ラタフィアより 3月4月のお知らせ


ラタフィアよりお知らせのページです。
吉村の日々のブログはこのページの下に綴っております。

★3月18日 土曜日 博多 大丸のワイン講座

★3月25日 土曜日 アンスティチュフランセの体験ワイン講座
 
★4月2日 日曜日
14時から15時30分
ラタフィア ワインとフロマージュ
冬のワイン5種類(内1種類は日本ワインです)と
3種類のチーズをお楽しみ頂きます。
会費:5500円
会場:ラタフィア

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

シャントレーヴ

cg2.jpg

ずっとお会いしたかった
女性醸造家の栗山朋子さんが
福岡にいらっしゃいました。

cg1.jpg

パートナーの
ギヨームさんと
2010年からネゴシアンをされています。

自分たち飲みたい、
テロワールが表現されたピュアなワインを作られています。

エネルギーを感じるワインでした。

*ブルゴーニュ シャルドネ 2014
マランジェの標高の高い畑から生まれます。
5年前に飲んだ時に、なんてピュアなワインなのだろうと思いました。

*サンロマン コンブ バザン ブラン 2014
マランジェよりも標高が高いサンロマン、石灰岩土壌で
ミネラル感たっぷり、ナッツの香りがします。
昆布締めの魚と良く合うそうです。

*ブルゴーニュ ピノノワール 2014
オー・コート・ド・ボーヌの花崗岩土壌→スパイシーで黒い果実
ピュリニー・モンラッシェの粘土質土壌→丸みと果実味
この2つの畑のピノノワールをブレンドして作られます。
チャーミングな味わいです。

*ヴォルネイ 2013
2013年はヒョウの被害で収量が半分になりました。
デュレというムルソー近くの畑→エレガンスでフィネス
プティポワザーというポマール近く→男性的
この2つのブレンドにより、立体的なワインに仕上がっています。

*ラントル 2015
Rhôneのヴェントゥー1haのシラーから
マセラシオンセミカルボニックによって生まれます。
酸化防止剤0のワイン。
果実味たっぷりで優しい味わいでした。

来週から、ラタフィアでもお出しする予定です。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

ショコラの勉強会

m_2017021820470818d.jpg

ヴァレンタインデーが終わると
毎年、パティシエの方々と
ショコラの勉強会をしております。

東京・リョウラのミュスカディンヌ
ブルトンのボンボンショコラ
A7のボンボンショコラとマカダミアンタブレット
フランス・ソーテルーヌレーズン
インドの81%、タブレト

今年も沢山のショコラが並びました。

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時
定休日 火曜日

人生フルーツ 

m1_2017021620160205f.jpg

90歳の建築家、津端修一さんと
87歳の妻、英子さんはの暮らしが美し描かれている映画です。

名古屋の高蔵寺ニュータウンの基礎設計をし、
団地を作る、
そこに、土地を購入し、
木を植えて、小さな森を作り
庭には、沢山のフルーツと野菜を植え、
糸島の両親のようだなっと思いながら観ておりました。

自宅には玄関がなく、
アントニン・レーモンドの自邸を模した
30畳一間の木造建築。

「家は暮らしの宝石箱でなければならない」
コルビジェの言葉です。

 津端修一さんの最後の仕事は
伊万里の精神病院の設計でした。
サナーレ・メンタルヘルス・ソリューションセンターのカフェは
伺うことができるようです。
行ってみたいです。

m2_20170216201605ba8.jpg

映画の後は、
福岡県立美術館の隣にある
「壺」でカレーを頂きました。
ほっとする欧州カレーです。
ランチタイムは、サラダとラッシー付きで
750円から1500円(エビフライカレー)です。


★2月19日 日曜日
イルソルレバンテでジビエの会がございます。 

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時

サロンドショコラ 福岡 3

mc1_201702121526510cb.jpg

フランス・アルザス地方の
フランク・ケストナー氏は
27歳で、M.O.Fを取得。
ショコラの世界の哲学者。

mc2_20170212152652672.jpg

バナナのプラリネが入った
ボンボンショコラ。

フランボワーズとジュニパベリー(ねずのみ)という
意外な組み合わせのボンボンは
森林中を散策している気持ちになりました。
完成された1粒でした。

mc4_20170212152655344.jpg

Bean to Bar.のスタイルでタブレトを製作。
(カカオの焙煎からすべての工程を一貫して自社の工房で行う事です)
ベネズエラのハシエンダ、(カカオ農場)を所有する、
アイルランド人のウィリー・ハーコート・クーズ氏。
旅で立ち寄ったベネゼラで
カカオ畑を買わないと
声をかけられ、
1週間滞在して、
イギリスに戻り2年後に
購入を決めたそうです。

mc3_2017021215265458e.jpg

タブレット(板チョコ)には
香料やバニラは入っていません。
砂糖は、未精製のものです。
純粋はカカオの味わいを感じるチョコレートです。

世界の85%は大量生産できるハイブリット種で
15%がグランドカカオ。
ウィイリーズカカオをこの
グランカカオを栽培しています。

★2月19日 日曜日
イルソルレバンテでジビエの会がございます。 

★ラタフィア
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時〜24時


プロフィール

ラタフィア

Author:ラタフィア
2011・7・14福岡 
薬院に<ラタフィア>を開店

Bar à vin Ratafia Fukuoka
Wine bar Ratafia Fukuoka

★ラタフィア 薬院
〒810-0022
中央区薬院2丁目4-39
地下鉄薬院大通り1番出口を
ロイヤルホスト方向へ
一つ目の角を右折、1軒目のマンション1階
電話番号 092-732-9702
営業時間 19時から24時
定休日 火曜日

様々な種類のワイングラスでをお愉しみ頂ける店でございます。

★お食事は前日までご予約を頂けましたら
3000円(チャージ込みです)
のコースを準備しております。

★糸島無農薬野菜
糸島の添加物無しのシャルクトリ
ケークサレ
フランス産フロマージュ等は
ご予約無しでもお召し上がり頂けます。

★2002~2010まで福岡市城南区別府でワインとフランス料理の店<ラタフィア>を営業

★アンステチュ・フランセ九州(日仏学館)ワイン講座講師
隔週火曜日ワイン講座を開講
詳細は日仏学館ワイン講座をクリックしてください
★隔月 第1日曜日
14時から15時30分
ワインサロン薬院
ラタフィアでのワイン会
チーズとワイン5種類で5500円です。
(要予約) 

tomomiyoshimura@hotmail.com
ワイン講座、ワイン会の情報は
こちらにまとめております
http://ratafia-vin.com
ツイッターはこちらです
http://twitter.com/home

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

旬の花時計

旬の花時計

その他の言語 Ver.4



ブログ内検索