北欧のホテルにて 

R0013136.jpg

ヘルシンキでは、ソコス ホテル アレクサンテリに宿泊。
駅からは少し離れていますが
静かで綺麗なホテルです。
バスルームには、床暖房。
部屋の中は快適です。

夕食は、ホテルで頂きまた。
サラダとシャンピニオンスープ。


併設のフランス料理レストランは
グラスワインも豊富です。
自然派のワインにはリストにBIOマークが付いていて
ヘルシンキでも、自然派ワインは注目されているようです。
ワインは、フランスワインがほとんどでした。
 
パンには、チーズにニンニクが入ったペースト(ブルサンアイユのような物)
が添えられています。
ワインが進みます。

スープはモリーユが入って濃厚な味わいです。

部屋にはインターネットができるテレビが付いていて
早速、使用。しかし日本が使えずすぐにスイッチを消したのですが
すると翌日10ユーロ(1300円)の請求が来ました。

画像 003

朝食は、素晴らしく、
フルーツジュース、ハム、チーズ、フルーツ、シリアルヨーグルト
10種類近くのパンやデニッシュ。
カレリアパイというパンは、お米の入った甘いグラタンが
パンの真ん中に入っていて不思議な感じでした。


画像 009
これも、朝食です。
マジパンでコーティングされた可愛らしいお菓子です。

色取り取りで、1日が楽しくスタートできました。

ヘルシンキ 岩の教会 

R0013269.jpg

中央駅からトラムに乗って行きます。
トラムの窓から坂の向こうにチラッと岩の塊が。

テンペリアウキオ教会。

ティモとトゥオモ・スオマライネン兄弟によって設計され
1968年~1969年に、岩を刳りぬいて建てられた教会です。

180枚のガラスが使用されており、自然の優しい光が注がれます。
天井は銅で囲まれています。
教会の脇にはグランドピアノがございまして
私が伺った時には、日本人の男性ピアニストが素敵な音色を奏でてらしゃっいました。
とても居心地の良い空間が広がっています。


アアルト邸

雪の降る中、中央駅からトラムに乗ってアアルト宅へ。
不安そうにトラム地図を一駅づつ確認しながら乗っていると
隣のお洒落で上品なマダムが
「どこにいくの?」
と優しくお声を掛けて下さいました。

駅の名前、住所を見せると
「うちの近所だから一緒に行きましょう」と

トラムを降りて
「滑るから、新しく降った雪の上を歩くのよ
 私の孫が青森に留学していたので、日本には1度言った事があるのよ」と

駅から10分足らずで、アアルト邸に着きました。
智美 155


住宅兼オフィスとして1935~36年に建てられた家です。

「日本では、そんなに有名なの?長くここに住んでるけど知らなかったわ
 私も、一緒に見学するわ」

と、マダムも一緒に付いて来て下さいました。

智美 157


75年前に建てられた家なのに、現代的な香りの漂うアアルト邸。
自然の材質を使い、シンプル、モダンなアアルトのお宅。
アアルト氏の仕事机からは一面に広がる銀世界を眺めることができます。

マダムは駅まで私を送、見えなくなるまで手を振ってくれました。




雪のフィンランド

デザインの巨匠、アルヴァ・アアルトの作品に触れる為
フィンランドのワイン事情を知る為
ムーミンに会う為に
ヘルシンキに滞在しました。

智美 149



3月の中旬、雪に覆われたフィンランド。
寒さは覚悟していたのですが、歩くと滑る。
恥ずかしながら何度も尻餅をついてしまいました。



智美 148

閉店後のウインドーを眺めているだけでも
楽しい気分なります。

智美 150

フィンランドを代表する建築家アアルトが1937年にデザインした
レストラン<サヴォイ>です。
重厚な扉のエレベーターを降りると、ドアマンが出迎えて下さいます。
各テーブルに置かれた、曲がりくねったイッタラ社の花瓶、
サヴォイ・ベースは、このレストランの為にデザインされたものです。
窓の下には、銀世界の美しい町並みが広がっています。
夜には、ピアノの演奏もございます。

智美 153

化粧室には、アラビア社のものが使用されています。
濃いブルーと白で統一された落ち着きのある空間でした。

智美 154


アアルトが設計したアカデミア書店の中にあるカフェです。
こちらは、気軽に入る事ができます。


智美 143




プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3500円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5600円です。
(要予約) 

★ソムリエ2次試験対策講座開講しております

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索