京都のパン

R0002968_20180315020258214.jpg

農家パン弥栄窯。

京都北部で作られる
薪窯で焼かれたパンは
素材にこだわり、手捏ねパン。

カンパーニュはずっしりと香ばしく、
ブリオッシュの自然な味わいに感動しました。
そしてパンドエピスは
たっぷりと蜂蜜が使われていて
もっちりとした、フランスの味わい!

フランスで食べるようなパンです。

久しぶりに心が震えるパンに出会えました🎶

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

憧れのお菓子

R0002694.jpg

東京の銘店、オー・ボー・ヴュー・タンの
焼き菓子の詰め合わせを頂きました。

R0002693.jpg

小さな焼き菓子は18個も!
箱を開けた瞬間「わー!」と
幸せな気分になりました。

アーモンドプードルを使った
風味豊かなフィナンシェや
卵白を使ったサクサクのお菓子等・・・

有難うございます。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

★2月28日は21時30分から営業致します。
沖縄野菜を準備してお待ちしております。



サロンド・ショコラ

R0002451.jpg

オ・フィル・ド・ジュールの
デザートを頂きに、岩田屋に伺いました。

1日だけの限定企画です。

カカオニブの入った、薄い、薄い、飴細工の中には、
ムースと、アイスクリーム、違う食感のショコラが入っています。

優しい味わいでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

ガレット・デ・ロワの日

R0091494.jpg

Galette des roisは、公現祭の日(1月6日)に食べるフランス菓子です。

サクサクの生地にアーモンドクリームが入っています。
そして、フェーブと呼ばれる陶器の人形が入っていて、
それを当てら、王冠を被ります。
フェーブを当てると、<今年1年幸せに過ごせる>
と云われています。

バターの香り豊かで上品な味わいガレットは、
ブルトン製です。

ブルトンにガレットを買いに行きましたら
先月、ワインの講義をした、
西南学院大学の生徒さんがいらっしゃって
お声をかけて頂きました。
嬉しい瞬間でした。

南仏では、大きなドーナ状ブリオッシュ生地に、
フルーツコンフィーが宝石のように散りばめられたガレットです。
アヴィニヨンに留学していた時に、ブーランジェリーで1台作らせて頂きました。

ワインと一緒にいかがでしょうか。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

シュトーレン

R0091263.jpg

ドイツのドレスデン発祥のクリスマス菓子、
シュトーレンは、
マリア様が、イエスを産着で包んでいるよう形です。
クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)に
一切れずつ食べるお菓子です。

この時期、ラタフィアでは、
ムーンテーブルの天然酵母とオーガニック素材で作られた
シュトーレンをお出しています。
大東島のラムが効いて、フルーツケーキのようで
大好きな味わいです。

先日、沖縄・読谷の
おとなりやさんの
素敵な、シュトーレンを頂きました。

沖縄のドライフルーツ、黒糖、
そして、大好きなマジパン入りの
乳製品を使わない、
マクロビシュトーレン。

昨年、本場ドイツのクリスマスマーケットからの
シュトーレンも、
糸島のアダンソニアのシュトーレンも、
美味しい、手作りマジパンが入っていました。

心のこもった、美味しい味わいでした。

この時期だけの、シュトーレン。
1日一切れのつもりが、
ついつい、食べ過ぎてしまします。

皆様のオススメのシュトーレンのお店、
是非、教えて下さいね🎶

12月19日 火曜日 19時からは、
アンスティチュフランセの今年最後の授業です。
テーマは、ショコラとワインのマリアージュ。
若干お席ございます。

そうだ!シュトーレンも持って行こう🎶

講座の後は、ニコーラでの懇親会です。

R0091256.jpg

そして、おとなりやで焼かれた
国産小麦のパンも頂きました。
香り豊かな味わいでした。

いつか、読谷のお店に伺ってみたいです。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日
12月26日火曜日は営業致します
年末は30日まで、年始は2日から営業する予定です

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索