶葉も少し頂きます。

緑豆のような香ばしい香りの
新芽の中国緑茶です。

2019051916203285d.jpeg

2煎目は「蜜露白茶」。
アプリコットや桃の香りを感じます。
台湾系の味わいです。

20190519162041c65.jpeg

3煎目は「古樹紅茶」。

樹齢は
300年の雲南の紅茶です。
セイロン系の味わいでした。

20190519162038737.jpeg

お菓子は、渡辺薫子さんが担当されました。

20190519162646eb9.jpeg

「みかんのはな」は
寒天に自家製ネロリシロップ。
みかんの花のシロップ漬けです。
爽やかで美味しい!


20190519162036fa4.jpeg

「吉野葛の葛餅」
葛と砂糖だけの葛餅です。

20190519162036b5f.jpeg


2019051916204307f.jpeg

「道明寺粉と木の芽のおはぎ」
こちらも木の芽がアクセントになっています。

201905191631586a7.jpeg

最後は小枝と
ミントの氷室でした。

20190519161744f96.jpeg

日本画家、佐藤厚子さんもご一緒でした。

ゆっくりとした美しい時間を過ごしました。



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

アフリカの布

20190518212656b8e.jpeg

ジャマイカで
アフリカの布に出会い
服を買おうと、ジャマイカで試着しましたが
どれも大きくて、
いつか、アフリカの布の服が欲しいなって
思っていたら、福岡で展示会が開催されました。

20190518212704afd.jpeg

そして、このブルーのパンツを購入しました。

暑い夏に活躍しそうです。

20190518212702f2e.jpeg

今日は東京から
糸島ご出身のお客様がいらっしゃいました。

2019051821270459f.jpeg

先月、取材して頂いた「糸島新聞」をご覧になって
来てくださいました。

キノコと猪の糸島小麦の手打ちパスタ、
ホウボウのパセリソース
伊都の宝豚のスペアリブ 等・・・

糸島素材のコース料理を準備しました。

嬉しい出会いでした🎶
ご来店有難うございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

休日の過ごし方

20190516005648977.jpeg

福岡市博物館で
開催中の
ジブリ大博覧会に行って参りました。

20190516005612dd6.jpeg

ねこバスにも乗車しました。

迫力満点の展示でした。

201905160056457f4.jpeg

お昼ご飯を
飯倉のニイハラで頂いて、

図書館に寄って、

20190516005612e33.jpeg

糸島で野いちご探し。

20190516005635d87.jpeg

花を摘んで
薬院に戻りました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日




プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索