クラウディーベイ

R0004339.jpg

ニュージーランドのマルボロより、
クラウディー ベイ ブドウ栽培責任者のジム・ホワイト氏が
福岡にいらっしゃいました。

R0004333.jpg

会場は、
グランドハイヤット福岡の
ザ・マーケット エフ。
九州の食材を使った
美しいフランス料理を堪能しました。

R0004318.jpg

カワハギのカルパッチョには
ソービニヨンブラン 2017年を。

ステンレスタンクを使った
爽やかなソービニヨンブラン。
ジムのスターフルーツの香りという表現が印象的でした。

スープは、
ホワイトアスパラガスとアスパラガスの2色のスープ。

魚料理は、
有明の蒸した舌平目中に
細かく刻まれた、天草鮑が入っていました。
なんとも、贅沢な味わいです。

クリームビネガーソースと
バルサミコ酢のソースが添えられています。

2016年のリッチな味わいの
シャルドネと合わせました。

宮崎マンゴーの
シャーベットが出て、

R0004332.jpg

糸島牛フィレには、
トリュフの入った
ペリグールソースが添えられています。

2種類のピノ・ノワールと頂きました。

1つは、マルボロの2015年のピノ・ノワール。
そして、マルボロから600キロ南下した
セントラルオタゴのテ ワヒ 2015年。

セントラルオタゴの方が果実味豊かでした。

デザートは
アーモンドのブランマンジェと
熊本のメロンのヴェリーヌ コットンキャンディー添え。

ヴェリーヌとは、フランス語。
元来、脚のないガラス製の小さな器を呼ぶのに使われる言葉で、
飲み物ではなく、液状または固形の料理やデザートの事なのだそうです。

R0004345.jpg

NZのクラーディーベイ社に伺ったのは
8年位前・・・

R0004349.jpg

また、伺いたいです。

本日の通訳は森本さん。
素晴らしい通訳の方でした。

森本さんは、10数年前の、
アカデミーデュヴァンの生徒さんでした。

嬉しい再会でした。

楽しい仲間と素晴らしい時間を過ごしました。


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日



イタリアワインの勉強会

R0004356.jpg

毎月参加している
ガッティの、
イタリアワインの勉強会。

今回は、カンパーニア州から
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ社の
エクスポートマネージャーがいらっしゃいました。

白ブドウ品種の
ファランギーナはカモミールの香り、
フィアーとグレーコミネラル感、
黒ブドウ品種の
アリアニコはリコリス、
タクラージはミネラルと酸味があるので
脂ののった魚にも合うそうでうす。

イタリアワインの表現で
バルサミックという言葉があります。
バルサミコ酢のこと?ではなく、
地中海の茂みのハーブ、メディカルハーブ
ミントやマキ等のことを言うそうです。

グレーコの余韻にバサミックがあるという表現をしてらっしゃいました。

今日も学びに1日でした。

R0004354.jpg


★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

オレンジワイン

R0004293_20180611002754ccc.jpg

2007年の
イタリア・フリウリの
ラディコン。

オレンジワインで
有名な生産者です。

品種は、リボッラジャッラ。

美しオレンジ色で、
洋梨のコンポート
ナッツや紅茶の香りを感じ
ミネラル感と酸味のバランスが良い1本でした。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日 

北海道ワイン

R0004286.jpg

お客様にご紹介頂いた
北海道の
ふくやかなソーヴィニヨンブランと
果実味豊かなメルロー。

いつか、リタファームワインナリーにお邪魔したいです🎶

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ニコラ・ポテル

R0004258.jpg

ブルゴーニュから
ニコラ・ポテル氏がいらっしゃいました。

R0004260.jpg

ニコラのワインの熟成には、
600ℓの樽、ドゥミ・ミュイ(Demi-Muid)を
使われているそうです。

通常、ブルゴーニュの樽は
228ℓ。
600ℓにすると、
樽の素材が厚めになり、
ゆっくりと酸化熟成が進みます。

樽のフランス語は、
ブルゴーニュでは、<トノー ・ ピエス>
ボルドーでは<バリック>と呼ぶんですよ。
そして、ボルドーの樽の容量は225ℓなんです。

ニコラのドメーヌには
毎年500人以上の訪問者がいらっしゃるようで、
樽からの試飲をしていると
ワインが無くなるから、
コラヴァンという、
コルクを抜かず
細い針を
コルクに差し込むことにより、
ボトルの中のワインを注ぐことができる
特許テクノロジーを使用したアイテムを使っているそうです。

昨年、伺ったブルゴーニュの生産者も
コラヴァンを使っていました。

ニコライ曰く・・・
若いヴィンテージのワインだと1年もつのだそうです。

ニコラのワイン、
今月末から、
ラタフィアでもお出しできると思います🎶



★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索