インドのイベントに

IMG_1549.jpg

ナマステ福岡が
天神中央公園で開催されました。

初めてのサリー。
赤を選びました。

IMG_1584.jpg

チェンナイから
九州大学に留学している
インド人女性から
初めてのヘナアートを描いて貰いました。

IMG_1586.jpg

ワナッカムの
体に優しい南インドの定食ミールスを頂きました。
ワナッカムのピグさんとは
昨年、南インドで偶然お会いしました。
不思議なご縁です。

いつか、ラタフィアで、
カレーとワインの会をして頂きたいです。
ワインが想像できる味わいでした🎶

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



インド映画音楽の巨匠 A R ラフマーン氏 福岡に

ss_201609182211421f7.jpg

From to heart.

アカデミー賞受賞の
スラムドックミリオネア等の
映画音楽を手がけられています。

古典的なインド音楽に、
シンセサイザー等を使い
新な音楽に仕上げる彼の音色を聴いた時、
対談者のサラーム海上さんは、
衝撃を受け、この映画音楽を作った方は
自分と同じ歳だと感じたそうです。

srm.jpg

イスラム神秘主義
スーフィズムに影響を受けた
スーフィー音楽。

ラフマーンにとっての
スーフィーとは、
忘れたてはならない心、
太陽にように誰にでも降り注がれるもの。
6つのインド宗教を超越したもの。

現在は、生まれ故郷のチェンナイに
子供の為の音楽学校、KMCを作られています。

彼自身、奨学金でイギリスで音楽を学び
今があるように、
オーケストラが無いインドで
次の世界に還元したいという思いで、
学費は無料だそうです。

とても優しい雰囲気のラフマーン氏。

第2部では、5曲の音楽を
彼のピアノと、シタール、ベースで奏でてくださいました。

いつか、日本映画にも
音楽を付けたいとおっしゃってました。

R0087881 (1)

素晴らしフォーラムでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

福岡アジア美術館に

R0083968.jpg

インドの写真を撮られ、
「渋イケメンの国」の著者、
写真家・三井昌志さんが
福岡アジア美術館にいらしゃいました。

バイクでインドを4周され、
様々な写真集を出版されています。

インド在住の方々ともお会いしました。
ご結婚なさって、現在はインド暮らしで、
福岡に里帰りされていました。

R0083964.jpg

三井さんは、
バングラデシュでリキシャを作り、
日本に持ち込み
日本を旅されたそうです。

リキシャは、15000円で作ることができるそうです。

アジアの子供達の笑顔や、
無駄にかっこいい、インドの男達の写真に
癒され、また、インドに行こうと思った昼下がりでした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★6月5日 日曜日
14時〜15時30分
初夏のワインとチーズ講座
会費 5500円

マリーゴールドホテル 幸せへの第2章

R0082732.jpg

イギリスが誇る名優、
リチャード・ギアが出演している
マリーゴールドホテルの第2弾映画。

インドの高級クラブのシーンでは、
スーラワインが登場し、
ワインを水で割るというシーンが!!!

インドの、
玉手箱をひっくり返したような日常が
美しく描かれた映画でした。

いくつになっても恋はできるのだ。
エネルギーたっぷりの映画でした。

ゆったりとした時間
そして、幸せを感じる事ができる映画でした。

R0082738.jpg

インド舞台の映画の後には
カレーが食べたくなります。
スリランカ・カレーの
ヌアラエリアで、ヌードルカリーを頂き、
映画の余韻に浸りました。


★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★4月3日ラタフィア・ワインとチーズの会
14時〜15時30分・会費5500円

★次回のアンスティチュフランセのワイン講座は4月12日から始まります。
4月12日、26日、5月10日、24日、6月14日。
フランスと世界のワインの比較

ベジタリアンってなぁに

R0082005.jpg

インド哲学の山口先生の講座を受けました。

インドの人口は約12億1千万人。
そにうち、ヒンドゥー教Hinduが79・8%。
(ヒンズー教ではありません。正式にはヒンドゥーです)
ヒンディー語Hindiを話す人は4割です。

ヒンドゥー教やジャイナ教の人々はベジの人が多く
ジャイナは、ベジタリアン+玉ねぎや人参などの
根のもの食べません。

不殺生、動物の命を奪わない、
不浄にならないよう、汚れを避ける為という理由の元、
肉や魚を食べないようです。

インドのベジは、
ラクトベジタリアンといって
肉、卵、魚は食べませんが、乳製品は食べます。

昨今、Egg is vegetablesという政府の対策により、
卵を食べるようなったようです。
また、無精卵は命を奪わないから良いという考えもあるようです。

インドに行くと、ベジタリアン専門レストランが沢山あります。
福岡にも、ベジとノンベジアでは、
鍋を使い分けるレストランもあるそうです。

そして、カーストについてです。

ヴァルナという紀元前からの4つの階級と
ジャーティという職業階級があります。

カースト制度は、昔はそんなに強いものではありませんでした。
インドがイギリスの植民地になった時、
イギリスが支配しやすいよう、カーストを持ち出して
再び、カースト制度がはじまりました。

1950年に作られた憲法では、
職業による差別をしてはいけないと、
カースト廃止になったのですが、
現在も結婚や就職の際に持ち出されたり、
リザベーションポリシーといって、
大学入学や、公務員枠で低いカースト枠というものがあり、
それが、逆差別を生んでいるようです。

★3月13日 (日)12時30分〜
ピッツァとワインを味合う
イル・ソル・レヴァンテでのワイン会です。
6種類程のピッツァが付いて5500円です。
   
★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
 

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索