太宰府散策 オークラコレクションへ

R0007571.jpg

九州国立博物館で開催中の
オークラコレクションに伺いました。

この写真の
国宝・普賢菩薩騎象像の展示が
10月21日まででしたので
本日伺いました。

一字金輪像や
岩清水八幡曼荼羅図の
横山大観のお軸、

国宝の
古今和歌集序等
見応えある展示でした。

11月6日からは
横山大観の夜桜が展示されます。

R0007576.jpg

そして、
茶人に愛される
藤丸に伺いました。

R0007591.jpg

初めての藤丸・・・・

色紙に和菓子の名前が書いてあり
ガラスのショーケースに少し
お干菓子が並んでいます。

主菓子を見せて頂き、
黒糖葛餅と
レンコンのお干菓子を頂きまいた。

上品な甘さ、後から美味しさがこみ上げてきます。

美味しい紅茶と
清香殿を出してくださいました。

R0007578.jpg

最近のお気に入りの
梅ヶ枝餅は、小野筑紫堂。
お庭も素敵なんですよ。
そして、緑茶も美味しい!

R0007584.jpg

この器も、店内で販売されています。
餡は、北海道の小豆から手作りされています。

いつもは、お土産用の梅ヶ枝餅は、
妹の同級生の
菊池で買うのですが、
今日は定休日で、
お持ち帰り用に、
小野筑紫堂で購入しました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日
 

筥崎宮放生会

R0007082.jpg

万物の生命をいつくしみ
殺生を戒め
秋の実りに感謝するお祭り。
福岡の秋の風物詩
筥崎宮放生会に伺いました。

R0007064.jpg

まだまだ、糸島の生姜は育っていませんが
毎年恒例の新生姜。
昔は、この辺りで生姜が作られていたそうです。

R0007065.jpg

沢山の露店が並んでいます。

R0007069.jpg

念願のおはじきを買う事ができました。
博多人形師が作るおはじきなんですよ。

9月18日まで筥崎宮で開催されています。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

長崎くんち

ん

長崎の氏神様「諏訪神社」の秋季大祭。
 寛永11年(1634年)、
二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが
始まりだそうです。

念願の龍踊に遭遇しました。
美しい龍の舞と、
チャイナ服の人々。
異国情緒が漂います。

R0088097.jpg

そして、コッコデショ。
ここでしょという意味なのだとか。

R0088091.jpg

1トン近くある御神輿を36名で
持ち上げ、最後は片手で決めます。

神輿の子供達も、大きな声で
必死です。

長崎市内の59の町が5〜7町ごとの7組に分かれての奉納。
コッコデショも7年に1度しか
拝見できないようです。

凄い迫力でしたよ。

R0088068.jpg

お昼ご飯は、
30分並んで、
吉宗で
穴子そぼろの蒸し寿司と、
たっぷりの茶碗蒸しを頂きました。
茶碗蒸しには、
焼き穴がや、生麩、ぎんなん、たけのこ等
沢山の具材が入ります。

高速バスでの長崎日帰りの旅。

素晴らしい祭りに出会いました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日


 

別府散策

R0082399.jpg

博多駅から別府までは2時間ちょっと。
2枚切符で6180円。

別府駅に着き10分程歩くと
海に着きます。

R0082383.jpg

別府の百貨店ときわで、椎茸を購入して、
ときわの海寄りにある、
とよ常で、名物の天丼を頂きました。
女将さんが揚げてくださいました。
油に入った海老に、さらに衣を流し入れ
2度揚げして、衣いっぱい
サクサクの特上天丼が出来上がります。
鮮魚の丼、りきゅう丼も有名です。
それから、鳥天もありました。

この特上天丼、
魚の出汁の赤出汁がついて750円ですよ。

R0082384.jpg

そして、別府タワーに登りました。
1階に、券売機があり、
200円で入場券を買ってエレベーターで頂上まで。

R0082388.jpg

するとコバルトブルーの海が広がっています。

R0082408.jpg

寒桜も美しいです。

R0082444.jpg

駅前や、街中にも温泉が湧いていました。

R0082441.jpg

10分間だけ温泉に入りました。
竹瓦温泉、昭和レトロな温泉。
入場料100円!タオル320円。
地元のおばあさんとの会話に
癒され、身体の芯から温まりました。

商店街も掘り出し物がいっぱいで、
竹ざるを購入しました。

2時間の別府散策でした。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★4月3日ラタフィア・ワインとチーズの会
14時〜15時30分・会費5500円

★次回のアンスティチュフランセのワイン講座は4月12日から始まります。
4月12日、26日、5月10日、24日、6月14日。
フランスと世界のワインの比較

太宰府散策

R0082324.jpg

アメリカからいらしたお客様。
太宰府ごご案内しました。

初めて伺う観世音寺。
宝物庫には、
5mもの馬頭観世音菩薩立像や
平安時代に掘られた険しい顔の大黒天像等がございました。
大黒天像の写しが、アメリカのイェール大学にあるそうです。

R0082332.jpg

この鐘は、国宝です。
飛鳥時代の作品です。

R0082353.jpg

天満宮の境内、
少し、紅梅が残っていました。

R0082362.jpg

坂を登って、
天開稲荷にも参拝しました。

R0082336.jpg

お昼は、寿司栄で
寿司ランチを頂き、
食後は、小山田で熱々の梅ヶ枝餅を。

太宰府には沢山の梅ヶ枝餅のお店がございます。
小山田は料理研究家の友達に教えて頂きました。

R0082368.jpg

光明禅寺のお庭を拝見して、

R0082371.jpg

いつも立ち寄る久留米絣のお店をご案内しましたら
作務衣を購入されました。

めんたいこのふくやには
沢山の試食があり、
めんたいもご購入。

そして、和菓子の梅園では、
干菓子を沢山購入されました。
アメリカには、和三盆が中々見つからないそうです。

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日:火曜日

★4月3日ラタフィア・ワインとチーズの会
14時〜15時30分・会費5500円

★次回のアンスティチュフランセのワイン講座は4月12日から始まります。
4月12日、26日、5月10日、24日、6月14日。
フランスと世界のワインの比較

プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4

FC2ブログ


ブログ内検索